内定から退職までの流れ

内定が出てから退職するまでの各種手続きは、結構面倒です。

転職を経験されている方にとってはお手のものかもしれませんが、今回は転職未経験の方のために、私の内定から退職するまでの流れをご紹介したいと思います。


1.内定

まず、これが出ないと話は始まりません。(笑)

私の場合は、5月中旬に面接を受けてから、内定が出たのが5月下旬でした。
一般的には面接の1週間後ぐらいに内定が出るそうですから、ちょっと焦りました。
落ちたかどうかも分からないので他の会社の面接を受けにいくべきかどうかも迷いました。

結局、5月下旬になって、しびれを切らして私の方から電話をして人事の方に聞いてみました。
すると、内定は決まっているが、年俸の社内稟議が下りていないとのこと。
2日後に改めて人事の方から連絡があり、正式に内定ということになりました。

内定が遅れるのには、こんなケースもあるんですね。(まさしく、「果報は寝て待て」ということでしょうか・・・)
とは言え、所詮は口約束なので、内定を取り消されるかもしれないとビクビクしていました。

が、そこからさらに3日後ぐらいに、就業条件通知書と入社関連書類が郵送で届き、さすがにチキン野郎な私でも一安心しました。


2.退職の意思表示

入社書類が届いた翌日、退職の旨を上司に伝えました。

その日の夜、殺人的な退職引き止めに遭いましたが、何とか乗り切りました。

以前の記事でも書きましたが、絶っっっ対にここで引き止めに応じないこと!!


3.健康診断の予約

新卒のときと違って転職の際には、提出書類として健康診断書の提出が求められます。

「過去3ヶ月以内に受診した健康診断書」ということでしたので、会社で受けた健康診断書は使えませんでした。
※企業によっては、過去半年以内で良しとするところもあるそうです。
※仮に過去3ヶ月以内でも、入社書類で指定されている受診項目と比較して、項目が不足していると使えません。

このため、自分で健康診断を行っている病院を探して、検診を受けに行くことになります。

このとき注意しなければならないのが、検診を受けてから診断書が入手できるまでの期間です。
通常2週間ぐらいかかりますので、早めに検診を受けなくてはなりません。
(恐らく、提出書類の中で、一番最後に揃う書類になります)

このため、入社書類が届いたら、真っ先に検診の予約を入れました。
平日しかやっていないので、仕事を休んで受けにいきました。(大体半日ぐらいかかります)


4.その他提出書類の準備

提出書類には大きく分けて、入社関連書類に同封されてくる書類に記入・捺印するものと、公的書類があります。

記入・捺印すれば済むものについては、下書きなどをして、ミスのないように記入します。

公的書類については、下記のようなものがあります。
 ・雇用保険被保険者証の写し
  ⇒ 転職前の会社に発行してもらいます。
 ・住民票の写し
  ⇒ 役所に行って発行してもらいます。
 ・印鑑証明 ※保証人のみ
  ⇒ 保証人になってもらう人の印鑑証明が必要です。保証人にお願いしましょう。


5.メールアドレスの変更

会社のメールアドレスで登録しているサイトがいくつかありましたので、それらを全てフリーメールのアドレスに変更しました。

私の場合は、下記のようなものがありました。
 ・ITproなどの技術系のサイト
 ・楽天
 ・生命保険 (ネット生保なので)
 ※他にもあったような気もしますが、忘れました・・・


6.退職届の提出

今の時代、退職届は会社指定の書式があるはずなので、人事の人にもらいましょう。
私の場合は、上司がもらってきてくれました。

これを提出して受理されると、晴れて自由の身(?)です。
さすがに、この段階まできて受理されないということは無いでしょう。(笑)


7.送別会

私の場合は、同僚に送別会を開いてもらいましたが、残念ながらユーザーから送別会を開いてもらえませんでした。

というのも、退職トラブルのため会社とケンカしてしまったので、送別会どころか、ユーザーに「お世話になりました」の挨拶すらさせてもらえない状況になりました。

せっかく、送別会を計画して頂いていたのに、本当に申し訳無かったと思っています。


8.有休消化

私の場合は、7月中旬から末までの約半月でしたが、一応有休消化しました。

引継ぎさえ万全であれば、有休を全て強制的に消化することも可能です。
(法的に、会社側は有休消化を止める手立てがありません)


9.退職手続き

退職日当日、最後の出勤をして、退職の手続きを行います。
また、通常はこの日に、仕事で一緒になった人など付き合いがあった人達に対して、「お世話になりました」メールを一斉送信します。

私の場合は、最終日も有休消化に充てましたので、定時の30分前ぐらいに会社に行き、手続きを行いました。
手続きが終わった後に会社を出たとき、感慨深いものがありました。


スポンサーリンク


以上が、内定から退職までの大まかな流れになります。

もちろん、退職してから転職活動を始める人や、退職してから入社までに期間がある人などは、少し流れが違ってくると思います。
(私は、退職日の翌営業日から入社でした)

これから転職される方のご参考になればと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク