職業の価値は常に『時価』。CAも例外ではない

コロナ禍において大打撃を受けている航空業界。

先日発表された通期業績予想によると、ANAは5,100億円の赤字、JALは2,700億円の赤字になる見通しとのこと。
国内最大手の2社が、たった半年でまさかの瀕死状態に陥っていることが分かります。

参考までに、前期1年間の業績を見てみると、経常利益ベースでANAは約600億円の黒字、JALは約1,000億円の黒字でした。

つまり、ANAについては、過去8年間ぐらいでせっせと稼いできた儲けが、たったの1年で全て吹き飛ぶことになります。
JALはANAに比べるとまだ傷が浅いように見えてしまいますが、それでもたったの一期で2,700億円もの赤字が出るって、はっきり言って死活問題ですからね、コレ。

これを受けて、2社の経営者は、早々にリストラに着手。
飛ばなきゃただの金食い虫でしかない航空機を売却したり、CAを色んな会社や自治体に出向させてみたり。

ただ、それに異を唱えるCAさん達がいるとのこと。

『CAが「アンテナショップ」に派遣…社内から「非難轟々」の日本航空』

ちょっと待て。
それはいくらなんでもワガママすぎるだろう。(汗)

社会インフラの一旦を担っているANAやJALが潰れることは、恐らくないでしょう。
税金を投入してでも、会社を維持させるはずなので。
ただ、潰れないのは、あくまで会社の話。
そこで雇用している従業員たちまでそっくりそのまま雇用や給料が維持されると考えていることが、はっきり言って世間知らずの甘ちゃんです。

環境が変われば、職業の価値も変わります。
つまり、職業の価値は相場制であり、常に時価によって決まっているということ。
現在の航空業界の環境でいくと、需要に対して人員が過多であるCAの価値は大暴落していることを、まずは認識すべきです。

パイロットと待遇が違う?
何を当たり前のことを。
専門性が高い技能を持ち、育成に長い年月がかかる希少なパイロットと比較すること自体が、おこがましい。
まぁ、もちろんパイロットも、全てコンピュータ制御の時代になったら、無価値になるわけですが。



CAの業務内容を、もう一度見つめ直してみてください。
 ①乗客の案内
 ②荷物棚のチェック
 ③機内販売
 ④無料ジュース配り ※このときなぜか着替える(笑)
 ⑤スマイル
 ⑥厚化粧


少なくとも、我々客の目から見えている業務は、こんなところが精々です。

批判を承知で敢えて言わせて頂きます。
こんなこと、練習すれば誰でもできる仕事です。
なぜこれで、そんなにプライドが高くなれるのかが分かりません。

もし、飛行機がしょっちゅう事故を起こすような乗り物で、CAはそこそこリスクが高い職業だ・・・というなら話は別ですがね。
(逆に尊敬します)

で、飛行機の利用客が激減している現在、そしてこれからのことを考えると、CAは不要とまでは言わないまでも、人員は大きく削減すべきで、リストラ対象の筆頭とも言える存在です。
にも関わらず、他社への出向や、各地のイベントの手伝いなどをやってもらって、何とか雇用を維持しようとしてくれているわけです。

冷遇どころか、超破格の待遇なんですよ、コレ。(呆)

「アンテナショップで働くという話も出ていますが、販売のプロでもないCAをいきなり現場に投入して、効果が上がるとは思えない。コンパニオンをさせるつもりか、という声すらある」

『効果が上がるとは思えない』ではなく、『効果を上げるにはどうするか』を考えられないんでしょうか。

あまりにも危機意識に欠如しており、主体性に乏しい発言です。
自分に向いていない・やりたくない仕事だろうが、泥水をすすってでも効果を上げて売上に貢献しないと、今度こそ本当に職を失うことになるってことが分からないのか。

「コンパニオンをさせるつもりか」だと?
コンパニオンを下にでも見てるのでしょうか。
だったら、そのコンパニオン程度のことは、有能なCAさんからすると、当然簡単にできるんですよね。
逆に、そこから何かを学び取ろうという気概も無い人間が、この先必要とされる機会があるとでも思っているのか。

「馴染みの薄い地方に派遣され、全く新しい仕事を割り当てられるのに、手当などは支給されないこと。」

手当だぁ?
給料が出るだけでも有難く思わないといけないほど会社が追い詰められてるっていうのが、分からないのか。
しょうもない業務内容で好待遇だったことが異常なんですよ。
実際、海外ではブルーカラー扱いなんですから。

そんなに色々文句があるなら、現場のCA達で知恵を出し合って、新しい事業案を経営陣に提案してみたら?
対案も無しに、会社側が色々と手を焼いてくれるのを受け身の姿勢で待っておきながら、いざそれが意に沿わないものだったら不平不満を言うとかさ。。。

いつまで景気が良い時の脳ミソでいるんだか。(呆)
とっくに終わってんだよ、そんな時代は。
この半年、ロクに乗務が無かった状況が続いていたってのに、何も考え方が変わっていないことが驚きです。

対案も無し、かと言って会社の方針に従う意思も無し。
なら転職すれば?

まぁ、転職するったって、世界中で航空業界は死に体ですから、CAとして転職することはほぼ絶望的。
あとは、航空業界以外の企業に転職するかですが・・・

正直言って、CA出身の方って、普通の企業だと使い物にならないんですよね。(苦笑)
CA時代に身に付けたものと言えば、前述の通り誰にでもできるような作業なので、前職の知識やノウハウを活かせる業務がありません。
なのに、無駄にプライドだけが高いので、扱いにくいったらありゃしない。
英語力はあっても、それだけじゃああまりにピンポイントすぎます。
それに、最近だと外国人が日本語も英語もペラペラなので、わざわざ英語力のためだけにやる気のない日本人を採用する必要性も薄れています。
(外国人の方が優秀かつ仕事に貪欲で、覚えるのも早い)

・・・と、色々と批判的なことを書きましたが、今回の現代ビジネスの記事のようなCAさんは、ごく一部の意見でしかないことを期待します。
私がCAなら(まず有り得ないが)、JALの新事業「ふるさと応援隊」は、チャンスと捉えますけどね。
そのイベント等で人脈を広げれば、転職の道が見えてくるかもしれないので。

世間にはいきなりリストラされる人達がゴマンといる中で、少なくとも雇用が維持されたまま色々と考える時間や学ぶ機会が与えられているわけですから、せっかくなので前向きに取り組んでみた方が良いかと思いますよ。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

《ロストフラグ》無償ガチャでオシュトル引けた(恍惚)

ロストフラグを始めてから約4ヶ月。

9月初旬頃に引いたカルラを最後に、その後はパッタリと★3キャラが引けなくなり、さすがに最近はちょっと飽きてきてました。(苦笑)

いや、正確には、10月中旬頃に引いたガチャで、★3キャラが出たんですよ。
★3キャラが引けたときの扇の演出が出たときは、もうドキドキが止まりませんでした。

ワクワクしながら扇が少しずつ開き、登場したキャラはなんと・・・

カルラ。

ぷっぷっぷっ、ぷっコロス!!(怒)
まだまだ引いてないキャラの方が圧倒的に多いのに、なんで数少ない保持キャラとカブるんだよ。
さすがに、このときは心が折れて、もうやめようと思ったなぁ。。。

その後も、スキル盛り盛りのバランスブレイカーキャラが時期限定で登場し続けましたが、無償ガチャのみではカスリもしませんでした。

やはり、万単位で課金しないと引けないものなのか、、、(汗)



そんなこんなで、迎えた10月下旬。
アプリ公開一周年が到来し、ついにファン待望のオシュトルが実装されました。

原作でのキャラ自体の魅力もさることながら、コイツもスキルてんこ盛りのバランスブレイカーです。

Youtubeでは、早速有償ガチャでオシュトル獲得のチャレンジ動画がいくつも公開され、最終的に無事引けた人もいたり。

いいなぁ。。。(羨)

しかし、射幸心をあおられて、一度でも課金してしまうと歯止めがきかなくなることは明白。
ここはぐっと我慢です。
まあ、対人機能があるわけではないので、他のゲームみたいにレアキャラのひけらかし合い的なことは発生しないのが救いか。

というわけで、その間もチビチビ配布される無償宝珠をコツコツコツコツ貯め続け、今朝ようやく10連ガチャ分の数が貯まりました。

カルラカブりの悪夢もあったので、あまり期待はせずにガチャ実行。

・・・おっ?
マジか、扇が出た!
贅沢は言わん!もうこの際、誰でもいい!
誰でもいいから、とにかく持ってないやつが出てきてさえくれれば、、、

扇が少しずつ開き、出てきたキャラはなんと・・・

オシュトル!!

ウオオオオ!!!(歓喜)
マジか、マジなのか?!
100連でも出ない人がいるほど渋いのに、まさかの無償ガチャ10連で引けるとは!

今までキャラがロクに引けてなかったため成長素材はたんまり余ってたので、すぐさま契約レベル9&覚醒レベル4に成長させ、早速パーティーに組み込んでみる。
(ちなみに、スタメン落ちしたのはクロウ)

つ、つ、強ええええぇぇぇ。。。(驚愕)
今までの苦労は何だったのかって感じのバランス崩壊ぶり。

しかも、その後にオシュトルと対戦した花札で、あっさりと五光を達成。

なんつー神がかった引き。
なんにせよ、これでしばらくは何も引けんでも不平不満は言うまい。(笑)


<現時点のスタメン>
 オシュトル (OUT クロウ)
 ミカヅチ
 カルラ
 水着ミナギ
 水着ルルティエ

※後々気付いたんですが、8月限定のミナギとルルティエを両方引けたこと自体も奇跡的だった模様。。。(苦笑)

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

鉄道会社が変動運賃制を導入したら、さらに鉄道離れが加速する

コロナ禍で電車通勤が問題視され、テレワークが少しずつ広まりつつある昨今。

ま、そうは言っても、11月からは朝の乗客が一気に増えた印象がありますので、恐らくテレワークを解除し始めた会社が増えているのではないかと思われます。

たぶん、キッカケになったのは、伊藤忠商事の「テレワークしない」宣言に後押しされた形なんでしょう。
そんなにテレワークが嫌だったならさっさと止めれば良かったものを、結局誰かが最初に動き出すまで決断できない会社が多かったということでしょう。
(「天下の伊藤忠商事もやってるから」という大義名分が欲しかっただけかと)

さて、そうは言っても、乗客数はコロナ禍以前に比べると激減していますから、鉄道各社はどこも業績が悪化しまくっているのは、周知の通り。
この状況を受けて、JRや私鉄では、時間帯ごとに違う運賃を適用する「変動運賃制」の導入を検討しているとのこと。

「通勤ラッシュ時に高くなる? JR「変動運賃制」導入への課題は...」

あのさぁ。。。
業績が落ち込んでるから、何とかしたい気持ちは分かるよ?
分かるんだけど・・・

時間帯別運賃の導入は、さすがに勘弁してもらえねぇかな。(呆)



ちなみに、この件については、7月に初めて話題が出たときにも触れました。

「JRの時間帯別運賃など、それこそ愚策中の愚策である」

てっきり、会見で聞かれたから1つの案として回答してみただけかと思ったら、本気でやるのかよ。
こんなもん導入したら、さらに鉄道離れが起きるってことが、分からないのかね。

ピーク時の運賃を高くして、それ以外の時間帯の運賃を安くする?
そうすれば、乗客は安い時間帯の便に流れるから、1便あたりの密状態を緩和できるはず・・・とな。

ハッキリ言おう。
馬鹿か、お前らは。

どの便に乗るかは、個人の裁量に任せられているようで、任せられていません。
結局、会社や学校が、始業時間を大幅にずらさない限りは、運賃がどうなろうが今と同じ便に乗らざるを得ません。

大体、朝の通勤ラッシュ時に乗る人の大半は、社会人だろうが学生だろうが、定期を買っているはずなので、時間帯別運賃は関係ないはず。
それとも何か?
冒頭の記事に書かれているように、定期券まで時間帯別のものを本気で発行するつもりか?

通勤交通費の支給手続きが煩雑になることで総務部門の人件費が増大し、かつ移動交通費の精算手続きが煩雑になることで、営業マンや経理部門の人件費も増大します。

なので、少なくともデスクワーク中心の会社員に関しては、テレワークの流れが加速するでしょう。
せっかく、伊藤忠商事に追随して、テレワークから出社勤務に戻す企業が増えてきてるのにね。

なにせ「何月何日に乗ったか」だけでなく「何時に乗ったか」まで入力しなければ正確な経費精算ができないとなると、経費精算システムを導入していても、精算申請者の手間は絶対に省けませんから。

やっと日本全体がIT化や無駄な業務の廃止に動き始めている最中、時間帯別運賃はそれを逆行させる施策であり、多くの会社は「業務で電車を使うこと自体にムダが多い」と考えるようになるでしょう。

と言いつつ、社内SEの身としては、もしもこれが導入されたときのシステム対応の方法を考えておかなければなりません。
おおめんどくさ。
せめて、交通系ICカードが、もうちょっと入退場履歴を多く蓄積できるようにならないもんかねぇ。。。
(現在の10履歴じゃ、営業マンは全然足りないので)

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク