ベンダーSE時代に味わった最凶の炎上プロジェクト②

外部設計を終え、お次は内部設計。

ここで、H社独自フレームワークとプログラム自動生成ツールが登場。
これがあるから、短納期で開発できますよ・・・という売り込み方だったらしい。

で、内部設計に先立ち、私がこれを使ってサンプルプログラムを開発してみることに。

使い勝手にクセありすぎ。(汗)

色んなSIerが、自分達独自のフレームワークを生み出したせいで、プロジェクトごとにいちいちフレームワークの使い方を覚えなければならないというのは、本当に非効率です。
しかも、当然ネット等には情報が一切無いので、自分で調べようにもその手段がありませんし。

おまけに、自動生成ツールも制約が非常に多く、生成するまでにエラー出まくり。
で、やっとこできたソースコードのうちUOCが許された部分にコーディングしていくのですが、その後一項目増えただけで自動生成し直し。
このとき、UOCが消えてしまわないように自動生成ツールにフィードバックしてUOC部分を記憶させておくのですが、これをうっかり忘れると、次回自動生成したときにUOCが全て消えた状態のソースコードが出来上がります。

何コレ、自分で作った方が早いんだけど。(泣)

そんなこんなで、まともに動くものを1画面も作成できずに、内部設計スタート。

内部設計~結合テストは、下請け協力会社に発注。
その入力となるドキュメントとして外部設計書を一式提供したのですが、遅々として内部設計書の作成が進みません。

それもそのはず。
前回書いたように、外部設計のスケジュールを優先するあまり、外部設計書には殆ど何も書いてない状態でしたから。(笑)

例えば、とあるバッチ機能の外部設計書はこんな感じ。

「〇〇システムに、××データを送信する。」

以上。(苦笑)

外部設計書の設計内容がたった1行。。。
あの頃は何も疑問に思わなかったんですが、よくこんな設計書でレビュー通ったな。
ユーザーの情シスも、H社の社員も、ザルとしか思えん。
恐らく、私と同様に、外部設計工程で何を決めなければならないかということが、分かってなかったんでしょうね。

スポンサーリンク


一番可哀そうなのは、設計書とは到底言えないものを渡された協力会社のSEの人たち。

案の定、こちらには質問の嵐。
でも、質問されたところで、外部設計書がこのレベルだからこっちだってまともに仕様を回答できません。

しょうがないので、逐一リーダーに確認するハメになるのですが、リーダーの口からは聞く度に違う仕様が返ってくる有様。
こういうことが起こらないようにするための外部設計書なんだと、このとき理解しました。

外注しておきながら、結局我々も残業しまくり状態。
でも、きっと協力会社さんの方が、それに輪をかけて過重労働を強いられてたんだろうなぁ。。。

内部設計が(日程上は)終盤にさしかかり、設計書のレビューを行うことになりました。
が、ここでもまともにレビューなぞできるはずもなく・・・

ここで、協力会社側のPLが、「御社との仕事の際は、いつも内部設計書のレビュー後にハンコを頂いています。今回もレビュー後の設計書にハンコをお願いできますか?」と言ってきました。

不審に思ったうちのリーダーは、すぐさま上司の取締役に確認。
すると、そんな前例は無いとのこと。

つまり、レビュー後に仕様をひっくり返されることを恐れた協力会社のPLが、いつもやってる風を装って設計書の承認印をもらおうとしたことになります。
そうすれば、後で堂々と仕様変更を主張でき、開発期間とお金を確保できるのでリスク回避になる・・・という思惑だったのでしょう。

これを察知した取締役からうちのリーダーへの指示。
「ハンコなんか絶対押すなよ。」

仕様をコロコロ変える気満々やん。
外注先に対して、一方的にリスクを押し付ける、、、
ふだん、協力会社・パートナーなどと言っていても、本音はただの下請けに過ぎないのです。

かくして、内部設計書にはハンコは押されないまま、内部設計工程が終了。
製造工程ぐらいはすんなり進んでほしいなぁ。。。

次回へ続く


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク