ボーナスの不当減額を受けた方たちへ

今月10日ぐらいから、「ボーナス 退職 減額」といったキーワードで当サイトを訪問している方がやたら増えています。

おそらく、冬のボーナスが支給される前に会社に退職意思を伝えたばかりに、支給額を大幅に減額された方たちだろうと推測されます。

つまり、私と同じ目に遭ってしまったということですね。(泣)
※詳しくはコチラ

こうしてみると、意外とこの手口を使ってくる会社は多いということでしょうかね。
どんなに綺麗ごとを言おうと、所詮は社員を人間として見ていません

悔やまれるのは、退職の意思表示をする前に当サイトの記事をご覧になっていれば、皆さんが不当減額を受けるのを防げたかもしれないということです。

ただ、会社への信頼感が高いほど、事前にこういった情報を調べようという気は起きないと思います。
かく言う私も、実際に自分が辛酸を舐めさせられるまで、色々な情報を調べることはありませんでした。

しかし、不当とは言えど違法ではありませんので、減額分の取り戻しは困難です。
なので、こちら側が何かできることと言えば、私がやったようなささやかな仕返しぐらいです。

とは言え、その仕返しも、できる人が限られています。
 ①転職先の会社で、仕事上接点が無いこと
 ②接点があったとしても、立場はこちらが上であること(発注側であるなど)

また、転職後に「やっぱり前の会社に戻りたい」と考えることは一度はありますので、その場合には、円満退職していないととてもじゃないですが戻れなくなります。

スポンサーリンク


まさにこっちが損してばかりでムカッ腹が立ちますが、私の場合は一つだけ得たことがあります。

それは・・・どんなホワイト企業だろうと会社を信用しないこと。

例えば、今の会社に入社する際のオリエンテーションで、こんな話がありました。

①財形貯蓄制度があり、制度を利用した社員には、毎月の拠出金に会社から10%を上乗せして貯蓄する。
②自社株購入制度があり、毎月の拠出金に10%を上乗せして株を購入する。

どちらの制度も、一見社員のやる気を起こさせて定着率を高めるためのいい制度のように思えます。
実際に、オリエンテーションの際に必要書類に記入して提出した同期も半分ぐらいいました。

私?
私はというと・・・いかんせん信用できません。

細かく規程も読んでいないのに、その場で決めるなど有り得ません。
また、仮に規程を読んだとしても、前の会社のように抜け道があるのでは?と疑ってしまいます。

社員でいるうちはまだいいかもしれませんが、退職する際や業績が傾いたときに、ちょろまかされるかもしれませんし。
せめて、もっとうちの会社のことを知ってから判断すべきかと思いますが、おそらくこの制度を利用することはないでしょう。

別の見方をすれば、早めにこの制度を利用した方が得をする、という判断もあります。
しかし、この考え方自体、世間一般には詐欺に広く利用されている心理ではないかとも思います。

別に、うちの会社が詐欺をやってるというわけではないので、誤解無きように。。。
(単に、ウマイ話が信用できないというだけです。)

私が仮に前の会社を円満退職していたら、この制度も特に疑いもせず、入社初日に飛びついていたかもしれません。
そういう意味では、前の会社から受けたボーナスの減額によって、会社に騙される確率はグンと減ったのではないかと思います。

当サイトをご覧になった方々は、既にボーナス減額を受けた後で手遅れかと思いますが、今後の人生において安い授業料を払ったと思って、前向きに転職後の会社で頑張って下さい。

そして、転職先で充実した生活を送って、こんな腐った会社どもを一緒に見返してやりましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク