社内SE転職の競争率

社内SEの競争率についてですが、一般的に狭き門であることはご存知の方も多いかと思います。

ちなみに、私が転職した会社は東証1部上場企業ではありますが、社員数は500人強と、決して大規模ではありません。

にも関わらず、求人1人に対して、応募者数は100人弱いたそうです。

入社した後にこの事実を聞いたのですが、採用面接の時点でこのことを知っていたら、恐らく緊張でガチガチになり、満足な受け答えができなかったかもしれません。
(結構軽い気持ちで受けましたが、それが逆に良かったと思います)

ただ、応募者数の殆どは、スカウトメールからの応募ではなく、求人ページからの応募だったとのことで、要求するスキルにマッチしない人が非常に多かったそうです。

私は@typeに登録していましたが、スカウトメールを頂いたのをきっかけに応募しようと思いました。
スカウトメールの良いところは、求人者・求職者のスキルミスマッチが起きにくいところが利点で、採用試験で通過する確率が高くなります。

(注)転職エージェントに登録されている方はご存知かと思いますが、スカウトメールといっても、ヘッドハンティングとは異なります。なので、きっちり採用試験は受ける必要があります。

スポンサーリンク


スカウトメールを受ける率を高めるには、転職エージェントに登録する履歴・職務経歴・スキル・自己PRなどの情報を充実させ、少しでも採用担当の目に止まるようにしなければなりません。
(量を書けばいいというものではなく、あくまでも質の充実

はっきり言って私も面倒でしたので、当初は経歴などは殆ど記入していませんでした。
が、たまたま仕事が夜勤の日があって時間を持て余していたので、登録情報の充実化をして暇をつぶしました。
すると、その後スカウトメールを受け取る率が明らかに高まりました。

もちろん、スカウトメールが全てではありませんが、競争率が高い中でも少しでも内定率を高めるために、手間ヒマをかけてでも是非登録情報の充実化をお勧めいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク