無職期間が生じることのリスク

転職するにあたり、退職してから次の会社に入社するまでに何ヶ月も期間を空ける人は、そう珍しくありません。

理由の最たるものとしては、やはり失業手当がもらえることでしょう。

人間誰しも「もらえるものはもらっておきたい」「収入があるなら働きたくない」と考えるのは、別にやましいことでも何でもなく自然なことですし、当然の権利だと思います。

私の場合は、退職日から間髪入れずに今の会社に入社したわけですが、上記のような考えが無かったわけではありません。
実は、1つのリスクを考慮して、失業期間を作らないことに決めました。

そのリスクとは・・・「脳は継続して使っていないと次第に衰えていく」です。

ベンダーSEの頃、ゴールデンウィークなどの長期休暇が丸々取れたときなんかに、これを実感していました。

私と嫁の実家は地方なので、長期休暇の際には帰省します。
ただし、私は休みが取れるかがギリギリまで分からないことや、面倒臭がりなこともあり、嫁だけ帰省させることがほとんどでした。
また、出不精なので、休み中はコンビニに行く以外は殆ど外に出ることもなく、家の中でテレビやネットをして一人で過ごしていました。

この間、当然誰とも会話しません。(テレビから受動的に声は聞こえてきますが)

すると、どのようなことが起こるか。。。

休みが明けて、仕事で打ち合わせを行うと、言葉がスラスラ出てこなくなります。(一応、2・3日で元に戻りますが)

もちろん、たかが5日間程度の休みでここまで衰えるのが、万人に当てはまるとは思いませんが、個人差があるにせよ衰えがあるのは確実です。

脳は、基本的に楽をする方向で物事を進めようとするそうなので、上記のような会話の衰え以外にも問題があります。

それは、新しいことをやりたくなくなることです。

新しいことを勉強し続けることは、ベンダーSE・社内SEに関わらず、仕事上必須です。
ですが、一旦この習慣を止めてしまうと、いざ勉強する必要が生じたときにとてつもないエネルギーが必要になり、やる気がなかなか起きなかったり、勉強の効率が悪くなったりします。
最悪の場合、勉強するのが億劫になり、そのまま恒久的に止めてしまいます。

これが私のように異業種への転職ともなると、新しいことのオンパレードが待ち受けているわけです。
にも関わらず、脳が衰えて新しいことを吸収するスピードが落ちてしまうことは、自殺行為です。

これを一番に恐れ、失業期間を作らないことに決めました。

もしも、これまでの業務知識やノウハウをそのまま活かせる他のベンダーへの転職や、もしくは食品卸売業の社内SEに転職するのであれば、ここまで気にしなかったかもしれません。

スポンサーリンク


ただ、逆にこんな例もあります。

今の会社のシステム部に、私より2ヶ月ほど前に入社した46歳の人がいます。
その人は、約1年間無職だった後、うちの会社に入社したそうです。
基本的にその1年間はヒマを持て余していたのですが、タダで時間を潰せるという理由で図書館にはちょくちょく行き、技術書を読み漁っていたそうです。

そのおかげか、仕事で新しい製品や技術を扱うことになっても、特に抵抗もなくバリバリこなしています。
つまり、失業期間があったとしても、脳を使い続けていれば、特に問題はないということも証明されたことになります。

しかし、失業期間で仕事を全くしていない状態にも関わらず、勉強を続けられるケースは結構珍しいのではないかと思いますが。
(よっぽど好きな人でもないと、続かないような気がします)


失業期間の過ごし方は人それぞれですが、何も勉強をせずに脳に楽を覚えさせる期間が長ければ長いほど、次の会社に入った後に苦労するリスクが高まることだけは、ご認識下さい。

※逆にこの失業期間を利用して、就業中にはできないような勉強をする、ということであれば非常に有意義な休みになるかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク