日本を潰すには「デマ拡散」だけで十分

先日Airを全話見終わった後、先週は「うたわれるもの」を全話視聴しました。
Airもそうだけど、よくこんなストーリー思い付くなぁって思います。
間違いなく天才。

私がそんな感動に包まれている最中、世間ではもう色んなものが品薄になってるようで。
直近だと、トイレットペーパーとティッシュ、それに紙オムツやら生理用ナプキンといったところ。
発端は、SNSでのデマ情報らしい。
ただ、局地的な混乱で済んでたものを、糞メディアがさも危機的状況かのように報道し、それを見た愚かな大衆によって全国的に買いだめが発生したことが原因とのこと。

ホント、日本人ってペットより学習能力が無いですよねぇ。(呆)

これも、長らく右へ倣え教育を施してきた弊害か。
他人と同じ行動を常に取ってないと、不安でしょうがないんでしょうね。
これからの時代は、むしろ「他の人と違う行動が取れる人」が必要とされる時代なのに、こんな愚かな親たちに育てられる子供たちが不憫でなりません。

ところで、デマの内容ですが。。。
 ①中国の製造工場がストップしているため、トイレットペーパーとかが品薄になる
 ②中国から原材料を輸入しているため、輸入がストップして品薄になる

といった内容。

いちいち書くのもアホらしいですが、愚かな国民たちに向けて、一応検証してあげましょうか。

①について
 エリエールの包みに書いてある製造元を見てみ。
 「Made in Japan」って書いてあるから。
 このように、出回っている製品の多くは日本製。
 仮に、中国製の製品があるとしても、一部でしかない。
 英語力が乳幼児並みに無さ過ぎて、「Japan=中国 だと思ってました」って言うんなら、まだ許せるが。

②について
 まさに、オイルショックから何も学んでいない人達。(笑)
 その時代に生きていた人はもとより、誰しもが小学校の社会の授業で知っている出来事なのに、である。
 紙の原料なんて、世界どこからでも入手可能。
 仮に現在中国に依存しているとしても、他国からの輸入に切り替えれば済む話。
 その場合、値段は多少上がるだろうが、転売ヤーから買うよりは遥かに安く買えるのは間違いない。



ただ、私もニュースで状況を見ていただけで、本当にこんな状況が起きているのかは半信半疑でした。
なので、昨日、クリーニングに出していたスーツを取りに行くついでに、マツキヨに寄ってみました。
(ドラッグストアに行くのは2ヶ月ぶりぐらい)

紙製品コーナーの棚、全て空虚に包まれる。(汗)
そして、赤字で「お一人様一点限り」って書いてあるってことは、本当に品薄になってんだなぁ。

この感じだと、恐らく開店前から並んで、速攻で売り切れたってとこか。
コロナコロナって騒いでるわりに、行列に並ぶのは平気なのかな?(笑)
やってることが支離滅裂。

帰りがけ、ローソンのトイレをお借りしたのですが、そこにも貼り紙が。
「トイレットペーパーの持ち去りは窃盗罪です。」

ぶわははは。(爆)
アホだ、ホンモノのアホだ。
まるで乞食だな。

どうりで、世の中から詐欺師がいなくならないわけだ。
情報を自分の頭で検証もせず、100%信じ込んでしまう人の多いこと多いこと。
こりゃ、他国が日本を転覆させようとしたとき、何の兵器も必要ねぇな。
それっぽいデマを遊び半分にSNSでちょちょいと拡散しておけば、勝手にパニックになって勝手に沈没してくれるので。
弾道ミサイルより、パニックに陥った衆愚の方がよっぽど恐ろしいわ。

それにしても、可哀そうなのは、本当に今必要な分だけ買いたい人が、普通に買えない状況にあることですよね。
トイレットペーパーがあと1ロールしか無いとか、これから生理が始まっちゃう人とか。

マスクにしてもそう。
私は重度の花粉症とは言え、アレグラとかナザールとかでとりあえず凌げるので、マスクはまぁ最悪無ければ無いでいいです。
くしゃみと鼻水が止まらないだけなので。
ただ、医療機関関係者や食品製造関係者、あるいは免疫が弱い人にマスクが行き渡らないという状況は、本当に困ったもの。
早めに転売を規制する必要がありますが、難しいのは卸売業者や小売業者なんかもある意味転売していることになるので、正当な事業を行っている会社の妨げにならないように規制を作らないといけないんですよねぇ。

ちなみに、厚労省のホームページで、感染者数の統計が公表されています。
2/27現在の数字は、こんな感じ。
 感染者数: 186人(無症状者含む)
 重傷者数:  16人
 死亡者数:  3人


割合にしてみると。。。
 重症化率: 8.6%
 致死率:   1.6%

毎年流行するインフルエンザでも、こんなもんじゃね?
インフルだって、毎年死者が出てるのに、みんながみんなマスクで予防なんてやってねぇじゃん。
いよいよもって、なぜコロナだけこんなにパニックになるのか分からん。

たぶん、普通に元気な人は病院なんて行きませんから、無症状や軽症で検査を受けていない人を考慮すると、感染者数はもっと多いと考えられます。
また、隠蔽体質により、病院や企業が感染例として報告しないケースもあるはずなので、実際にはさらに感染者数は多いでしょう。
つまり、母数の感染者数が上記の186人より多くなるので、実態の重症化率・致死率はもっと低いはず。

さらには、日本の人口は約1億2000万人ですから、感染力が強い強いと言っても、感染率は0.000155%しか無かったりして。
参考までに、サマージャンボ宝くじの1等前後賞の当選確率は0.00002%です。
なので、宝くじを8枚だけ買って1等を当てにいくのと大差ない感じ。
(計算合ってるよな・・・?)

仮に感染者数を隠蔽していて、実際にはこの10倍ぐらい感染しているとしても、0.00155%にしかならないので、そんなもん誤差の範囲内。
もちろん、何の対策も取らなければ、これから爆発的に感染者数は増えていくでしょう。
それに伴って、病院が満床になり、重傷者が満足に治療を受けられない環境になれば、致死率も増加するかもしれません。
が、重症化率は横ばいになるでしょうから、人間が持つ免疫力で、自力で治してしまうのが基本スタンスになるのは変わりません。

大体、未知のウィルスが登場するたびに大量死してたら、人間なんてとっくに絶滅しているでしょうに。
人間の免疫力は、極端に強力なものでない限り、ちゃんと未知のウィルスや病原菌にも対応してくれる優秀なヤツなんですよ。
少なくとも今回のコロナウィルスは、症状自体は全く強力でないことは確か。
(インフルやノロの方が、よっぽど強力)

マジでもうちょい冷静になろうよ、おバカな人達。
あんまり他人を見下したくはないけど、見下されるような極めて愚かな行動をしているんだからね、あなたたちは。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

東京の感染者が不自然に少ないのも納得か

今日、北海道の感染者数が大台の100人を超えたと報じられました。

「ついに101人に… "新型コロナ"感染例最多で緊急事態宣言中の北海道 新たに3人確認」

その一方で、東京都の感染者数は、まだ58人に過ぎないわけですが、、、

さすがにこれは不自然。

日本一人口密度が高い大都市部で、おまけに朝夕の地獄の通勤ラッシュもあるというのに。
どこぞのライブハウスとかで集団感染しただのっていう報道もありましたが、そんなの比じゃないと思うんですよね。

まぁ、確かにライブとかだと全員シャウトしっぱなしでしょうから、飛沫感染とは最悪の相性とのイベントではあります。
一方、電車の中で叫び続ける人は、余程アレじゃない人以外は有り得ませんからね。

ただ、満員電車の中でも、この時期だとクシャミをする人は多々いますし、目や鼻がかゆくて消毒前の手でこすったりすることも珍しくないでしょう。
と考えると、やはり58人という数字は、どうひいき目に見ても少なすぎます。

たまたまこの人数で済んでるっていうなら、もちろん御の字で、それに越したことはありません。
が、普通に考えるなら、何らかの情報統制がされていると勘ぐってしまいます。

一つには、東京五輪の開催が控えていること。
五輪誘致の際、安倍首相のプレゼンで「原発は完全にコントロール化にある」と断言していましたが、蓋を開けてみると内部の状況も良く分からないままの状態で、メルトダウンが起きていたことを隠蔽していました。

今回も、東京都内の感染者数を正直に公表してしまうと、国際的に開催中止の圧力がかかるのは間違いありません。
というより、開催したところで、選手も客も誰も日本に来ないでしょうけど。

是が非でも、東京で五輪を開催したい人達にとっては、真っ赤なウソではない程度に、情報を統制せざるを得ないかもしれません。



もう一つは、愚かな大衆の大パニックを抑制したい考えもあるでしょう。

事実、マスク騒動はまだしも、トイレットペーパーやティッシュ買い占め、果ては謎の納豆買い占めが起きているわけですし。
で、ドラッグストアとかに全然入荷しない状況を、なぜかバイト店員とかに当たり散らす低民度の日本人が数多くいます。

平常時は、外面だけ温厚そうに振る舞っていても、こういうとき醜い本性って出るもんなんですよね。
そういう意味では、色んな人の本当の姿が炙り出されて、良かったのかもしれません。(笑)

が、今回の一連の騒動によって、「大衆は簡単にパニックに陥ってしまう」ことが明確になりました。
「政府は事実を公表しろ!」とか言う人もいるかもしれませんが、こんな低脳だらけの日本で事実なんて公表したら、パニックどころかみんな暴徒になりかねません。

多分、私が政府関係者の立場でも、事実は隠すと思います。

ところで、そんなパニクってまで、なぜ長生きしたいんでしょうか?

今回のコロナウィルスは致死率は低いですが、もし私が感染して死んだとしても、それはそれでいいと思っています。
だって、長生きしたって何もいいことはないから。

もちろん、生きていればそれなりに楽しいこともあるでしょうが、基本的に生きていくことは辛いことの方が多い仕組みになっています。
10月の消費税増税でもともと経済が落ち込んでいたところに、今回のウィルス騒ぎはまさに泣きっ面にハチ。
何とか五輪まではそこそこの景気が続くかと踏んでいましたが、もうそんなことを言ってられるレベルじゃありません。
東日本大震災を遥かに超える不況に見舞われることは確実です。

それを抜きにしても、今後も増税や社会保険料増加は繰り返され、国民の可処分所得は減り続ける一方になるでしょうし、年金なんてアテにできません。
ということは、満足に動かなくなった老体にムチ打って死ぬまで働き続けるか、少しの贅沢もできない最低限度の暮らしを死ぬまで続けるか・・・

コロナで死ぬより余程苦痛なのでは?

それよりは、ガンや痴呆などと違って、肺炎の延長程度の症状で死ねるコロナの方が、よっぽど良心的な死に方だと思います。
なので、今回のコロナウィルスで私が死ぬことになっても、それはそれで運が良いとも言えます。
また、嫁も同じ考え方で、どちらか一方、または両方死ぬことになっても、それはそれで良いと思っています。
(もちろん悲しいですけどね)

そんな背景もあって、特に必死になってマスクを買い求めるようなことはしてません。
そもそも、花粉症対策でマスクをしてても、クシャミも鼻水も出続けます。
ということは、花粉粒子ですら完全防御できていないのに、そんなザルな状態でウィルスを食い止められるとは、ちょっと考えにくい。

終盤話が逸れてしまいましたが・・・

今の日本人の状況を見る限り、仮に何らかの情報が統制されていたとしても不思議ではありませんし、すぐパニックを起こす国民がそれを批判する資格はありません。

それにしても、なぜかジジババほど、マスクを欲しがるのは何なんでしょうね、アレ。
老い先短い自分達は我慢して、子供たちに少しでも行き渡るように・・・とか考えないもんなのかな?
醜態晒してまで、なぜそんなに生きたいんだろう。。。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

チャットツールがメールソフトの上位互換だという誤解

日経xTechの今週の極言暴論は中々面白い内容でした。

「昭和な会社」はビジネスチャットに手を出すな、地獄絵図しか生まないぞ

海外や日本のベンチャー企業を中心に、チャットツールでコミュニケーションを取る仕事のやり方が、ちょっとしたブーム・・・のようにもてはやされています。

で、そこらへんの日本企業も、マネしてチャットツールを導入するケースが増えているようです。

それも全社的に導入しているとか。

どうやら『チャットツールはメールよりも遥かに優れモノ』という誤った認識も一緒に広まっており、上司がそれまでメールで連絡していたような内容までチャットで流すようになり、部下が疲弊してしまっている。。。といった内容です。

AIにしろRPAにしろ、なぜ何もかも「それを導入すれば万事OK」みたいな考え方になるんでしょうね。

AIとRPAツールが全く別物であるように、メールソフトとチャットツールも全く別物です。

考えてもみて下さい。
電話は文通の上位互換ですか?
ならば、電話の登場と同時に、世界中で手紙の郵送なんてとっくの昔に無くなっているはずでしょうに。

プレステ2とプレステ1の関係なら、上位互換って言えますけどね。
プレステ2とPSPだと、もう完全に用途が違うってみんな分かるはずで、「プレステ2の方が画質が良いからPSPの上位互換だ」なんて言う人はいないでしょう。

チャットツールがなぜか働き方改革と結び付けられて売り込みされるケースも散見されますが、一体どこがどう関連性があるのか、私は未だに分かりません。。。
(理由は後述)



メールとチャット。
当たり前ですが、両者はそもそもの用途が違うのです。

<チャット>
 ・即時性に優れ、会話に近いコミュニケーションが可能
 ・複数人が同時に参加できるので、会議としても使える
 ・既読状態により、相手が読んでくれたかどうかが分かる
 ・長文だと見づらいため、基本的に短文をキャッチボールする
 ・タイムラインで会話内容は残っていくが、後で整理し直すことはできない

<メール>
 ・文通に近いコミュニケーションが可能
 ・基本的には1対1コミュニケーション用
  (複数人への同報配信もできるが、回覧の意味合いが強い)
 ・相手がいつ読んだかは把握できない
  (開封確認を付けることもできるが、多用すると相手に迷惑がられる)
 ・一回で比較的長文の内容を伝えられる
 ・後で自分が決めたテーマごとにメールをフォルダ分けして整理できる


敢えて両者を比較しながら特徴を書くと、こんな感じ。

チャットは基本的に会議の代わりに使うものだと理解すれば良く、その場に全員集まっていなくても1つのテーマをリアルタイムに議論するのに向いています。
なので、生産性よりもアイデア創出が重要であるベンチャー企業向きだったりするわけです。
これ自体はテレビ会議でもほぼ同じことが可能ですが、テレビ会議は表情や動作も伝えられる一方、録画していないと会話内容が記録されないデメリットがあります。
また、通信環境によっては動作が極端に重くなるので、気軽に手早くコミュニケーションを取りあうにはチャットが向いています。
これも、どちらかが一方の上位互換ということはなく、使い分ければ良いだけです。

いずれにせよ、直接会って会話する状態の遠隔版なわけですから、発言に対してスピーディーに返答することをお互いに期待していることが前提となります。

で、メールについては、メールを読むタイミングや返答するタイミングを、受信者の裁量で決められるというのが大きなメリットです。
また、開封確認が付いていない限り、メールを実は読んだけど「読んでいない」とウソをつくことも可能です。(笑)

これらこそが、ある程度成熟した企業にとっては重要な要素なのです。
つまり、繁忙な状態でメールが来たとしても、手が空いたときにメールチェックすれば済む話ですし、メールの内容についてじっくり考えてから返信することもできます。

これをチャットでやり取りしてしまうと、その度に手を止めなければならなくなり、本来の業務に集中できません。
しかも、所属グループ全員の手が止まることになりますから、迷惑極まりない話です。

なので、業務がある程度定型化された状態の成熟企業なら、メールでやり取りする方が遥かに事務作業効率が高いわけです。

ってことは、働き方改革だと思ってチャットツールを全社導入してみたら、逆に全体的に生産性が下がって、余計残業するハメになるトホホな状況が生まれることになります。

冒頭の「昭和な会社に合わない」というのも、至極当然のこと。

当社もベンチャー発で創業20年の成熟企業ですが、チャットツールを導入したのは外回りの営業マン向けだけです。
それも、営業の課長が外回り中の営業マンと連絡を取り合うこと限定で。
電話だと顧客訪問中だと出れませんし、メールだと一斉配信が手間ですからね。
それ以外の管理部門は、我々システム部門も含めて、これまで通りメールしか使ってません。

いくら巷で流行っていようが、必要無いので。

ベンダーの営業は当然良いことしか言いませんので、本質を見抜く能力もユーザー企業には必要です。
売り手と買い手の駆け引きなんて、別にソフトウェアだけに限った話では無いはずなんですが。
何でもかんでも買ってたら、キリがないですよ?ホントに。。。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク