1月はイースシリーズを心ゆくまで堪能

暇だ・・・

暇すぎる・・・(泣)

1月の最初の方は、ずっとこんな感じでした。
仕事が暇というわけではなく、プライベートが暇だったのです。

嫁は年末年始に一緒に帰省して、そのまま数ヶ月実家に留まることになってますから、私生活では完全に1人です。

誤解されるかもしれないので念の為。
ケンカしているとかではありません。(笑)
たかが数日帰省するだけでバカ高い飛行機代を払うのはアホらしいので、どうせならゆっくりした方がいいという考えで、毎年実家に数ヶ月留まらせるようにしているのです。

そんなわけで、暇つぶしにまたゲームに走ったのですが、そんな絶望的な状況で見つけたのがイース6(PSP)です。

イースシリーズについては、中学生ぐらいのときに確か小説版を読んだことがあったのと、社会人になってからイース5(SFC)をやったことがあるぐらい。
軌跡シリーズと並ぶファルコムのツートップだとは知っていましたが、PSPでも出てたとは知らなかったので、完全にノーマークでした。

ネットの評価も上々のようなので、早速購入。

し、し、・・・死ぬほどオモロイ。(恍惚)

ストーリーは軌跡シリーズのように奇抜ということはないのですが、王道中の王道っていうところがまたイイ!
アクションも軽快で気持ちイイ!

そして、BGMはさすがファルコム。

これ、最初の村を一歩出たフィールドで流れる音楽ですからね。(苦笑)
思わずコントローラーを置いて何周も聞き入ってしまいました。

さて、イース6に満足した後、どうせならイースシリーズを制覇してやろうとイース1から全てやってやろうと思い至るまで、そう時間はかかりませんでした。

幸い、イース1・2がセットでPSPでリメイクされていたので、速攻で購入。
体当たりで攻撃する点とか、システムはちょっと古臭いかなぁ・・・
っと最初は思ったのですが、慣れればなんてことはない。
むしろ、体当たりで敵を攻撃する方が楽だったりすることも。(笑)

これもストーリーは王道の部類に入ると思いますが、とても良好でした。
1作ごとのボリュームは少ない上にストーリーが連続しているので、これは2作セットでちょうどいい感じですね。
当然BGMも素晴らしい、と。

そのままの勢いで、イース フェルガナの誓い(PSP)に突入。
これはイース3のリメイクですね。

またか、、、
また鳥肌もんのBGMをぶつけてきやがったよ、ファルコムの野郎。

これも、最初の村を1歩出たフィールドのBGMで、しばしコントローラーを置いて鳥肌を立てながら鑑賞。
イース6からかなりアクション性も改良され、スピード感が増したおかげでこの音楽を聴きながら敵をバッサバッサと切りまくるのが爽快でたまりません。
ストーリーも相変わらず王道で大満足の一品でした。
ラストはホッコリして、オジサンちょっとウルっときちゃったよ。(恥)
スポンサーリンク


良い流れで、お次はイース4(PS2)です。
イース4はPSPでリメイクされておらず、渋々PS2版を購入。
ただこれ、ファルコム製ではなくタイトー製なんですよね。

ネット上での評判は屍累々といった感じ。(汗)
まぁでも、評判の中にはストーリーは良いっていう意見もあるし、タイトーも有名な会社だし、PS2も高性能なハードですから、そんなにヒドイものではないはず・・・

さて、恐る恐るゲームスタート。
・・・

ワイ、何でこんなもん買ってもうたんやろ。(怒)
ヒドイなんてもんじゃありません。

<オープニング>
ハイ手抜き。
こうしてファルコム製(上)とタイトー製(下)を見比べてみると分かりやすいかと。



一応、イース6の方が発売は後なんですが、それでも1年しか変わりません。
しかもPS2という高性能なハードを使ってもこの動きの無いオープニングしか作れないって、どういうセンスをしているんでしょうか。

<アクション>
・操作性悪し。
・動きがモッサリしている。
・強・中・弱攻撃があるが、中以外は使う必要なし。
・画面前方気味に自機がいる上、敵は画面外からでもこちらを認識しているので、出合い頭によく不意打ちされる。
・足が遅い上に操作性が悪いため、特に遠距離攻撃に死ぬほど弱い。

<ダンジョン>
・クレーター、氷の山、炎の山なんかは、色違いなだけで見た目は使い回しの超手抜き。
・目印になるようなものが無いので現在位置を把握しにくく、非常に迷いやすい。
・単調なマップが延々と続くので、ダレる。
・雑魚がクソ多い上に、倒しても倒してもすぐ湧いてくる。

<BGM>
まずはこれをお聞き下さい。

うわああぁぁ~・・・なんてチャチイんだろう。
しかも、ファルコム製イースは、同じ音楽は使わないという拘りがあります。
なので、ダンジョンによって流れるBGMが違うわけですね。

でも、タイトー製の場合、フィールドだろうがクレーターだろうが氷の山だろうが、全てこのBGMが流れます。
あまりにもウンザリしたので、途中からはテレビを消音でプレイしてました。(笑)

結局、中盤ぐらいでリタイア。
唯一評判が良いとされるストーリーも、最後まで拝めず仕舞いでした。
こんな状態で販売OK出すことに対して、メーカーとして恥ずかしいと思わないんでしょうか。

気を取り直して、イース5(PS2)にいってみましょう。
・・・またタイトー製かよ。
しかも、またしても評判が悪い。
イース4で憎悪を抱いた私は、さすがに今度は購入しませんでした。

もうタイトーはイースシリーズに金輪際手を出すな。
お前らが手掛けると、全てが黒歴史化してしまうんだよ。


さて、怒りを甘いもので抑えつけつつ、イース SEVEN(PSP)に話を移しましょう。
これはファルコム製。あー良かった。

ストーリーはこれまた王道で秀逸。
アクションはダッシュ機能が付いたことで、さらにスピードアップして爽快感UP。
そしてお待ちかねのBGM。

くぅーっ、これですよこれ!
最初の町から一歩でたフィールドで流れる神BGMは健在です。


ちょっと今回は動画をペタペタ貼ってしまったので、表示が重くなってすみません。
今回のイースシリーズを通しでプレイして一気にイースファンになったのですが、それだけにタイトー製の質の低さが際立っており許しがたいです。
同じシリーズを作ってもセンスと開発力によってこうも差が出るもんなんですねぇ。。。


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク