ベンダーSE時代に味わった最凶の炎上プロジェクト④

品質向上テストを経て、総合テストリベンジ。

不具合は色々見つかったものの、とりあえず最後まで流れ切り、見かけ上はそれなりの品質っぽい。

それもそのはず。
総合テストのシナリオは、全て当社側が作成したものですから。
なので、結合テストと全く同じシナリオで、同じテストデータを流してるわけですから、不具合なんぞそうそう出るわけがない。
本来は、開発者側と発注者側とで、視点が異なるテストを行うことがこの工程の主旨なはずなんですが・・・

ただ、この工程で待ち受けていた本当の地獄は、仕様変更の嵐でした。

・これだと運用が回らない
・画面が使いにくい
・帳票が見づらい
 等々・・・

そして、これらを全て不具合だと主張して、無償でリリースまでに改修するように要求してきたのです。
外部設計書に何も処理内容が記述されていないのを良いことに、「こんなつもりじゃなかった」の一点張り。

いやいやいや、、、ちょっと待ってみようか。(汗)
確かに処理内容の記述は無かったが、UIはちゃんと提示していただろう。
なのに、「使いにくいから」という理由だけで、画面レイアウトや帳票レイアウトまで不具合だと主張するのは、さすがに厚顔無恥というもの。

が、品質が悪すぎて納期を延期してしまった当社側、及びH社のPMも強硬な態度に出ることはできず。。。
結局、この要求を受け入れることになりました。

これに味をしめた情シス部門の担当者たち。
これを契機に、不具合改修という名目の仕様変更を、とめどなく要求し続けてくることになるのです。
酷い話ではあるのですが、そもそもの根本原因は、外部設計を手抜きしたことにあるのですから、どっちもどっちかな。。。

そんなわけで、総合テストに入ってからも昼夜問わずプログラム改修に明け暮れるメンバーたち。
私はサブリーダーという立場だったので、昼間は総合テストに立ち会ってユーザーに嫌味を言われ、夜は遅くまで改修作業を行うという状態でした。

スポンサーリンク


悪夢のような総合テストが終わり、お次は運用テストです。

しかし、ユーザー側の準備が全く整っておらず、本番までに外部システム連携テストは一度も実施できないという、まさかの事態に。
(ちなみに、総合テストでもやってません)

しかも、総合テストで色んなプログラムを変更しまくったわけですが、その改修確認は全て単機能止まり。
つまり、通しで一度も流してないので、正直後続の機能や、H社子会社が担当するサブシステムにうまくつながるのか、確証が無い状態です。

運用テストは、結局外部システムとの疎通テストと、移行リハーサルぐらいしか行われず。。。
そんな酷い状態であるにも関わらず、なぜか稼働判定はGOサインが出たため、そのまま本番リリースされることになりました。
いや、無謀すぎるだろ。。。(汗)

稼働スケジュールは、いきなり全面稼働するのではなく、一番取引件数が少ない地方支店から段階的に稼働していく計画でした。
なので、一支店目で失敗しても業績には大きな影響は無いと判断したのかもしれません。
でも、取引先にも多大な迷惑をかけちゃうからねぇ・・・

メンバー全員が不安感に押しつぶされるのを尻目に、ついに稼働日当日を迎えるのでした。。。

次回へ続く


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク