社内SEにとっての簿記の重要性

社内SEにとって、簿記の知識は非常に重要です。

私は資格マニアとまではいきませんが、資格を積極的に取得してきました。
自慢ではありませんが、ITストラテジストやプロジェクトマネージャなど、情報処理試験では難関の資格も取得しました。

ですが、社内SEに転職するにあたって、面接の際に最も喰いつきが良かったのが「簿記2級」でした。
※逆に、情報処理試験は全く触れられませんでした・・・(泣)

私が簿記を勉強したのは、ベンダーSE時代に担当システムが会計システムに仕訳データを連携する仕組みがあり、その仕組みについてお客様からの問い合わせに一切答えられなかったのがきっかけでした。

恥ずかしながら、正直それまでは「簿記」というものが何なのか、「仕訳」とは何なのか、言葉の定義すら知らない状態でした。
(分からないのではなく、そもそも知らない状態)

で、仕訳について調べているうちに、「簿記を勉強すれば仕訳を理解できる」という情報があり、簿記の勉強を始めました。

まず、簿記3級の参考書を買って、平日は電車の中・休日は自宅で1ヶ月間勉強して、3級の試験に合格しました。
その後、続けて簿記2級の参考書を買って、こちらは3ヶ月間勉強して2級の試験に合格しました。

簿記の勉強を始めてからというもの、会計まで含めてデータの整合性を意識して設計・テストするようになり、SEの仕事にも大いに役立ちました。

また、社内SEとなった今でも、会計知識を持ったシステム部社員が私しかいない状態ですので、重宝されています
(部長が簿記2級を持っているので、尚更重要性が分かるのでしょう)

スポンサーリンク


簿記1級は会計士・税理士クラスでも合格するのが難しいほどの難関資格で、かつSEはおろか経理担当者ですら実務ではそこまでの知識は要求されませんので、特に勉強する必要はありません。

ですが、簿記2級までは是非勉強し、できれば資格も取得しておくことをお勧め致します
これは、社内SEに転職される方はもちろん、ベンダーSEを続けられる方にも、どちらの仕事にも非常に役立つものです。

全くの無知だった私ですら取得できたのですから、現在簿記を持っていない方も食わず嫌いをせずに、一歩を踏み出してみてください。
たかが数ヶ月の勉強で、他人との大きな差別化要素を手に入れられるはずです。

※下記のテキストは、私が簿記の勉強をしていたときに使っていたものです。(版数はもっと古かったですが)
  「仕訳って何?簿記って何?」っていうド素人状態から独学で3級・2級に一発合格できたスグレモノです。
  これから簿記を始めるという方に、是非おススメします。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
検索フォーム
リンク