RPA人材育成プログラムとやらが結構スゴイ

当社では自作RPAで多くの業務を自動化するようになりました。
そうは言っても、RPA関連の動向について収集することを止めたわけではありません。
自作するよりもRPAツールを使った方が良いと分かれば、迷わずそちらを選択するつもりですので。

ということで、先週も毎朝の日課として、RPA関連の情報収集をしていた折、パソナテックが「RPA人材育成プログラム」とやらを展開していることが分かりました。

https://www.pasonatech.co.jp/search/feature/detail.html?p=1607

RPAツールが正しく使いこなせる人は、どの企業でもまだ少数なのが実情。
パソナテックはそこに目を付け、RPAツールに関する研修を登録スタッフに対して行い、色々な企業にRPAエンジニアとして派遣するというビジネスモデルを確立したようです。

まぁ、平たく言えばハケン社員なんですが、そこは引く手あまたのRPA分野。
給料は30~50万円と、通常の事務派遣なんかと比べると、段違いに高時給に設定されています。
(オペレーターは時給が低めに設定されていますが、ロボット開発者は高給)

で、肝心のRPAツールに関する研修も、中々充実してそう。
正直、実際に受けたわけではないので、カリキュラムまでは分かりません。
ただ、上記サイトを見る限りは、無料で受けられる研修にしてはかなり内容が濃そうに見えます。

その代わり、誰でも受けられるわけではないようで、
 ・Excel(マクロ、VBA)にて業務効率化等の実務経験のある方
 ・これまでに何らかのシステム開発を実務レベルで経験のある方

が前提となっています。

ま、そりゃそうか。
そこらのド素人を捕まえて、たった3ヶ月でどこに派遣しても通用する一人前のRPAエンジニアに育て上げるなんて、いくら研修が充実してても無理な話です。
逆に、ベンダーがよく使う「RPAツールは簡単ですよ」という売り込みが、ここでも全否定されていると言えます。

そもそも、本当に現場担当者レベルでロボットが簡単に作れるシロモノなら、RPAエンジニアを派遣するビジネスすら成立しませんしね。

スポンサーリンク


それにしても、パソナテックのサイトに掲載されている案件を見ると、今の私の給料とほぼ変わらないものもあるのは、ちょっと惹かれます。

要するに、今の会社を辞めたとしても、タダでRPAツールの研修が受けれて、尚且つどっかの企業に派遣してもらって実務経験も積むことができる・・・ってことですよね。
しかも、給料はほぼ同じで。
(今より給料が上がるものもあります)

派遣社員なので、企業への帰属意識など不要。
気に入らなければ辞めて、他の企業を斡旋してもらえばいいだけ。

そう考えると、今よりも仕事のストレスは減るんじゃないかなぁ。
ま、2~3ヶ月前ぐらいにやった会社主導のメンタルヘルスチェックでは、ストレス度3%だったがな。
(メチャクチャ設問が多かったクセに、診断結果がコレかよ・・・)

まぁ、出世に拘っている人なんかにはもちろん向かないんですが、技術や実務能力を武器に今後の日本で生き残っていくことを考えている私のようなタイプの人には向いているかと。

もし今後転職するようなことがあれば、次の会社へ転職する前に、1年間ぐらいRPAエンジニアとしてパソナテックで働いてみてもいいかも。
現在のRPAブームがいつまで続くかにもよりますが。。。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク