スマホゲーをいくつかやってみた感想

auスマートパス会員だと、有料アプリも無料で使えたりするので、
 ・熟睡アラーム for au ※睡眠分析アプリ
 ・DELISH KITCHEN for au ※料理動画アプリ

なんかをインストールしてみて、始まったばかりのスマホ生活を満喫している今日この頃です。

そんな中、どうやらゲーム系でも無料でインストールできるのがあるみたいだったので、どんなもんかと試しにいくつかプレイしてみることにしました。
電車の中で立ったまま熱中プレイしまくってる人をよく見かけますが、果たしてそんなに面白いもんなのか・・・と。

まず結論から一言。

なんだコレ。

速攻でアンインストールしたので、もはやゲーム名すらも覚えていませんが、縦スクロール型のシューティングゲームを2本と、横スクロール型のアクションゲームを1本やりました。

まず、シューティングゲームの方から。

2本とも、攻撃についてはショットがオート連射で弾出っ放しなので、気にする必要は無し。
昔はジョイカードが無いとオート連射なんてできませんでしたから、楽な時代になったものです。

で、自機の操作は、自機をスワイプして移動させる感じ。
これが実に問題アリ。

まず、指がスムーズに動かない。
別に、ゲームのときだけではないんですけども、スワイプ操作が世間の人達みたいにスムーズにできないんですよ。(泣)
 ・指が脂症なのか?
 ・逆に、乾燥しずぎなのか?
 ・フィルムでも貼らないとダメなのか?

一体何が原因なのやら。。。

ただ、仮にスワイプ自体がスムーズにできたとしても、自機が指で隠れちゃってよく見えないんだけど、コレ。

そんなわけで、敵の弾やら特攻やらを上手く回避できず、ストレスだけが溜まるゲームだったので、1面クリア後に速攻でアンインストールしました。

一応、課金によって自機を成長させてパワーアップさせる要素なんかもあったっぽいですが、特に興味ナシ。
パワーアップなんて、パーサー(by スターフォース)ぐらいの地味さでちょうどいいんですよ、こっちは。

スポンサーリンク


横スクロール型のアクションゲームはと言うと、ジャンプやらダッシュで移動しつつ、剣で切りつけて敵を倒すやつです。
昔で言うところの忍者龍剣伝ってとこですかね。
(ネタがいちいち古い・・・)

スマホの画面上に
 ・左移動ボタンと右移動ボタン
 ・ジャンプボタン
 ・攻撃ボタン
が表示され、携帯ゲーム機のようにスマホを横に持って、それらのボタンを押しながら操作します。

しかし、いかんせん操作性が悪すぎる。(汗)

個人的には、スワイプで操作するよりは遥かにマシですが、ボタンを押しているという触感が無いためか、違和感満載です。
こちらも、1面クリアして、すぐにアンインストールしました。

ということで、ちょっとしかプレイしてませんが、率直な感想としては、、、
スマホゲームって一体何が面白いんだろう。。。

まぁ、据置機とかでも面白いゲームばかりではなく、クソゲーも沢山ありますからね。
今回ダウンロードしたのが、たまたまクソゲーばかりだった可能性も否定できません。

女性なんかだとパズルゲームを一心不乱にやってる人をよく見ますので、パズルゲームは面白いよっていう人もいるかもしれません。
が、私は残念ながら筋金入りのパズルゲーム嫌い。
スマホゲームかどうかに関わらず、パズルゲームなんてやりたいとも思いません。
(昔から、パズルゲームのセンスはゼロなんですよ、、、)

そんなわけで、よっぽど興味深いゲームが出ない限りは、スマホをゲーム機として使うことは無さそうです。
でも、暁の軌跡やファイアーエムブレムヒーローズなんかのように、せっかく大好きなシリーズのゲームなのに、スマホゲームになったとたんにただの課金ゲーに成り下がってしまうのが悲しいところ。

いくら射幸心をあおる作りになっているとは言え、スマホゲームに課金しまくる人の心理は、私には理解できそうにありません。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク