恐怖の中国出張(中編)

前編はコチラ

前回の続きで、とりあえず私達3人は、北京市内にある製造発注先の会社に到着しました。

一見するとボロい作りの5階建てのビルでしたが、近づいてよく見ると、窓も床もとにかく砂っぽい。
たぶん、黄砂のせいなんでしょうが、この砂まみれのおかげでボロく見えてしまったんでしょうね。

さて、中に入ると副社長がお出迎え。
名刺交換した後、開発プロジェクト室の状況を見学することに。

皆、黙々とコーディングしていました。
もちろん、デスマーチでしたので納期が迫っているというのもありましたが、やはり中国人の集中力は素直に凄いと思いました。

で、会社に着いたのはもう夕方でしたので、見学もそこそこに副社長に連れられて高級中華料理屋で接待されました。
いやー、店員のチャイナドレスの映えること。
やっぱり、中国人が着るチャイナドレスは一味違いますな。

ウキウキして色々な料理を口に運びましたが・・・正直なところ味はいまひとつ。
いや、マズくはないんですがね。
やはり本場の中華料理ということで、私の中で少々ハードルを上げていた感は否めません。

ちなみに、料理で印象に残っているのは2つ。
 ①ニワトリの爪のところ ※三又に分かれている部分です
  ・コラーゲンたっぷり(らしい)
  ・基本的に味はしない
 ②カエルのスープ
  ・カエルの四肢が入っている
  ・ささみっぽくて見た目ほどマズくない

スポンサーリンク


一通り会食が終わった後、副社長の車に乗せられ、何やら暗がりの町に連れて行かれました。
そこで入った店の名前は・・・「歌舞伎町」です。(笑)

キャバクラとカラオケが一体化したような店で、中国での日本人接待では割とポピュラーだそうで。

それにしても、ずいぶんと露骨な店名にしたもんです。

さて、店の中に入ると、カラオケボックスのように10人ぐらいが座れる個室がいくつかありました。
そのうちの一室に入ってソファーに座ると、まさにキャバ嬢のような女の子達が20人ぐらいぞろぞろと入ってきました。
(全員中国人です。)

この中から客が1人ずつ好みの子を指名して、横に付いてもらうシステムです。
また、オーナーっぽい男性がカタコトの日本語で「オモチカエリハ200元ネ」と言ってました。

200元しかお小遣いのない私に、全財産をはたいてお持帰りしろというのか。(泣)

まぁ、こっちの懐事情など知る由もないでしょうがね。

お持帰りは置いといて、とりあえず好みっぽい女の子を1人指名し、隣に座ってもらいました。
ただ、隣で顔をよく見ると、そんなに好みじゃない・・・(泣)
※部屋が薄暗かったので、指名したときは顔がよく見えませんでした。

後は、作ってもらった水割りを飲みつつ、皆でカラオケで盛り上がりました・・・表向きは。
店に着いた時点で夜の10時だったので、本音としては早くホテルで寝たかったんですが。

表面上は楽しんでいるフリをして何曲か歌い、12時頃にお開きとなりました。
そこからホテルに車で送ってもらいましたが、結局ホテルに着いたのは夜の1時過ぎでした。

朝早く起きて、飛行機で成田から北京に来て、なおかつ深夜までの接待と・・・
初日から疲労はピークに達しました。

あー、疲れた。さっさと部屋に付いてるシャワー浴びて寝るか。
シャワールームがガラス張りで丸見えなのはとりあえず置いといて。
※もうそんなことにツッコむ余裕もありません。

素っ裸になってシャワーの蛇口をひねったところ・・・冷水の洗礼が。(焦)
あれ、ひねる方向を間違えた・・・?いや、そんなことはない、合ってる。
というか、どっちにひねっても冷水しか出ないんだが。(汗)

時は2月。中国はまだまだ真冬の寒さです。
にも関わらず、ホテルのシャワーが冷水しか出ないとは・・・
※ちなみに、中国では結構高めのホテルです。

仕方がないので、冷水に耐えながら、とりあえず髪と体を大急ぎで洗いました。
そして、速攻で服を着て、ベッドにもぐりこんで暖をとりました。

なんかもう、色んなことでストレスが溜まりすぎて、あまり寝付けませんでした。

翌朝 ―

ホテル前で3人で集合したとき、シャワーの話題が真っ先に出ました。
やはり、3人とも同じ状況だったみたいで、散々な目に遭ったとのこと。
ちなみに、一番年長(50歳)の人は風邪を引いていました。(苦笑)

会社に行った後に副社長に聞いたのですが、北京のホテルでは24時を超えると温水シャワーが出なくなるシステムだそうな。

いや、それはシステムとは言わんだろ。(呆)

※次回に続く

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク