中小企業から大企業への転職

新卒で企業に就職する場合、多くの書籍などでは、できるだけ大企業に入社した方が良いとされています。

その理由は、転職する場合の容易さにあります。 (もちろん年収も違いますが)

新卒時に大企業に入社した人は、その後転職したくなった場合に、中小企業に転職することは比較的容易です。
逆に、新卒で中小企業に入社した人は、大企業に転職することは難しい、というのが定説となっています。

ですが、私は全ての職業にこれが当てはまるとは思えません。

SEという職業は特殊で、開発側にも顧客側にもSEという人達が必要です。
このため、中小企業と言えども開発ベンダーで実力を磨けば、大企業である顧客の社内SEに転職することは十分可能です。

特に、情報システム部門はコスト部門でもあるため、少ない人数で仕事をこなす必要があります。
従って、採用枠自体は少ないのですが、優秀な人材は喉から手が出るほど欲しいのです。
また、情報システム部門は開発に関するノウハウが少ないため、それらを補う意味でも、ベンダーSEのノウハウを必要としています。

実際に、私も中小のITベンダーでSEとして働いていましたが、東証一部上場の大企業である今の会社に社内SEとして転職できました。

スポンサーリンク


社内SEに転職するにあたって、採用時に求められる能力は下記の通りです。

・プログラミング能力 (VBA、Java)
・開発工程に関する知識、ノウハウ
・上流工程(特に要件定義)の経験
・プロジェクト管理能力
・折衝能力


これらをクリアーしている人ならば、たとえ中小企業から大企業への転職であっても、社内SEに転職することは難しくないと思います。

また、大手SIerにも転職が可能かもしれませんが、そのときは経験してきたプロジェクトの規模に注意が必要です。
大手SIerでは、基本的に大規模プロジェクトが多く、大規模プロジェクト管理や複数の外注ベンダー管理などが主な仕事になります。
このため、これらの経験が少ないと、SIerへの転職は厳しいかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク