ムヒカ元大統領に学ぶ、仕事に対する考え方

先日、Mr.サンデーでウルグアイ元大統領のムヒカ氏に対する単独インタビューが放送されていました。

このムヒカ氏については、任期中は「世界で最も貧しい大統領」として、日本を含む全世界で有名な大統領だったそうです。
恥ずかしながら、私はこの放送を見るまでは、ムヒカ氏のことは名前も含めて一切知りませんでした。

ムヒカ氏が世界的に有名になったきっかけは、2012年6月20日に開催されたリオ会議でのスピーチだったと言われていまして、Mr.サンデーでも演説の様子が放送されていました。
また、スピーチの内容は翻訳版が書籍としても出版されており、特にビジネスマンによく売れているそうです。
(まだ読んでませんが、非常に興味深いので買って読んでみようと思っています。)



ちなみに、ムヒカ氏が「世界で最も貧しい大統領」と言われている所以は、大統領としての収入の9割を寄付し、残りの約10万円ほどで質素な生活をしているためです。

自宅は郊外どころかド田舎にあり、トタン屋根でボロボロです。
また、今にも壊れそうな旧式の車に乗っていたり、そこらのおっさんみたいなスウェットとサンダル履きで人前に出たり・・・
質素な点を挙げていくとたくさん出てきます。

ムヒカ氏は、インタビューの中で次のようなことを話していました。

①貧乏とは無限にモノを欲しがり続けることである
②モノを欲するがために、そのモノを買うためにお金を稼ぐ必要がある
③お金を稼ぐために、稼ぐのに費やした時間を代償にする必要がある
④つまり、モノを買う対価として払うのは、お金ではなく時間である

このため、必要以上にモノを欲しがる生活というのは、必要以上にお金を稼ぐ必要があり、結果として最も貴重な自らの人生の時間を犠牲にすることになる、ということになります。

そして、現在の日本人は、かつての質素な国民性が失われて必要以上にモノを求め続けており、「果たして日本人は幸せと言えるのか?」と疑問を呈してもいました。

確かに、マイホームやマイカーを買ったり、ブランドのバッグやアクセサリーを買ったりすると、そのローンの支払のためにお金を稼ぎ続ける必要があります。
その仕事をしたくてしているというよりは、ローンの支払が残っているから仕事をしている、つまりお金に縛られて嫌でもその仕事をせざるを得ない、という状況の人もいるのではないでしょうか。

また、必要以上にお金を稼ぐという目的ではなくても、単純に仕事が多忙すぎて、残業や休日出勤で時間を余分に消費してしまっている、というケースもあると思います。

スポンサーリンク


私の前職であるベンダーSEなんかは、その代表例ではないかと思います。

納期やトラブル対応に追われて、毎日深夜まで残業したり、休日を潰されたり・・・
特に、小さい子供がいる人は、子供と過ごす人生で二度とない時間を仕事に奪われることになります。

※家庭が崩壊した話もベンダーSEの頃はよく耳にしましたし、先輩や上司で過労死・自殺・うつ病となった人もいます。

このような仕事と、多少収入は下がっても家族と過ごす時間が十分確保できる仕事と、果たしてどちらが人間として幸せなのでしょうか?
ムヒカ氏がインタビューで話した内容は、日本人の働き方に一石を投じているように思えます。

私は、社内SEに転職して収入を失った代わりに、時間を得ることができました。
おかげで、家族と過ごす時間が増え、明らかに家庭の雰囲気が良くなりました。
(嫁も同じ印象を抱いているそうです)

ベンダーSEという仕事は、やりがいのある仕事であることは確かです。
しかし、自分だけの幸せではなく、家族みんなの幸せとは何かを考え、ありふれた言い方ですが「仕事を取るか家庭を取るか」を見つめ直してみることも必要かもしれません。

※私もやりがいがあったベンダーSEという仕事を中々手放せず、長らく「仕事を取ってきた」人間です。
 しかし、決断して「家族を取った」現在としては、転職して正解だったと思っています。

※先日、「社内SEとワークライフバランス」と題して、ベンダーSEだった頃と社内SEになった現在との比較を記事にしてますので、興味のある方はご覧下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク