RPAは便利、だが過信は禁物

先週、RPAを取り扱っている某ベンダーから営業電話がありました。
何でも、その会社のRPA製品のことを一度説明する機会がほしいとのこと。

ちょうど部長も興味があったようなので、一昨日に説明に来てもらいました。
私としても、自作RPAで課題を抱えているので、売り物のRPA製品はどうやって対応しているのかを聞いてみたいという思惑がありました。

ここでは製品名やベンダーは伏せますが、、、
海外の企業が開発した製品で、今回来社頂いたベンダーは販売代理店みたいなものだそう。
RPAに関してはこのパターンが結構あるらしいです。

日本でもここ1・2年で流行り始めただけあって、引き合いは多くのユーザー企業から来ているとのこと。
今まさに、かき入れ時のピークといったところでしょう。

で、肝心の機能はと言うと、、、

まず、RPAの基本とも言えるExcel・CSVなどのデータをもとにしたブラウザやクラサバ画面の自動操作と、それらを簡単に設定可能であることが冒頭に説明がありました。
まぁ、これはどのRPA製品にもあるとのこと。

その他の機能としては、RPAタスクの起動パターンの豊富さ(スケジュール実行やトリガー実行)や、運用監視に特化していることなどを差別化ポイントとして挙げていました。

なるほどなるほど。
で、気になるお値段はと言うと・・・

やっぱりPC1台につき50万円ぐらいかかるのね。(汗)

これでも安い方なんだとか。
他のPRA製品だと、色々な機能に制限をかけないと、この値段で買えないらしい。
ここで言う制限とは、例えばブラウザ画面は自動操作できるが、クラサバ画面は自動操作できないといった、後々困りそうな感じの制限です。

まぁ、クラサバなんか時代遅れだから、これからも今後も使わねぇよって企業ならいいんですが。。。
ただ、会計システムで有名なミロク情報サービスの「財務大将」なんかは、最新バージョンでもクラサバですからね。
クラサバ無しで企業の全システムを構成するのは、まだ先の話になりそうな気がします。

スポンサーリンク


さて、では私がRPAをExcel VBAで自作するにあたって、何とかしたいと思っていることをこのベンダーさんにぶつけてみることにしましょう。

その何とかしたい課題とは、ズバリ「クラサバ画面のオブジェクトの特定方法」です。

過去記事で触れた通り、Web画面についてはgetElementByIDやgetElementsByNameなどのメソッドを使って、画面項目のオブジェクトを一意に特定可能です。
このため、対象画面を右クリック⇒HTMLソースを表示して中身を解析してしまえば、操作すること自体はさほど難しいことではありません。

※参考記事
  「自作RPAで丸二日ハマった(汗)」
  「VBAからのIE操作で謎の現象発生」

一方、クラサバ画面の場合は、当然右クリックなんかしてもソースは表示されませんので、項目オブジェクトの特定のしようがありません。
このため、自動操作を行うには、次の2通りの方法しかありませんでした。


①各項目やボタンには、TABで移動する方法

つまり、
  SendKeys{TAB 2}
  SendKeys{ENTER}
とかを駆使して、項目遷移やボタン押下を行う方法です。
処理途中でユーザーがマウス・キーボードで何かを操作したり、何かの原因で操作中ウィンドウが背面に隠れたりしてしまうと、全てが破綻します。(泣)

例えば、自動実行中にアンチウィルスソフト画面が最前面に表示されたりする可能性もあるので、危なっかしくて自動実行中も目を離せません。(無意味)


②座標位置を記憶する方法

事前に各項目の座標位置を記憶させておき、自動操作時はそれらの座標位置にマウスを自動的に移動させて入力やボタン押下を行う方法です。
個人的には①の方式よりは若干安全な気がしますが、ディスプレイの解像度などにより同じ項目でも座標が異なるため、機種が混在した複数PCに配布する場合は要注意です。

この方法もやはり、実行中にユーザー操作があったり、操作中ウィンドウが背面に隠れるとダメダメです。


ということで、これらの問題にRPA製品はどう対応しているのかを聞いてみました。
返ってきた答えは・・・

RPA製品も、クラサバはやはりTAB遷移方式か座標記憶方式になるんですって。(苦笑)

残念。。。
やっぱり無理か。

いや、もしかして、EXEを逆コンパイルとかして、強制的にクラサバ画面を解析しているのかと思ったりしたんですがねぇ、、、

じゃあ、結局RPA製品っつっても、自作RPAと大差無いってことですね。(笑)
(できることも同じ。抱えているリスクも同じ。)

せっかく説明に来てもらって申し訳ないんですが、RPA製品を買う動機が逆に一つ減ってしまったかも。。。
※丁寧に説明してくれて、次回はデモまで見せてくれるそうなんですけど、、、(汗)


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク