「夜の街」も確かに困りものだが・・・

ここ1~2週間で、東京のコロナ陽性者数は増え続け、地方にも拡散の兆候が見られるようになってきました。

発端は、歌舞伎町でのいわゆる「夜の街」でクラスターが発生したこと。
まぁ、休業要請を解除して経済を回す選択をしたわけですけど、正直もうちょっとうまくやれよって思います。

接待を伴わないようにすると商売にならないっていう考えなのかもしれませんが、どの業態もみんな知恵を絞って、できるだけ自分の店で感染が拡大しないように対策しながら営業しているんですよ。
なのに、コロナ前と同じように酒飲んで至近距離でマスク無しで会話するとかさぁ。。。

はっきり言って、4月・5月にすっかり悪役になってしまったパチンコ業界よりよっぽど悪質です。

パチンコは所詮台に向かって黙々と打つだけですから、実は感染リスクは低い業態なんですけど、日頃の世間のイメージが悪いためか、見事に民衆のガス抜きに利用されちゃいましたね。。。
(別に、パチンコ屋の肩持つわけじゃないけど)

酒を提供する業態については、飲酒によって理性のタガが外れてしまうので、店側は特に注意が必要なはず。
なのに、感染防止策を怠って、かつてのパチンコ業界のように「国民共通の敵」扱いになっちゃったら、世論の圧力でまた休業要請が出てしまうであろうことは明白です。

ま、パチンコ業界にしてもキャバクラやホストクラブにしても、個人的には無くなっても何の支障もないんですけどね。(笑)
ただ、一部のおバカな店の行いによって、ちゃんと対策をしている店まで包括的に批判の的になってしまっているのは、さすがに不憫だと思います。



池袋でも夜の街関連で感染が拡大していることを受けて、本日豊島区が独自に休業要請を出す方針であることを発表しました。
ただ、前述したように、ちゃんと対策した上で営業している店の方が圧倒的に多いので、休業要請を出すのは「クラスターを発生させた店に限定」するというのは、良いやり方だと思います。

こうすることで、真面目に対策を講じていない店に対するけん制にもなりますし。

こうして、感染拡大の諸悪の根源 = 夜の街 みたいな風潮になってますが、、、
個人的には、「テレワークできてたのにテレワークを解除してしまった企業」も、同じぐらい悪質だと思っています。

これは、言ってみれば感染対策を何も講じていない飲食店と同じ。
満員電車で社員を通勤させ、同じ場所に集めてそれらの社員に仕事をさせ、会議も当然対面でやることになるわけです。

当社にしても、基本的に出社時は全員マスク着用が義務付けられてますが、喫煙者などは普通に複数人で誘い合わせてタバコ休憩に行ってるので、ほぼ意味はありません。
みんなで一緒に行くということは、喫煙所でタバコを吸いながら雑談することを目的としていますから、それはつまりマスクを外した状態で密室内で会話するということです。
また、昼食も複数人で一緒に行ったりすると、やはり同じことになります。
(役員クラスがこの程度の意識だったりするんですよねぇ。。。)

そんなわけで、休業要請も結構なんですが、それよりもまず企業に対してテレワーク要請を強めに出してほしいところです。
ま、私が在宅勤務に慣れきってしまって、もう会社に行きたくなくなっている面も否めませんがね。(笑)

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

JRの時間帯別運賃など、それこそ愚策中の愚策である

緊急事態宣言とともにテレワークもセットで解除してしまったお馬鹿な会社が多々存在する一方、それを差し引いても電車の乗車率は以前には程遠い状況が続いています。

ま、コロナ禍以前は、満杯状態なのにさらに押し込みながら乗り込んでくる人がいる状態でしたから、今思うとそんな状態で毎日通勤してたことが人間として異常だったとも言えます。

電車通勤する乗客の立場からすると、今の状況は以前から比べると格段に快適になったわけですが、JRの経営者からすると運賃収入が激減しており、戦々恐々っぽい。

『JR東日本、あの手この手の運賃値上げ、時間帯別も検討』

客数が激減しているわけですから、運賃値上げ自体はまぁ受け入れるしかないかもしれません。
まずは、運行本数を減らして、1便あたりの乗車率を上げることから始めるでしょうけども。

でも、そうなるとテレワーク化とかでせっかく超満員状態が解消されたのに、また超満員状態の便が増加してしまうことになり、コロナ対策と矛盾した方向性に向かって行ってしまいます。
また、そんな状態になると、テレワークに二の足を踏んでいた企業もテレワーク化を推進するようになり、ますます電車通勤する人が減りそうな気もします。

また、便数を減らしたり運賃を上げたりすると、営業マンなどは客先訪問時や帰社時の利便性が著しく低下し、かつ移動交通費によって利益を圧迫してしまいますから、わざわざ電車を使って対面訪問する頻度が減少するかもしれません。
(超重要なこと以外は、WEB会議で済ませてしまう率が高くなる)



ただでさえ、運賃値上げはそんなジレンマを抱えているはずなんですが、あろうことか「時間帯別運賃」なるものも検討する方針なんだとか。

う~ん・・・
いや、まぁプライベートで電車を利用するときのことを考えれば、時間帯別に運賃が違っても全然いいんですがねぇ。。。

問題なのは、会社の業務で電車を使う場合。
これさぁ、どうやって経費精算すればいいの?

うちの会社は楽楽精算で交通費精算をやってますが、『何時に電車に乗ったか』を打ち込まないと、正確な運賃が自動取得されなくなるんですよね、コレ。
一応、楽楽精算はSuicaに記録されている乗降履歴をを自動取り込みしてくれる機能もあるんですけど、肝心のSuicaには過去10回分しか履歴が残らないんですよね。(泣)

営業マンなんかが一日に何度も乗り降りすると10回分の記録なんかあっさり使い切ってしまうので、帰社後に楽楽精算に履歴を取り込ませると、最初に乗った電車の情報が取り込まれないこともしばしば。
取り込まれなかった分は当然手入力するしかありませんから、これに乗車時刻まで入力しなきゃいけなくなると、すんげぇ手間ですよね。
そもそも、その日のうちに入力すればまだいいのですが、数日分まとめて申請しようとしたときに、何時の電車に乗ったかなんていちいち覚えていないはず。

なので、JRが時間帯別運賃をもし導入したら、特に都市部の企業では、交通費精算にかかる工数がべらぼうに増えてしまうことは明白です。
運賃も上がる上に精算業務のコストも増えるので、企業としてはコスト削減策の一環として「電車利用頻度の削減」を掲げることになるでしょう。
結局、客数減に拍車がかかることになるので、時間帯別運賃による収入増の恩恵を受けるのは、せいぜい1年間ぐらいで終わってしまうのではないでしょうか。

ま、そもそもJR側としても、券売機や自動改札の改修も必要でしょうから、時間帯別運賃を導入する際には死ぬほど投資をしなきゃならなりません。

なので、あくまで会見で運賃見直しの一例として挙げてみただけで、本当に導入しようとは考えていないはず・・・に期待することとしましょう。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

【悲報】1都3県にまた休業要請が検討されている件

あ~あ、結局こうなっちゃったか。

「4都県の休業要請検討 感染状況次第で」

なんせ、日本の世論って、色んな情報を取り入れすぎて全然方針が統一されてませんからねぇ。
要するに、
 ①医療体制への影響に配慮し、可能な限り感染しない&させないように活動すべき派
 ②経済を最優先とし、積極的に感染して集団免疫を獲得すべき派

に意見が二分されちゃってる感があります。
(今のところ、①の方が多数派)

まぁ、どっちが正解かは結果論でしか分からないでしょうけど、なぜ中間が無いのかが不思議です。

例えば、SPAのゴーマニズム宣言で小林よしのりは②の意見を以前から主張していましたが、今週掲載の内容を見ると、タクシー内で小林よしのりはマスクも付けずに運転手と会話している描写があります。

理由は、先述のように積極的に感染すべきという考え方が背景にあるわけですが、小林よしのり自身はそれで良いとしても、タクシー運転手に感染させてしまうリスクをどう考えているのでしょう?

コロナ感染によって仮に自宅療養レベルで済んだとしても、発熱状態のまま車を運転するわけにいきませんから、そのタクシー運転手は1~2週間欠勤するハメになります。

歩合制で給料が大きく左右されるタクシー運転手にとって、それがどれだけの痛手になるか想像が付きませんか?

同様に、派遣社員やパート・アルバイトのように、時給制や日給制で働いている人達にとっても大きな収入減になりますし、私のような月給制だとしても、1~2週間何も成果が出せませんから、評価低下による賞与減という結果になります。



誤解の無いように言っておきますが、私は小林よしのりは嫌いではありません。
小学生の頃おぼっちゃまくんをコロコロで欠かさず読んでましたし、大学生の頃はゴーマニズム宣言も単行本で全部持ってました。

今回の「経済優先」という考え方も同じ意見です。
が、積極的に感染を広めようという考え方には反対です。

なので、私の意見としては、①と②の中間となる
 「自分&他人に感染ができるだけ広がらないように配慮することを前提としながら、経済を回す」
となります。

東京で連日200人超の感染者数が発表されていますが、医療機関でマスクや防護服などが枯渇していた4月・5月とは状況は違います。
重症化率・死亡率は圧倒的に低下していますし、医療機関側もある程度受け入れ体制が整ってきています。

なので、全業種を休業したり、外出自粛をしたりするほど恐れることは無いと思います。
が、軽症で済んだとしても、普通の風邪とは違って仕事を長期間休むことを余儀なくされますから、感染防止には最大限配慮しながら生活すべきです。
(それでも感染してしまうのは止む無し)

②の意見の人は、積極的に集団感染して、重症化したらすぐ医療機関で治療を受けられる体制を整えておけば良い、と主張します。

この意見を、医療関係者が自ら発信しているなら、私も同意見です。

ですが、もちろん医療関係者がそんなことを主張するわけもないのに、「どんどん感染を広めるんで後はお医者さんよろしくね(はあと)」なんて、勝手にも程があろう。

医療関係者を疲れ知らずのロボットか何かと勘違いしているんでしょうか?
ただでさえ新種のウィルスで、日々ストレスを抱えながら医療行為にあたってもらっているのに、これ以上負担をかける気ですか?

繰り返しになりますが、医療関係者も人間だっていうことを忘れてませんか?

といったことを踏まえると、医療関係者が問題なく対応できる範疇になるよう感染拡大を抑えながら経済活動を行っていくのが、バランス的に最善ではないかと。

ところで、②の人ばっかり批判してきましたけど、①の意見もはっきり言って極端過ぎますからね。(苦笑)
これ以上休業したら完全に日本経済は崩壊しますし、保障金を支給できる余裕はもうどこの自治体にもありませんから。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク