社内SE転職の市場動向

10月のアクセス解析結果より、検索エンジンから当ブログに辿りつく際には、「社内SE 転職」というキーワードで検索されていることが多いようです。

このため、このあたりで一度社内SEに転職する際の市場動向について触れておこうと思います。

以前このブログで書いた記事より、社内SEへの転職は以前として高い競争率を誇っています。

しかし、ここ数ヶ月の転職動向を調査してみると、競争率は高いながらも色々な企業で門戸が大きくなりつつあるのが、下記のいずれかのスキルを持ったSEです。

①要件定義ができる
②プロジェクト管理ができる
③外部設計ができる


現在はどの会社もシステム投資を活発に行っているため、これらのスキルを持った社内SEを必要としていますが、どの会社のシステム部門でも人材が不足しています。
また、ベンダーSEとしても中々身に付けることは難しいものばかりですので、これらのスキルを持った人は必然的に引く手あまたとなります。

スポンサーリンク


まず、要件定義については、経営方針に沿って業務部門の要望を整理し、開発ベンダーに正確に伝えるスキルが求められます。
パッケージを活用する場合には、パッケージの元々持っている考え方や基本機能を理解した上で、要件定義を行う必要があります。
また、現行システムの特徴や現行業務の課題点なども理解しておく必要があり、ユーザーの目先の要望に振り回されないように、システムのあるべき姿を常に持つ続けることが重要です。

次に、プロジェクト管理についてです。

ベンダーSEでも優秀なプロジェクトマネージャは一握りであるように、社内SEでもプロジェクト管理をそつなくこなせる人は中々いません。
大体は、システム部門の部長がユーザー企業側のプロジェクトマネージャになりますが、実際のプロジェクト管理はその下の課長クラスの人達に丸投げしているのが実情です。
ですが、課長クラスの場合は社内の権限が不足しているため、部長がプロジェクト管理を行うのに比べると、やはり社内折衝力に難があるように感じます。

とは言え、この状況はそう簡単に変わらないでしょうから、課長クラスとして即戦力となるプロジェクトマネージャをどの会社も欲しています。
(前述した通り、ベンダー側として動く場合とは違った難しさがあると思いますが)

最後に外部設計になりますが、これはどちらかと言うと、開発ベンダーの設計内容や期間、見積りが妥当かどうかを判断するために必要となります。
システムの一部分を内製する場合などは、UIを設計して業務部門とすり合わせをする、といったことも行いますが、メインの仕事ではありません。
ついでに、総合テスト・運用テスト・移行設計に関わるノウハウを持っていれば、言うことなしです。

上記のスキルを持っていない人については、残念ながら社内SEとしてはあまり需要はありません。

もちろん、プログラミングスキルも、一部の先進的な企業であれば重宝されるでしょうが、その他大多数の企業ではあまり重要ではありません。(基本的に内製を行わないため)

以上より、社内SEに転職する際は、まずは自分のスキルの中で需要があるスキルを持っているかどうかを見極め、少しでも高く売りつけられそうな企業を選ぶようにしましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク