転職前の会社の悪行 ~ 人生設計をぶち壊す年俸査定② ~

前回、前の会社で45歳を迎えたときの年俸について書きました。

44歳時と45歳時で100万円ほども年収が下がることにも驚きですが、さらに問題なのはこの後です。

45歳以降は年俸制になりますから、当然毎年度の終わりに翌年度の年俸査定があります。
以下は、ある社員の45歳~50歳の年俸額の例です。

45歳時 : 600万円
46歳時 : 580万円
47歳時 : 550万円
48歳時 : 500万円
49歳時 : 450万円
50歳時 : 350万円


素で死ねます。(泣)

そうです。
45歳を皮切りに退職させない程度に少しずつ年俸を下げていき、50歳を迎えてもう辞められる心配が無くなったとき、さらにドカンと年俸を下げるのです。

な、なんて卑劣な・・・(怒)

スポンサーリンク


住宅ローンは、通常は年齢とともに年収が上がっていくことを前提に組まれています。
また、45歳以降は子供が大学進学や結婚を迎える頃ですから、人生の中で最も出費が増える時期でもあります。

それなのに、前の会社で50歳を迎える頃には、30歳代の頃と比べて逆に年収が250~300万円も下がることになります。
もちろん、その前に役員に気に入られて課長以上に昇進すれば一応回避できますが、確率が低すぎるので期待はできません。

大半の社員は45歳以降に人生設計を狂わされ、そのまま定年まで徹底的に安くコキ使われるのです。
しかも、この間に受賞するであろう「勤続25年表彰」の副賞(旅行券・有給10日間)すらも、役員からの圧力で使わせてもらえないし・・・

昔はこれに加えて追い出し部屋がありましたから、50歳以上の社員はことごとく自己都合退職という名のクビ切りに合っていました。
まぁ、それに比べれば、雇用を維持しているという点で改善はされたとも言えますが・・・

これが、対外的に「当社は人財を大切にする会社です!」などと公言している会社の実態なのです。

尚、リクナビ2018上の企業ページにはこう書いてあります。

『情報システムの品質を生み出すのは、優秀な人財です。 社員一同、技術のみならず、人格の面でも一流を目指します。 』

役員が一番人格的に問題ありますけどね。(笑)

※関連記事はコチラ。
  転職前の会社の悪行 ~ 退職時に有給消化をさせない ~
  転職前の会社の悪行 ~ 名ばかりの勤続25年表彰 ~
  転職前の会社の悪行 ~ ボーナスの出し惜しみ ~
  転職前の会社の悪行 ~ 好き嫌いが最重視される昇進 ~
  転職前の会社の悪行 ~ 人生設計をぶち壊す年俸査定① ~


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク