責任逃れ以外に何も仕事をしていない日本政府

そもそも、責任逃れが仕事なのか?っていう気もしますが、それはともかくとして。。。

首都圏においてコロナ新規感染者数が激増していることを受けて東京・埼玉・神奈川・千葉の4知事が、昨日日本政府に緊急事態宣言の発出要請をしました。

あーあ、やっぱりこういう状況になっちゃったか。
Gotoで一時的に潤ったっつっても、これで元の木阿弥。
結局もっと酷い状況になっちゃうな。

・・・と思ったら、ガースーは知事と会談することすらも逃げ、結局4知事は西村氏に要請を行うことになったようで。

ホント使えねぇな、ガースーの野郎は。(呆)

責任は西村氏と専門家会議に丸投げってか。
で、西村氏も当然自分では決められないので、「まずは特措法改正を検討します」っていう回答でお茶濁し。

オイオイオイ、ちょっと待て。
特措法に問題があることなんて、第一波の緊急事態宣言時に既に指摘されてたのに、1年近くも時間があって何も検討してこなかったのかよ。

今から特措法改正の検討に入るってことは、それでまた数ヶ月時間稼ぎして、その間に状況が何となく良くなってくれればいいなっていう、いつもの他力本願か。

で、めでたく特措法が改正された頃にはコロナが収束していて、緊急事態宣言を出す必要もなくなったね・・・てな青写真を描いてるのかな?

めでたいのはお前らの頭の中だってんだよ、馬鹿。



まぁ、4知事からすると、「我々は要請したけど国が動かなかった」という既成事実は作れたので、この点において責任を問われることは無くなったわけで、それだけでも今回の会談は成功と言えそう。

あとは、自治体独自で緊急事態宣言を出すかどうかの判断は今後もつきまといますが、「国が動かないから独自にやった」というように、あらゆる点で国を悪者にできるので、自身のイメージダウンにはなりません。

結局、政府は責任逃れをできたように見えて、今後もずっと世論から悪者扱いされる道を選んだことになります。
実は逃げて逃げて逃げた先は断崖絶壁だった・・・っていう状況に追い込まれただけ。

人間には、未来を予測して先手先手を打つ能力が等しく備わっています。
が、ビビッてそれを使わないでいると、他人に先手を打たれて自分が追い込まれるっていうのは、人生のどの局面でも起こりえること。

さらには、記者会見に専門家を同席させ、記者からの質問に対して自分が答えず、専門家に答えさせるっていう醜態もさらしました。
そんなことやってんの、日本政府だけよ?
国のトップが自分の言葉でメッセージを伝えられないなんて、恥ずかしいったらありゃしない。
(あれ、「ガースーです」なんかよりもぶっちぎりで恥ずかしい行為なんですが、自分で何とも思わなかったのかな?)

二階の後ろ盾を失いたくないっていう思惑があるにせよ、今までどういう人生を送ってきたかっていうのが、透けて見えるってもんです。
まぁ、政治家ごときに中身を期待する方が無駄か。

Gotoを止めないにしろ、緊急事態宣言を出さないにしろ、別にそれでもいいんですよ。
だって、経済を止めないことだって同じぐらい最優先事項ですから。
そもそも、どっちが正解だったかなんて、結果が出てからじゃないと判断できません。

自身に確固たる信念があるなら、「Gotoは決して止めません!」「緊急事態宣言はもう出しません!」と言ってもらって構わないと思います。

それで貫き通してもらった方が、ブレッブレで急に方針転換されるよりも、ずっと先々を計算しやすくなりますから。
また、経済へのダメージが深刻である状況も国民に浸透してきてますから、経済優先の方針に賛同する人も相当数いるはず。

結局、首相就任後に一貫しているのはどっちつかずの態度だけなので、命優先・経済優先のどっちの考え方の人からも無能扱いされてるってことに、気付かないんでしょうか。

さて、会談の結果は先述の通りなので、緊急事態宣言が出るとしても、首都圏が独自に出す感じになりそうです。
効果が疑問視されていますが、少なくとも経団連に属している大手企業は従うでしょうから、それだけでも人出はかなり減少するはずです。
ただ、入試の時期なんで、学校とかも休校にするのかっていう課題はありますが、、、

いずれにせよ、また直前でブレて方針を急に変えるっていう痴態だけは避けてくれることを期待しましょう。
(ホント、何回同じミスを繰り返すんだって話なので・・・)

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

《ロストフラグ》正月ガチャの結果(微妙・・・)

今月から、またまた新キャラと新鏡が実装されました。

よくもまぁ、次から次へと思いつくもんだ。(苦笑)

そんなことよりも、さっさとメインストーリーを進めて頂くか、フルボイス化を行ってほしいんだが・・・

今月登場したのは、メインストーリーキャラであるスズリ・クゥランの正月バージョンと、鏡「明けて揺蕩う残り夢」。
どれもこれもバランス崩壊レベルで、毎月イベントが開催される度に、初期の頃に実装されていたかつての高性能キャラや鏡たちがどんどん型落ちになっていく。。。

百式かよ。(笑)

尚、ログインボーナスで宝珠が沢山配布されたので、先日10連を回したばかりの私でも、イベントクリア報酬の宝珠も合わせて20連分を引けるだけの宝珠がすぐさま貯まりました。
まさにお年玉。

これに、イベントポイントで交換する英傑結糸×10個を追加。
よし、じゃあ今年の運勢を占うおみくじ的意味合いもこめて、合計30連でガチャを回してみましょう。


まず、最初の10連目。

虹昇格演出は無し。
結果は・・・

虹蝶ゼロ匹。(汗)

ま、まぁ、こんなこと珍しくもなんともないんですけどね。
一応、イベント特攻の銀鏡「味見良し」はゲットしました。


気を取り直して、20連目。

虹昇格演出が出ました。
10連で回したときに見たの、これが初です。(笑)

結果は・・・
虹蝶×3匹。

いよっっっっしゃああああ!!!
これは来た、、、来たやろ、、、

一匹目。
鏡「今宵の奉仕は」

うわぁ・・・まぁ、有用な鏡だから別にいっか。

二匹目。
鏡「表情豊かな君が好き」

ちょ・・・おま。。。
既に4突のやつを持ってるので、正直もう要らない子。

ラスト三匹目。
鏡「明けて揺蕩う残り夢」

あっっっぶねえええぇぇぇ・・・
いやー、良かった良かった。
二匹目までの流れだと、もう何にも出ないかと思ったわ。



悪くない流れの中で、最後の30連目。

虹確定演出は無し。
しかし、虹蝶は一匹出現。

キャラじゃなくても、「明けて揺蕩う残り夢」(2個目)でも全然オーケーよ。
先月引いたリズエル・ウンケイ・ナトリイトリ・ゲンジマルのおかげで、新キャラを引いたところでもう成長素材が尽きてるし。

鏡「黒仮面の義侠」

・・・・・・・
お、おう。
ま、まぁ持ってないやつだから、別にいいか。。。
どうせなら、20連目の「表情豊か」の代わりに出てきて欲しかったけども。


とりあえず、年明け初ガチャで最低限の収穫はありました。
その後、10連に満たない余った英傑結糸で、単発ガチャをチビチビ回してみる。
そのうちの1個が・・・

鏡「明けて揺蕩う残り夢」

おお、ラッキー!
どうせ何も当たらんだろうと思って演出もスキップしてたところへの、まさかのサプライズ。


ということで、キャラは2人とも出ませんでしたが、無事新鏡を2枚ゲットして、上々の滑り出し。

あと、先月末から開催中の降臨祭について。
レベル55報酬でもらえる降臨祭結糸×5個を目指して、ひたすらステージ周回を繰り返してましたが、先ほどようやくレベルが55になりました。
(いや~、、、大変な作業やったわ・・・)

こいつで、先月引けなかった新鏡「紡ぎ舞う連環」を狙います。

単発ガチャをポチポチ・・・
なんと、そのうちの1個で、金鏡を引き当てました!!!

いよおおおっっっしゃあああーー!!
自分の引きの強さが怖くなります。(苦笑)
スマホの前で思わずガッツポーズ。

鏡「また春が来る」

・・・は?
う、う、うそやん。。。
完璧なお膳立てやったのに。(泣)

決定機を外したエースストライカーのように、頭を抱えてうずくまる。。。
まさか、歓喜のガッツポーズから、失意のどん底に突き落とされるとは。


これにて、新春ガチャは終了。
降臨祭はもう引けないので、残念ながら「紡ぎ舞う連環」は諦めます・・・(泣)

ちなみに、先月リネットを引いた後にヌルゲー化した事態を受けて、少し縛りを入れることにしました。
それは、「同じ鏡は1個しか保持しない」ことです。

鏡は2枚目以降をあえて限界突破に使わずに、複数枚所持していた方が有用なケースが多いことは、周知の事実。
例えば、気力上昇・下降系の鏡は、複数枚装備させればさせるほど効果が乗算でUPしていきますし、ウンケイに大社の姫君を2枚装備させてから後ろにフミルィルを置くと、ウンケイがほぼ落ちることは無くなったりします。

ただ、負けるリスクがほぼ無くなるので、面白いかと言われると微妙なところ。
なので、今回引いた「今宵の奉仕は」「また春が来る」は、迷いなく限界突破に使い、複数枚所持しない状態にします。
(と言うか、もうしました)

「表情豊か」は4突のものを持ってるので、ちょっとどうしようか迷いましたが。。。
売るのはさすがにもったいないので、レベルを上げずに放置し、戦闘では使わない方針とします。

ま、正直この程度の縛りでも、気休め程度にしかなりませんけどね。(苦笑)
(それぐらい、個々のキャラや鏡が強くなりすぎてる)


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

老害に政治が牛耳られている日本、もはや完全に詰み

日本政府の一連のコロナ対応を見ていて思うこと。
もはや、あの糞老人どもに何かを期待するつもりなど毛頭無かったんですが、ある意味人類の限界にチャレンジしてくれている気がします。

人間って、際限無く無能になれるってことを。

だって、驚きませんか?
普通、一握りではあるにせよ、どんな職場にも優秀な人がいるものです。

なのに、与野党含めて、まさか無能な老害オンリーで日本の政治が牛耳られているとはね。

国民から見ていると誰しもがそう思うわけですが、困ったことに彼ら自身は、自分のことを有能な部類だと思っているらしいのが、また面倒なところ。
権力の中枢に長年居座っているためか、変にエリート意識や選民意識が強いんだよね。

また、たまに志有る人がこの状況を変えようと政界入りしようとしたところで、もはや決して変えられないように仕組みが構築されてしまっているという・・・

今に始まったことではないですが、こりゃ完全に詰んだな。(汗)

ただでさえ世界からどんどん後れを取っているというのに、この1年で日本の国力は見違えるほど低下しました。
公的資金が流入しているためか、株価だけがこれに逆行して上がり続けていますが、公的資金が流入した時点で日経平均株価は経済状況を図るバロメーターとして機能しなくなっています。

尚、仮にワクチンが普及して安心して過ごせるようになった後、つまりアフターコロナについても、国力は決して戻ることはありません。
日本のコロナ対応が後手後手に回っている間に、他国、とりわけ中国や台湾などはいち早く立ち直っています。
なので、コロナ前の状態でも元々他国に圧倒的にリードされていた状態なのに、アフターコロナは言わば最後尾からスタートするようなもの。
業務合理化やIT化も遅れに遅れている日本が、この致命的な遅れを取り戻せるわけもありません。

恐らく、10年後には日本は先進国どころか貧しい国の仲間入りを果たし、中国や欧米などから低賃金の労働力とみなされ、「オフショア先」として使われるような未来が待っていると推測されます。



ところで、漫画家の小林よしのり氏は、ゴーマニズム宣言で再三世間とは逆張りの主張をし続けています。
で、当初、その拠り所としていたのが、スウェーデンのコロナ対応です。

スウェーデンは、第一波のときから集団免疫を是とする政策をとっており、感染拡大している最中でも他のEU諸国と違ってロックダウンは行いませんでした。
また、マスク着用や消毒を強制せず、コロナ前とそん色ない生活様式で国民も行動していました。
それにはスウェーデン人の死生観による面も大きいわけですが、この対応がどういう結果になるか、世界中で注目されていました。
もしかすると、この政策が正解かもしれないからです。

が、先月、スウェーデン政府はそれまでのコロナ対応が「失敗」だった認め、方針転換を発表しました。
スウェーデン人の死生観をもってしても、あまりにも死者が多すぎたためです。

そうは言っても、誰もスウェーデン政府を責められたものではありません。
そもそも、どんなウィルスかは今でも分からない部分が多いですし、何が正解かなんて、4月とかの時点で分かるはずもありません。

ただ、明確に「政策が失敗だった」と認めるところが、素晴らしいと思います。
いや、当たり前のことなんですけどね。

日本政府が失敗を認めたのって、私が生まれてからというもの、一度も無かったのではないでしょうか。
割と最近の話でいくと、原発対応や中国領海侵犯対応、そして今回のコロナ対応。

人間は基本的に間違うものなのに、なぜ誤りを誤りと認めることができないのか。
単に、それを次に活かせばいいだけなのに。
エリート老害は、たった一度のミスも許されないものなんでしょうか。

ま、真に有能な人なら、判断ミスや決断遅れも含めて、誤りは全て自責とするものです。
自責と認識するからこそ、次に同じミスをしないためにはどうするかを真剣に考え、それを実践していくことでさらに優秀になっていくわけですから。

なので、「誤りを認めない人 = 無能」となり、国会議員はすべからく、「自分のことをなぜか有能だと思っているが、実態は無能な人の集団」となります。

さて、スウェーデン政府が誤りを認めたことで、拠り所が無くなった小林よしのり氏は、果たして考え方を変えるのでしょうか。
ま、もはやコロナ対応に関する持論を特集した単行本まで発売しちゃってますから、さすがにもう後には引けないでしょうが。(笑)

まぁ、世論と同じ考え方で書き物を書いたところで目立ちませんから、世間とは逆張りした方が本が売れるであろうことは想像に難くありません。
なので、案外このまま突っ走りそうな気がしますが、スウェーデンを成功例として使えなくなった今、今後は何をどう主張するのか、ある意味見ものですね。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク