社内SEとワークライフバランス

現在、転職後初めて迎えたシルバーウィークを満喫中です。

ベンダーSEとして働いていた約11年間、長期の連休はまともに休めたことはありませんでした。

開発プロジェクトのときは納期を守るために休日出勤していましたし、長期の連休についても直前まで何日休めるかどうか分からない状態でした。

また、保守プロジェクトのときはトラブル時の呼び出しがあり、休日に電話がかかってくる度に嫌な汗をかいたものでした。

実家への帰省についても、私は東京で働いていますが、実家が四国なので飛行機で帰省したいところですが、休みの予定が直前まで分からないため、早割が使えずにいつも繁忙期の割増料金でチケットを買うハメになっていました。

休日の予定がまったく立たない、もしくは休日中も電話で呼び出されたりしたため、嫁ともよくケンカになりました。
が、SEという仕事柄、どこの会社も似たような状況で、これは仕方が無いことだと思っていました。

はっきり言って、プライベートの充実のことを考えると、ベンダーSEだった頃は本当に最悪で、嫁にも迷惑を掛けて申し訳なかったと思っています。

私以外にも、仕事で子供の出産に立ち会えなかったり、子供が産まれたばかりなのに帰宅がいつも深夜だったりで、奥さんと険悪になっている人を、たくさん知っています。
(前の会社の同期や、SIerの人達など)

話を聞いてて一番寂しかったのは、ある日帰宅したら1歳になる子供がたまたま起きていたので声をかけたら、「このおじさんだれ?」という目で見られたそうです。
(いつも子供は寝ているので、1年間あまり顔を合わせていなかったとのこと)

こんなの、まともな人間の生活ではありません(泣)


私も社内SEに転職してから、そのことに気付きました。

現在では、土日祝日は99%休めますし、盆休み・シルバーウィークはもちろん、既に年末年始に暦どおり休めることが確定しています。
なので、飛行機代もいつもの3分の1ぐらいで済みました。
(もうチケットを買っちゃいました)

年収という点では60万円ほど下がりましたが、かつてに比べるとプライベートがとても充実しており、人間らしい生活が送れているように思います。

スポンサーリンク


もちろん、社内SEは当初思っていたほど楽な仕事ではなく、部署間の板ばさみに遭って精神的にキツいことも多々あります。
ただ、確実に休日が取れるというだけで、「とりあえず土日まで頑張ろう」という気になり、結構前向きになれます。
また、休日中も会社からの連絡に怯えることなくキッチリ休めるので、ストレスが溜まりにくく、「月曜日からまた頑張ろう」という気持ちになります。

かつては仕事を最優先に考え、他の社員よりどうやって頭一つ抜け出してやろうというほど競争心に燃えてガツガツ仕事していましたが、今ではそんなことは二の次・三の次です。

たぶん、退職間際に会社に裏切られたことも影響しているのだと思います。
どんなにプライベートを犠牲にして会社のために仕事をしたところで、会社は所詮その程度にしか社員を見ていないんだ、と・・・

また、今のような生活ができるということを一度でも知ってしまうと、元の生活でいかに多くのものを失ってきたかがよく分かり、今度は同じ失敗をしないようにしたい、という想いもあります。

恐らく、二度とベンダーSEに戻ることはないでしょう。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク