退職時の引きとめ

会社を退職する際、上司からの引き止められ方は人それぞれだと思います。

私の場合は、6月初旬に退職の旨を直属の上司である課長に伝えましたが、その直後に、昔の上司だった取締役から電話がかかってきました。
その日の夜に、私の自宅の最寄駅で飲むことに。

そして、19時から店に入り、説得されることなんと7時間。(泣)
自宅の最寄駅を指定してきたのは、終電を理由に帰さないためだと気付いたのは、24時頃になってからでした。

引きとめ文句としては、大まかにはこんな感じのことを言われました。

・「もっと大手のSIerに行くんだったら応援したのに」
・「社内SEなんて、所詮コスト部門なんだからやりがいなんて無い」
・「うちの会社ほど社員のことを考えている良い会社は無い」
・「君ならきっとうちの会社の将来を担える。他の役員も皆そう言っている」
・「何かうちの会社が改善できることは無いか?」


などなど・・・

スポンサーリンク


転職後の不安を煽りつつ、自分の会社の良いところを吹き込むって感じです。
ま、こんなことで揺らぐんだったら、始めから転職活動なんてやってませんがね。

一説によると、退職時に社員を引き止められる確率は、かなり低いそうな。
その役員にしても、社員が辞めるのは当然星の数ほど経験してきているわけですから、上記のような言葉は常套文句なのでしょう。

ちなみに、上記の中で最も危険なのは、
 「何かうちの会社が改善できることは無いか?」
です。

これは、万が一改善点を話し、それを会社側に改善されてしまうと、
 「じゃあこれで君が退職する理由は無くなったね」
ということになってしまいます。

なので、仮に「改善する点は無いか?」と聞かれても、「何も不満はありません」と頑なに答えるようにしましょう。

引きとめ時は、色々と魅力的な条件をここぞとばかりに出してきます。
が、もし引きとめを飲んだとしても、待遇が良くなるのは一時的なものに過ぎません。

一度退職を口にした社員は要注意扱いされ、基本的に重要度が下がります。
なので、一時的に条件を良くしたり不満を改善してガス抜きをしたら、その後全てが元の状態に戻ります。

私の場合は、後日常務が説得にきて、取締役とほぼ同じ内容を言ってきました。
このときも、「何も改善してほしいところはありません」の一辺倒で乗り切りました。

皆さんも、退職を決心したら、強固な意志を持って引きとめに臨むようにしましょう。

退職の意思を会社に伝えた瞬間から、もはや前に進むしかないということです。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク