恐怖の中国出張(後編)

前編はコチラ

さて、3日間に及ぶ中国出張も、いよいよ最終日を迎えました。

しかし、朝から腹が痛い。
もしや、昨日食べた泥臭い魚のせいか・・・?

朝起きてすぐホテルの部屋のトイレで下痢便を出しました。
ちなみに、トイレもシャワーと同様に全面ガラス張りで丸見えです。
一人部屋なのに、一体誰と羞恥プレイするための間取りなんでしょうか。

そんなことを心の中でツッコミつつ用を足し、トイレを流したのですが ―
なんと、トイレの水が私が今出した汚物とともに便器から溢れ出ようとしてきました。
どうやら、トイレを詰まらせてしまったようです。(そんなに紙は使ってなかったはずですが・・・)

しばし呆然とその様子を見た後、とりあえず便器ぎりぎりで水は止まったので、仕方なく放置して部屋を出ることにしました。
(ホテルの人には申し訳ないですが)

ま、こっちも冷水シャワーを2回浴びせられたので、おあいこってことで。(笑)

なにくわぬ顔でチェックアウトして出勤。

スポンサーリンク


ところが、会社に着いて1時間ほど経った頃、再度お腹の爆弾が点火されました。

2日目までも、おしっこをしに会社のトイレには何度か行きましたが、正直言って汚く臭いです。
日本で言うと、ちょっと古めの駅のトイレか、公園の公衆便所クラスです。
なので、せめて大きい方だけは、この会社ではやるまいと心に決めていましたが・・・背に腹はかえられません。

予備知識として、日本にいたときに会社の先輩から、「中国のトイレは紙が無いから、1ロール持っていった方がいい」と教わっていました。
何でも、トイレに紙を置いておくと片っ端から盗られてしまうらしいので、中国のトイレには紙が無いのだとか。

ということで、カバンからトイレットペーパーを取り出して、トイレに向かいました。
そして、初めて個室に入ってドアを閉めました。

まず・・・トイレットペーパーはやはり見当たりません。持参してきて正解のようです。
そして、便器は和式っぽい形のやつです。
私は断然洋式派ですが、この際贅沢は言えません。

とりあえず用を足し、持ってきたトイレットペーパーでお尻を拭こうとしましたが ―
よくよく個室を見てみると、隅っこの方に大きめのカゴというかバスケットのようなものが置いてありました。
で、中には、一回お尻を拭くのにちょうどいいサイズのトイレットペーパーがたくさん入っていました。

ああなるほど!この会社では、トイレットペーパーをわざわざ使いやすいサイズにあらかじめカットして置いてくれてるのか。
中国人って、意外と細かいところに気配りができるんですね。

じゃあ、せっかくだからバスケットの中に置いてある紙を使わせてもらうか。
持参した紙は、念の為節約しときたいし。

そんな軽いノリでバスケットから紙を1枚取り出した、その時!!

なんと、指で掴んだのは1枚だけのはずなのに、その1枚にぶら下がるようにして10枚ぐらいが芋づる式に持ち上がってきました。
よくよく見ると、全て茶色いシミみたいな部分でくっついているようです。

そして、その茶色いシミとは・・・
そうです、誰かが拭いた後のウ○コです。(死)

まさか、トイレに大きい方をしに行って、口からゲロを吐くという二重苦を味わうことになるとは。
※今思い出しても鳥肌が立ちます。

茶色いところを触らなかったのが、せめてもの救いというところ。

一通りゲロを吐き終わった後、涙目で持参したトイレットペーパーでお尻を拭き、地獄のトイレを後にしました。

戻ってから副社長にこのことを問いただしてみると、こういう理由だそうです。
中国の地方出身者は、地元に水洗式のトイレが無いので、お尻を拭いた後の紙を流す習慣が無いのだそうです。
なので、その人達のために、使用後の紙を捨てる用として、件のバスケットを置いているのだそうな。

いや、そこは水洗式のルールを徹底させろ。(怒)

地元は地元、都会は都会のルールがあるのですから。
何より、汚くてしょうがありませんし。

最終日ぐらいは何事もなく終わることを期待していたのですが、さすが中国、そこかしこにネタは転がっているものです。

かくして、3日間の中国出張は終了しました。
思えば、楽しいことは何も無かったように思います。
特に観光することもなく、劇的においしいものを食べたわけでもなく・・・

今でも思い出に残っているのは、心に深く刻まれた日々の拷問とも思える記憶だけです。(泣)


ここまで、全4回に渡り、お読み頂きありがとうございました。
最後に、これを読んだ方に、一言問いかけたいと思います。


「あなたは、中国に行きたいですか?」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク