"ホワイト"なブラック企業を摘発する動き

電通社員の過労自殺問題を受けて、長時間労働を強いるブラック企業への世論の批判は強まっています。

今回のケースで衝撃だったのは、世間一般の認識としてはホワイト企業という認識を持っていた企業が、実態はパワハラ・セクハラ・長時間労働が当たり前の超ブラック企業だったということです。

電通が3回も厚生労働省から受けてた「働きやすい企業」認定なんて、最近の魚群演出並みに信頼度が低いってことが明るみになっちゃいましたね。

今回の事件を受けて、「ホワイトを偽装したブラック企業」の摘発に向けて、全国の労働局が一斉に動き出したようです。

ホントに警察や役所は、問題が起きてからでないと行動してくれない輩ばっかりで辟易しますが、まぁそれでも問題が起きても何もしないよりはマシってところでしょうか。
もちろん、根絶やしにするまで彼らが継続して頑張るとは思えないので、世論の批判を受けてとりあえず見せしめをしておこうって感じでしょう。

ちなみに、私の会社の地方支店のいくつかにも、労働局の監査が入ったようです。
まぁ、うちの会社の場合は、全てのPCにIDリンクマネージャーを導入しているので、特に誰も心配はしていません。
だって、長時間労働させたくても強制的にPCがシャットダウンされてしまいますから、仕組みとして残業のしようがないですから。
(ログも全部残ってますし)

スポンサーリンク


ここで、いつものIT業界に話題を移し・・・

昨年10月に改正派遣法が施行された直後、このときもやはり悪質なITベンダーの何社かが見せしめのために監査を受け、業務停止命令を受けました。
で、それからというもの見せしめも一段落していたので、ITベンダーも胸をなでおろしてきて、「さあ安心して偽装請負や長時間労働をやってやろう」という矢先だったのではないかと思います。

ところが、今回の電通問題で、またも労働局が見せしめ監査に動きだしてしまい、悪質なITベンダーとしては「せっかくほとぼりが冷めてきたのに、余計なことしてくれやがって!」って感じでしょう。

前回の監査は派遣法改正後だったこともあり、二重派遣や偽装請負の摘発がメインでした。
それに対し、今回の監査はパワハラ・セクハラ・長時間労働の摘発がメインになり、かつ「偽装ホワイト企業」対策として監査内容も厳しくなることが予想されます。
(勤怠記録を偽装しても見破られる可能性があります)

今回の監査が大企業だけでなく中小企業まで手が回るのかは分かりませんが、今後の動向を注視していきたいと思います。

※関連記事はコチラ。
  電通新入社員の過労自殺問題について
  社内SEとワークライフバランス
  産業医面談を受けました

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク