結局SI事業から抜け出せないSIer

今日の日経xTechの記事より。

「聞いているだけで眠くなる!SIerのDX戦略がろくでもないワケ」

SI事業が先細りになることはSIerの経営者も認識があるらしく、どこもかしこも次なる中核事業としてDX事業に乗り出すんだそう。
まぁDXは今流行ってるから、それはそれで良いことなのだが・・・

やることと言えば、
「お客さまの事業部門などと一緒にデジタルサービスを立ち上げるためにPoC(概念実証)に取り組む」
なんだとか。

うーん・・・
支援するのはPoC止まりっていうところが、いかにもSIerの体質を表している気がします。
コンサルのようにDXを活用した新しいビジネスを提案するわけでもなく、IBMなどのようにサービス稼働後まで支援するということも無い。

あくまでもサービスの構想はユーザー企業に考えさせて、PoCだけユーザー企業と一緒にやって、サービス稼働後は何も面倒は見ない、と。
つまり、このビジネスモデルだと、仮にそのサービスが大失敗に終わったとしても、SIerとしては何も責任を取らなくて良いわけです。

ところで、どこにそんなニーズがあるのかな?(呆)

当社もそうですが、「PoCのサポートだけお願いします」なんてことは有り得ません。
何も提案してこないITベンダーなど、これからの時代は存在に値しません。



今日本中でDXありきのPoCが流行していて、ことごとく実用には至っていない状況にあります。
そもそも、これ自体が異常なこと。

何か新しいことをやるためにDXが必要だ・・・というのなら分かるのですが、DXで何か新しいことを考えろというのは、毎度のことながら手段と目的が逆転してしまっています。

ユーザー企業がそのレベルなもんだから、SIerがリスクを避けてPoCしかやらないっていうのも、まぁ分からなくもない。
が、そこを踏み込んで、新しいサービスの提案~PoC~稼働後のPDCAまでを一気通貫で支援してくれるなら、こんなに頼もしいことはありません。
(もちろん、ユーザー企業が丸投げというのは論外)

はっきり言って、ここまでやってくれないと、到底次代の中核事業にはなり得ないでしょうね。
PoCだけやるんだったら、別に単価がバカ高いSIerに発注する必要などなく、小規模でも技術力が高いベンチャー企業とかにお願いした方がコスパが良さそうですしね。

2025年の崖に向けて、老朽化した基幹システムの刷新プロジェクトを色々受注していく目論見で、まだSI事業で食いつないでいくつもりかもしれません。
ただ、たぶん受注できるのはクソみたいなユーザーのクソみたいな旧システムが殆どなのではないかと。
例えば、京都市の基幹システム刷新プロジェクトみたいなやつね。(笑)

そんなプロジェクトで本気で利益を出すつもりでいるなら、経営者として失格です。
大体、そんな炎上必至のプロジェクトを遂行するには、今抱えている優秀なSEが辞めずに残ってくれることが大前提にあるはずですが、SIerからも下請ベンダーからも、SEはどんどん流出しちゃってる状態なのに。

2020年になってケツに火がついても、何も抜本的な改革が打ち出せないSIer経営者たち。
果たして、一番先に傾くのは、どのSIerになるのか・・・

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

個人的にRPAツールならUiPath一択か

先日、とあるセミナーでUiPathのデモを見てきました。

どうせ、「他のRPAツールと似たようなもんだろう」ぐらいな意識で、あまり期待せずに見ていたのですが、終わった頃には「UiPathって素晴らしい!」とまで印象が変わりました。

一番魅力に感じたのは、クラサバ画面でも自動化が可能なこと。

と言いつつ、自動化するだけなら、他のRPAツールやVBAでも可能。
ただ、クラサバ画面はオブジェクト解析ができないため、これまでは座標指定や画像認識によって、何とか自動化まがいのことを実現していました。

が、UiPathだと、Web画面と同様に、クラサバ画面の各要素をセレクタで指定することが可能。

VBAで自作RPAを作り出してから求め続けてきたことに、やっと辿り着いたという感じです。
当然、セレクタ指定なら、自動化の範囲や動作の安定性は、座標指定や画像認識などとは比較にならないほど高くなります。

その実現方法は、リモートデスクトップ画面やシトリックスによる仮想デスクトップ画面を経由して、各要素の解析が行えるとのこと。
なるほど・・・外資ベンダーはよく考えるなぁ。。。

正直、この1点だけでも、UiPathを選択する価値があると思っています。



ただ、UiPathが敬遠されがちなのは、やはりロボ開発の敷居の高さにあるでしょう。
デモの際にも、「ロボ作成にはプログラミングの素養が必要」と明言していましたし。

UiPathも、導入した企業から「こんなもの使えない」というクレームがあったそう。
ロボット作成が難しすぎるだの、ロボットがしょっちゅう落ちるだの・・・

ま、ちゃんと勉強してから買わないから、そんなことになるんだけどね。
別に、RPAツールに限った話でも何でもなく、車や家を買う時だって同じだろうに。

ただ、やたらハイレベルなプログラミングスキルは要求されていないはずなので、UiPathを各業務部門に使わせるのではなく、情報システム部門が使うのではれば、スキル的にも問題無いかと。

というわけで、ちょうど来期予算の策定時期でもありますし、UiPathの購入を進言してみようかと思います。

ところで、今までVBAで沢山作ってきたロボ達の処遇についてですが・・・

Web画面を自動操作するやつが9割方を占めていて、これらについてはほぼ安定動作しているので、当面はそのままにしときます。
(= 少しずつUiPathに移行していけば良い)

で、残り1割のクラサバ画面操作系は、いつ暴走するかも分からない状態なので、速攻でUiPathで作り替えます。(笑)

まぁ、こんなことは些末な話。
それよりも、今まで暴走が怖くて自動化を諦めてきたところに手が出せるということが重要です。

価格帯も他のRPAツールと大差ないっぽいので、こりゃ正直言ってRPAツールはUiPath一択だな。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク