突然ですが、転職活動を少しだけ再開します

約2週間ぶりの更新となります。

前回書いたように、8月に入ってから出社率が増えたんで、もう暑さでへばってしまって退勤後もブログを更新する気力が無くなってしまってました。

が、先日から夏季休暇に入り、ようやく体力を取り戻してブログを書く余裕ができた、というわけです。

さて、この間、我が情報システム部でも動きがありました。

ここ1・2年ぐらいで中途採用した人たちについて、ことごとく退職してしまうという動きが。(汗)

採用面接している課長・部長の目が節穴すぎるのか、それとも職場環境が悪すぎるのか。

ただ、会社全体としてはともかく、情報システム部に関しては社員の定着率は比較的高めだったんですけどねぇ。。。


さて、ここで問題なのは、情報システム部が今、退職ドミノ状態に入りつつあるということ。

私が入社した7年前の方がもっと職場環境は劣悪だったと思いますが、それでも退職する人はおらず、むしろ色々環境が改善されているはずの現在の方がよっぽどヤバい状況になっています。

元々、ここ1・2年で中途採用をしてきたのは、全社的な新しいシステム構築プロジェクトを主導する人材を確保するため。
既存メンバーは、現行基幹システムのお守りやRPA等による業務自動化&効率化で精いっぱいのため、新プロジェクトに工数を割ける余裕が殆どありません。

このため、新プロジェクトを専任で推進するための人材を数人採用して、実際にプロジェクトは進められ、本番稼働もしたのですが・・・

その直後に皆ドミノ倒しのように退職していく事態が発生。
もはや、そのプロジェクトに関わっていた人は一人もいなくなりました。

1人退職すると、当然その人の業務を残った人が引き継ぐことになり、その負荷に耐えられずに引き継いだ人も辞めてしまい、残った人にはさらに2人分の業務が引き継がれ、そしてその人も辞めていく・・・

本当に、お手本のような退職ドミノです。(苦笑)

そもそもの問題は、多くの影響度の高い課題が未解決のまま、プロジェクトオーナーである取締役が本稼働を強行したため。
この結果、元々の問題に加えて本稼働後に新たに発生・発覚したトラブル対応も同時進行で行わなければならなくなり、これに耐えかねて1人目が辞めてしまいました。
で、そんな状況をさらに少ない人数で回せるはずもなく、ドミノ倒しが発生したというわけです。

件の取締役は、みずほ銀行のシステム障害で何も学ばなかったんだろうか。
その時点で取締役としての資質に欠けているということになりますが。

そして今、その最低最悪のシステムが、私を含めた元々いたメンバーに引き継がれることになりました。
当然、そのプロジェクトには主体的に関わっていたわけではないので、経緯も仕様も何も分からない状況。

専任メンバーが数人がかりでも破綻していたものを、既存メンバーが既存システムと兼任で運用するなど、はっきり言って不可能です。

この状況では、次は既存メンバーにも退職ドミノが波及してしまうことは明白。
それは、私も例外ではありません。

既存メンバーはそれぞれが基幹業務に関わるシステムを複数ずつ担当しているため、1人でも退職すると、とても残った人が引き継ぎきれるボリュームではありません。
このため、今の状況からあと1人でも退職者が出るとさらにドミノが続き、もう情報システム部には1人も社員がいなくなるでしょう。

私もできるだけ自分の身を守るように、できないことはできないと突っぱねてはいますが、今回の根本原因となった取締役を含めた経営層から「残業してでもどうしてもやれ!」などという指示が出た場合、私はお別れを告げるつもりでいます。
だって、別に私のせいでこんなひどい状況になったわけはないので。
責任を取るべき人間は他にいるはずなのに、その責任を丸投げされて、それでも従順に従うほど社畜になり下がるつもりはありません。

さてさて、この先課長・部長は退職ドミノをここで無事食い止めて、部門の立て直しができるかどうか。
それができなければ、ひとり情シスどころか、まさかの無人情シスになる日も近い。

東証プライム市場の企業のシステム部門が置かれている状況とは、とても思えませんね。(苦笑)

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク