冬期賞与の評価が出ました

12月10日に、転職後初めてのボーナスが出ました。

当社では、まず社員それぞれが自己評価を行い、次に直属の課長が評価し、最後に部長が評価を行います。
評価期間は5月~10月の6ヶ月分です。

私の場合、8月に入社しましたから、評価期間は8月~10月のたった3ヶ月しかありません。
しかも、最初の1ヶ月間は業務を覚えるのに忙殺されて、ほとんど貢献らしい貢献ができたとは思っていません。

このため、一応自己評価としては控えめに中の中にしておきました。
まさに生粋の日本人らしい評価の仕方ですね。(笑)

まぁ、課長いわく、営業じゃないんだから大体でいいんじゃない?って感じでしたので、あまり悩みませんでしたが。

そして今月10日に賞与が振り込まれましたが、明細を見ると総支給額は20万円ちょいでした。
仮に6ヶ月分丸まる働いていたとしても40万円ぐらい。
入社前にもらった就業条件明示書に記載されていた通りですので、まぁこんなもんかなと。
(喜びもせず、落胆もせずといった感じです。)

ベンダーSEだった頃に比べるとかなり額は下がりました。
無理もありません。
ベンダーSEは、当社でいう営業職みたいなものですから、評価のされ方が全く違いますので。

ただし、休日・夜間のシステムトラブルによる急な呼び出しに対する、迷惑料込みですけどね。(苦笑)

スポンサーリンク


話が多少それましたが、、、
昨日、冬期賞与に関する課長・部長の評価結果のフィードバックを受けました。

「入社早々、主戦力となってよく貢献して頂きました。今後とも、豊富な知識・経験を活かして頑張って下さい。」というお言葉を頂き、評価は自己評価よりも2段階程度良いものでした。

金額の方はちょっとアレでしたが、何歳になっても良い評価を頂くというのは、率直にウレシイものですね。

私の方も、「こちらこそよろしくお願いします。」と返し、場の空気もいい感じだったその時、部長から心無い一言が・・・


「でも、所詮コスト部門だから、評価が良くても金額は劇的には上がりませんけどね。(笑)」


分かってますとも・・・そんなことは覚悟の上ですよ・・・

でもね、改めて言わなくてもいいのに・・・(泣)
人のやる気スイッチを押しつつ、社内SEのマイナス面を強調してどうするよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク