「出世=幸せ」とは言い切れない時代

先日、新システム関係の作業で朝6時に出社した日がありました。
私は長眠派なので、前日は定時の18時チンで退社しました。

一応、時間的にはたっぷり寝れたのですが、やはりいつもより早い時間に起きるのは辛いものです。
そんなこんなで、眠気眼で6時に出勤して作業をしていたところ、ある営業の部長さんが出社してきました。

時間は・・・6時半!?

いや、前の会社でも毎日早朝に出勤する人はいました。
その人は、「出勤ラッシュを避けるため」と「静かな時間帯に仕事したい」という理由から、毎朝7時に出勤していました。
が、帰るのは大体19時、遅いときでも20時には退社していました。

それに比べてこの営業部長さん、毎日退社するのは早くても21時頃です。
(私も遅くまで残業しているときは毎回見かけます。)

それなのに6時半に出勤してくるとは・・・
もちろん体も心配ですが、短眠派ならまぁ問題無いかもしれません。

しかし、家族とは一体いつ顔を合わせてるんでしょうか。(土日だけ?)

その部長さんは私とほぼ同い年(私が1つ下)なので、結婚して10年ぐらい・子供は小学生ぐらいと推測できます。
別に、父親はいてもいなくてもいい存在なのかな?

もちろん、土日にその分家族サービスしているということも考えられますが、なにせ営業部長です。
ご他聞に漏れず、土日はゴルフ三昧だったりします。

私はこの部長さんとは直接話したことはありませんが、たまたま一昨日ぐらいに私と管理部でやっていた打ち合わせに割り込んできて、管理部の人に噛み付いていたことがありました。
そのとき初めて、間近でお顔を拝見しました。

なんと疲れきった顔をしていることか。(泣)
なんと言うか、余裕が無いというか、追い詰められている感じが・・・

遠くから見ると童顔で若々しい感じなのですが、近くで見ると肌はボロボロで目に深いクマがあり、目に生気が感じられません。
そう言えば、この人が笑っているのを、もう何ヶ月も見ていないような・・・

私と同い年ぐらいで部長にまでなっている人ですから、営業マンとしては間違い無く優秀な方なんだろうと思います。
しかし、部長という職位の特性上、曲者ぞろいの会長・社長・専務から無理難題を言われ、かつ部下は自分と同じように優秀な人ばかりではないでしょうから、思い通りに成果を達成できないというジレンマがあるのかもしれません。

実際、毎週月曜に行われる全体朝礼での報告内容も、期が始まったばかりだというのに、既に予算と実績に乖離が出ている状態だったりします。
そのリカバリーを、たぶん経営層に要求されているんでしょう。

スポンサーリンク


今や、多くの会社で「出世=幸せ」ではなくなってきており、むしろ「出世=貧乏クジ」なケースが散見されます。

責任は当然劇的に増えますし、それに応じて給料も上がるかと思いきや、年俸制になることによって残業代がカットされるため、一般社員の頃とほぼ年収が変わらない or むしろ下がることもあります。

前の会社では、社長がよく社員に「課長・部長を任せられる人材がいない!もっとハングリー精神を持て!」と喝を入れていましたが・・・

こんな状況でハングリー精神なんか持てるわけねぇだろ、馬鹿。

実際に、前の会社では残業代が青天井に支給されていましたので、課長に出世したとたんに「給料が下がった」とボヤく人が続出しました。

私も転職してから肩書きだけは課長代理になりましたので、残念ながら年俸制です。
ただ、責任は一般社員と同等なので、割と気楽です。
給料相応ってとこでしょうか。

前の会社や今の会社で部長・課長の人達を見る限り、実は今の立ち位置が丁度いいんじゃないかとも思っています。
責任は部長・課長に持ってもらって、私は好きな仕事を楽しくやると。
まぁ、たまに余計な仕事を持って帰ってきやがるのがたまにキズですが・・・

これからの時代は、昔と違ってガツガツ出世するのは必ずしも正解とは言えません。
ある程度ユルい生き方のほうが、かえってストレスも少なく、公私共に充実した生活を送れるのかもしれません。


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク