つるセコなコスト削減策③ ~ 備品購入に対する締め付け強化 ~

さて、どケチ経費削減術シリーズも今回で最終回となります。
今回取り上げるのは、備品に関する考え方です。

※関連記事はコチラ。
  「つるセコなコスト削減策① ~ 裏紙の使用 ~」
  「つるセコなコスト削減策② ~ 待機電力の節約 ~」

私が今の会社に入社してまず困ったことは、備品、特に消耗品の類がほとんど無かったことです。(汗)
(例えば、付箋紙やクリアファイル、クリップやボールペンあたり)

なので、これらは渋々各自で購入している状況です。
ところがある日、管理部で働いているパートの女性が、「クリアファイルもクリップも無いなんて、こんな会社は見たことがありません!」と次長に食ってかかっていました。
全くもって正論です。
次長も平謝りでしたが、あなたが謝る必要はありません。
悪いのはどケチ経営者ですから。

ただでさえ厳しい当社における備品購入は、下期が終わりに近づくにつれ、段々制限がきつくなっていきます。

まず、基本的に購入自体が認められなくなります。(汗)
つまり、急を要しないような備品購入は、来期までガマンしろということですね。

しかし、そんな中でも急を要する備品購入というのは当然発生しますので、その際はワークフローシステムから申請をあげることになります。
基本的には少額のものばかりで、高くても一万円以内の申請なのですが、なんと承認ルートの最後に会長もとい暇人がいます。(汗)

そんな少額の購買申請なんて全国の支店から沢山回ってくるわけで、それをいちいち経営トップがチェックするなんて、普通に考えればキリがない話です。
恐らく、急を要するであろう申請についても、会長が承認ルートに入ることで、心理的に申請をあげにくくする狙いもあるのかもしれません。

まぁ、そんなことしたって、申請するときはするんだけどね。
だって必要だから買うんだし。

スポンサーリンク


さて、つい先日もこんなことがありました。

システム部の運用担当者が、マウスの購買について申請をあげました。
何でも、営業部門のとあるパソコンでマウスが壊れてしまい、カーソルが誤動作するようになってしまったとのこと。

ケチケチ会社なのでマウスすらも余剰在庫が無く、新しく買うしか選択肢がありませんでした。

営業からは顧客に提出する資料作成に支障が出ているので急いで代わりを手配してほしいとの要望があり、運用担当者はとりあえずビックカメラに行き、立て替えでマウスを購入して事なきを得ました。

で、そのとき立て替えたマウス代の約二千円を事後で申請をあげたというわけです。

さて、この申請 ―

何と会長のところで否決されて戻ってきました。

しかも後でシステム部長が呼び出され、「マウスぐらい買わなくてもあるだろう!」と恫喝されたそうです。

無いから買ったんだ、馬鹿。
常識的に考えて分かるだろ。

部長の必死の説明が功を奏し、マウスを買わなければいけない事情を何とか納得させることに成功しました。
かくして、再度申請をあげて、無事会長まで承認が通りましたとさ。。。

まぁ、途中の承認ルートの人達はみんな二度手間になったことになりますが。
全く、たかが二千円を承認するのに、どのぐらいの人件費をかけてるのやら。(呆)

そんな小銭を一生懸命ケチるぐらいなら、あんたの役員報酬をドカッとカットした方がよっぽど効率的だと思いますよ?
どうせ対して役に立ってない、、、むしろ社員の足を引っ張ってるだけなんだから・・・

(2/17追記)
今日は、総務の女性が「来客にお出しするお茶っ葉が無いんだけど!(焦)」って朝から騒いでいました。
何でも、茶葉が切れていたからちょっと前に購買申請を出したのに、会長のところで承認されずに滞留したままお客が来てしまったのだとか。
その一帯にいた社員一同、呆れすぎて苦笑の嵐。
そんな冗談のような話が日々目の前で繰り広げられているのですが、確かにもはやここまで来たら笑うしかないですよね・・・
(結局ペットボトルのお茶を自費で買って出したとか・・・恥もいいとこです。)


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク