今更ですがFacebookって楽しいですか?

Facebookが日本に上陸した直後は、周りでFacebookをやっていない人はいないというぐらい爆発的に流行りました。

それも今は昔。。。
少しずつ人気は下火になり、周りでFacebookを続けている人は次第に少なくなっていきました。

私の場合、スマホを持っていなかったというのもありますが、流行ったちょっと後ぐらいに遅ればせながら登録してみました。
そんなに面白いもんなのかなと興味があったのと、将来的に仕事で使うかもしれないと思ったので。

手始めに、会社の同僚や高校時代の友人がどんなことを書き込んでいるのかを、参考までに見てみました。
第一印象としては・・・

何コレ?馬鹿じゃないの?(呆)

何か、競うようにプライベートの話を書き込んでいましたが、正直どれもどうでもいい話ばかり。
あそこの店おいしかった、今日昼まで寝た、マンガ買いに行ったら発売日明日だった、子供と公園に行った・・・

いや、知らんがな。

まぁ、子供の話なんかは親族から見ると有益な話題かも知れませんがね。
他人から見ると特に興味が無い話です。

ただ、Facebookで苦痛なところは、それらのどうでも良過ぎる話に対して、いちいち「いいね」で反応しなきゃいけないところでしょう。
いや、別に機能的には「いいね」をしなくてもいいんですけど、LINEの既読スルーと同様に「何でいいね押してくれないの?!」って問い詰められそうなんで、半強制的に「いいね」をしなきゃいけないんですよね、コレ。

ということで、私も多くの知り合いから友達申請が来ましたが、ガン無視してさっさとアカウントを削除しました。
だって、こんな無意味なことに付き合って自分の時間を浪費させられるの、耐えられないんですもん。

結局一度も書き込みすることもなく、Facebook生活は1時間足らずで終わりを告げました。

それから数年が経過し、先日ふとFacebookって今も活況なのかな?ということが気になりました。
しかし、中を閲覧しようにも、またアカウントを作成しなければなりません。

実名で登録すると、前回のようにまた友達申請とかが来てウザいことになるかも知れないので、偽名で登録することにしました。
さて、競うように私生活を暴露していた彼らは今どうしているのか・・・

あらら・・・大半が1~2年前の更新を最後に、ぱったり書き込みが止まっていました。
さすがに、不毛なことだということに多くの人が気付いたのでしょうか。

スポンサーリンク


そんな中、ほぼ毎日のように更新を続けているツワモノが2人いました。

1人は私と同い年ぐらいの女性で、高校のときの友達の彼女です。

・「結婚したの。ちょー幸せ!」ってな内容を披露宴の写真を絡めて公開。
・「新婚旅行でXXへ行った。ちょー楽しかった!」ってな内容を旅行先の写真を絡めて公開。
・「子供ができた。ちょー幸せ!」ってな内容を子供の写真を絡めて公開。
・「ちょっと手の込んだ夕食を作ってみた。家族に好評だった!」ってな内容を料理の写真を絡めて公開。

ご丁寧に、プロフィール写真も、ウェディングドレス姿や子供・旦那と一緒に映っている写真などに、マメに変更しているようです。

これが噂のリア充アピールってやつか。

結婚できない人もいるでしょうし、子供ができない人もいるかもしれないので、あんまり幸せ自慢をすると反感を買う可能性もあると思いますが・・・

まぁ、自分が幸せだってことを他人に知ってもらって、羨望のまなざしで見られることに快感を覚えるタイプなのでしょう。
年賀状なんかに披露宴の写真や子供の写真をプリントしてくる人と、心理的には似ているのかも知れません。

私は天邪鬼な性格なので、そんな年賀状が来たら、絶対にその内容には触れてやるまいと決意を固くします。
いちいち相手を持ち上げるのが面倒くさいんですもん。

ただ、この女性も去年の12月を最後に、更新は終わっていました。


さて、ツワモノのもう一人は男性で、私の中学の同級生です。
彼は、TwitterやInstagramからも連携してアップしており、上手く3つのSNSを使いこなしている筋金入りのリア充のようです。

さて、内容は・・・

・いろんな店の料理を写真入りでアップ
・「タバコとジュースが買える自販機を見つけたよ。これ便利だね。」
・「駐車場にニワトリがいた。」
・「ばあちゃんがケーキって言った時はアイスクリームのことだよ。」
・「黒猫がベランダにいた。」
・「正月休み晴れますように。」
・「ウッドデッキの色を塗り替えた。」

どう反応するのが正解なの、コレ?

まだ、先述した女性のようにリア充アピールの方が、「おめでとー!」とか返せるからだいぶマシな気がしてきました。
ちなみにこの彼、現在でも多いときには数時間に1回更新しており、その度に他の人達が「いいね」をしたりコメントしたりしてます。

付き合わされる方も大変だなこりゃ。

ここまでくると、もはやただのかまってちゃんってやつじゃ・・・
周りが仕方なく反応してあげてるのを、もしかすると「俺のネタ面白いだろ。よし、もっとアップしてやる!」と勘違いしているのかもしれません。

ま、いずれにしてもハッキリしていることは、やっぱりFacebookは私には向いてないってことですね。(笑)
(茶番を見るツールとしては楽しめますが・・・)


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク