ついにベルウィックサーガをクリアしました

8月から開始したPS2の幻の名作ベルウィックサーガ。
今しがた、ついにクリアしました。

感想を一言。
や、や、やっとオワタ・・・(汗)

ほぼ毎日欠かさずプレイしてたのに、一本のゲームをクリアするのによもや3ヶ月もかかってしまうとは。
まぁ、「終盤まで進んではプロローグからやり直し」を3回も繰り返せば、こうなるのかも致し方ありませんが。。。

それにしても、主人公は最後の最後まで歴史的には脇役で終わりましたねー。(苦笑)
あくまでもイチ家臣として、第一章から終章直前に至るまで、自領内の国境を防衛するために奔走した・・・というストーリーなんですが、意外と重厚に話が作られていると思いました。

この辺は、ファイアーエムブレムシリーズとは切り口が違って、斬新だったかと。

キャラデザも、一人一人の顔・服装は地味なんですが、個人的には好みの画風です。
で、みんな地味なんですが、仲間入り後もストーリーの所々で絡んでくれるので、ちゃんと個性が立ってます。

ファイアーエムブレムの場合、一旦仲間になってからは、支援会話ぐらいでしかそのキャラの会話を見ることが無いですからねぇ。
おまけに、覚醒以降は奇抜な外見や口調で個性を出すような方向性になってしまい、とても戦争で生き死にの環境に置かれているとは思えない中二病キャラも少なくありませんでした。

人間の個性って、本来そういうことじゃないんだよ。

中身が個性に乏しい人ほど、外見で個性を出そうとするらしいですが、近年のファイアーエムブレムもそんな感が否めません。

スポンサーリンク


武器の棲み分けも非常に良く、武器への個性付けにも成功していると思います。
(どれが優れている・・・ということはなく、場面場面に応じて使い分けることが重要)

短剣: 攻撃力が低いが、敵の盾・防御力を無視してダメージを与えられる
剣  : 2回攻撃できる武器が多く、命中率・致命率が高め
槍  : 一歩ごとに攻撃力が加算されていくため、騎兵で大ダメージが期待できる
斧  : 命中率は低めだが、攻撃力が高い


風魔法: 攻撃力は低めだが、攻撃回数が2~4回と多い
       また、軽傷確率が非常に高いブリザードが使える
雷魔法: 命中率は低めだが、致命率が高め
       また、戦闘不能率が非常に高いライトニングが使える
火魔法: 命中率も攻撃力も高め
       ただし、特殊効果がある魔法は無い


弓  : 射程1~2で、筋力が攻撃力に反映される
     最大3連射の武器がある
石弓: 射程0~1で、攻撃力は固定
     命中率は高めで、4連射の武器もある


度々ファイアーエムブレムを比較対象に出して恐縮ですが・・・
聖戦の系譜以降、ファイアーエムブレムシリーズでは「武器の3すくみシステム」が永らく採用されてきました。
近接武器で言うと、
 ・斧は槍に強い
 ・槍は剣に強い
 ・剣は斧に強い
というルールで、これによって武器の個性付けをしてきたわけです。

しかし、どのシリーズでも、終盤になるほどドラゴンナイトが多くなる傾向にあるので、終盤は槍装備の敵ばかりになります。
このため、槍に弱い剣をメインに使うキャラが毎シリーズ不利になる、という弊害が生まれました。
当初は槍の命中率が低かったので「剣士が優遇されすぎている」と言われていましたが、昨今の武器命中率調整により、今度は逆に剣士が不利になりすぎる結果に。。。

もう手遅れかもしれませんが、武器の個性付けにおいては、武器同士に優劣をつけるのではなく、ベルウィックサーガ方式が正解だったように思えます。

それにしても、Switchで発売されたファイアーエムブレム最新作の「風花雪月」は、ついに学園モノに成り下がっちゃいましたね。
(閃の軌跡もだが、世間では学園モノが流行ってるのか?)

プレイ動画を見た限りでは、学園内を走り回ってお使いクエストをこなすことが結構なボリュームを占めてるっぽい。

だーめだ、コリャ。(呆)

色んな要素を詰め込むんじゃなくて、もっと腰を据えて良いゲームを作ってくれないかなぁ。
それに、蒼炎のときから感じてましたが、ファイアーエムブレムに3D戦闘シーンは必要無いんですよ、ハッキリ言って。
GBAの作品みたいなデフォルメ戦闘シーンでも、すごく躍動感があって迫力あったし、ベルウィックサーガの戦闘シーンもスーファミレベルの絵でしたが、カッコイイと思いましたよ。
(特に、ランスの突撃シーンとか)

ベルウィックサーガを今回プレイしてみて、大好きだったファイアーエムブレムの粗が目立ってしまう結果になったのは、寂しい限りです。

任天堂さんへ―
もう一度、私が大好きだった昔のファイアーエムブレムシリーズを思い返してみて下さい。
最近の作品が、いかにおかしな方向に行ってるかが良く分かるはずです。
ベルウィックサーガのように、色んな工夫の余地があるはずです。
安易にキャラデザで個性付けしたり、学園モノに走ったりしないで、もうちょっと考えてゲームを作ってみて下さい。

以上


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

リスク承知の日光・那須旅行③ ~鬼怒川温泉編~

初日のお宿は鬼怒川パークホテルズ
鬼怒川沿いに立地していて、部屋や露天風呂から鬼怒川が見えるとのこと。
入口は高級料亭みたいな風情のある佇まいでしたが、お値段はとてもリーズナブル。

チェックインした頃には18時半になっていました。
案内された部屋は、和洋混合で結構広い。
あいにく真っ暗で窓から鬼怒川は見えませんでしたが、川の音だけは聞こえてきます。
ま、景色を堪能するのは翌朝の楽しみに取っておくことにしましょう。

19時から夕食ということで、部屋で一息だけついて、すぐさま食堂へ。
地元食材を使った懐石料理。
しかし、予想はしていたのですが、ここでも湯葉が。(汗)
湯葉はお昼に一生分食べちゃったんだよねぇ。。。
お料理の方は普通においしかったです。
ご飯もおかわり自由だし。

夕食後は、楽しみにしていた鬼怒川が見える露天風呂へ。
まずは、室内の大浴場にゆっくり浸かって、体を温めておきます。
なんせ、この日は結構寒かったので、そのまま露天風呂に向かうと途中で心臓が止まってしまう可能性がありましたから。(苦笑)
大浴場は熱すぎずぬる過ぎずといった感じで、ちょうどいい温度。
10分ぐらいゆっくり浸かって、いざ露天風呂へ。

大浴場の扉を開けて露天風呂への通路に出た途端・・・ぐうぅぅぅ、さみいいいぃぃぃぃ。(泣)
大浴場で身にまとったあったかバリヤーは2秒で崩壊。
こりゃ急いで湯舟に浸からないと、通路で骸をさらすことになってしまう。。。

幸い、露天風呂は近く、5秒ほど歩いて無事到着。
湯舟は2種類あり、1つは岩風呂、もう1つは小型の屋形船(ヒノキ)。
屋形船風とは珍しい、まずはこっちから堪能してみよう。

・・・・・・・・うん、ぬるいっっっ!
何でこんなにぬるま湯なんだよ。
外なんだから、むしろ大浴場のお湯より熱めにするべきだろう。
外気は冷え冷え、風呂は熱々ってのが、露天風呂の醍醐味なのに。

浸かって5秒で屋形船から脱出し、今度は岩風呂の方へ。
・・・・・・・・うん、ぬるいっっっ!
まぁでも、屋形船よりは熱めで、一応耐えられないこともないので、岩風呂でゆっくり露天風呂を堪能することにしました。
川沿いであることから、空気はとてもおいしい。
ただ、肝心の景色は、鬼怒川どころか夜空も何も見えん。
原因は、夜だからではなく、露天風呂の前に生い茂っている木々たち。
このおかげで、どの方角を向いても木しか視界に入らず、露天風呂である意味は半減。

ぬるま湯に浸かり続けたせいか体も冷えてきたので、早々に大浴場に逆戻りしました。
あーあ、期待してただけに拍子抜けたな。

スポンサーリンク


翌朝-

7時起床で、前日見えなかった窓からの景色を見てみることに。
・・・なるほどなるほど、ここも木が生い茂ってたわけね。(呆)
枝の隙間から鬼怒川が見えないこともないが、絶景とは程遠い。
まぁ、むやみに木を伐採するのも良くないが、せっかくの立地を活かしきれてないのはもったいないと思いました。

朝食後、9時頃にチェックアウト。

真っすぐ駅には向かわず、徒歩10分ほどのところにある鬼怒楯岩大吊橋に寄り道。

その名の通り、鬼怒川に架かる吊り橋で、橋から見る景色が絶景なんだとか。
外観は吊り橋のイメージとは違って、とても頑丈そうな作り。
うん、これなら安心して渡れそうだ。

高所恐怖症の嫁と手をつなぎながら、トコトコ渡り始める。
うわぁ~・・・横に縦に揺れる揺れる。(汗)
おまけに床版は木で出来ているため、ところどころ小さい穴や隙間が空いていて恐怖倍増。
橋の真ん中に進むに従って揺れも激しくなり、嫁はもはや景色を堪能する余裕も無い状態。
その必死の様子を見ながら爆笑する私。
性格の悪さを余すところなく見せつけてます。(笑)

ほうほうの体で対岸まで何とか渡り切り、精神を落ち着けるためにしばし休憩。
しかし、電車の時間もあるので、あまりゆっくりはしていられません。
嫁を説得し、再度吊り橋を渡って戻り始めます。
すると、対岸から20人ほどのウォーキングデッド老人ツアーの群れが、ぞろぞろと渡ってきました。

こらこら、橋を揺らすな糞ジジババ共。
橋の上はカオスに陥り、激しさを増す揺れにさすがの私のチンさむ状態。
人生の先輩であるお年寄りにブツブツ悪態をつきながら、私の腕に必死にしがみつく嫁。

ジジババ共のおかげでスリル満点の絶叫マシーンと化してしまいましたが、結果的にはこれはこれで楽しめたかも。


次回に続く

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

リスク承知の日光・那須旅行④ ~宇都宮編~

鬼怒川を後にし、目指すは那須高原。
ただ、那須までは遠い道のりのため、途中の宇都宮で昼食をとります。

宇都宮と言えばモチロン餃子。
今回初めて食べますが、期待で胸は高鳴ります。

今回選んだお店は、宇都宮駅を出て目の前にある餃天堂
理由は、超方向音痴の私でも店まで迷わずにすむから。(笑)
事前に評判などは詳しく見ていませんが、一応地元では有名な餃子専門店らしい。

11時半ぐらいに店に到着しましたが、中は満席で、外にも4~5人ぐらい並んでいました。
店の中は・・・カウンター席しか無く、結構狭い感じ。
店の窓には、「食べログ1位」のステッカーが貼られていました。
おっ、これはもしかしていい店をチョイスしたのかも。

餃天堂の周辺には餃子屋が密集していましたが、行列ができていたのは、ざっと見た限りこの店だけ。
まぁ、店が狭かったのが原因かもしれませんが。

20分ほど待って、ようやく入店。
店内は、荷物を置くスペースも殆ど無いほどの狭さ。
でも、こういう店に限って、味は飛びぬけて良かったりするんですよね。

さて、私達が注文したのは、2人とも餃天堂セット(焼餃子5個と水餃子3個のセット)とライス、そしてキムチ。
10分ほど待って、料理が到着。

焼餃子は、丸っこくて一口サイズ。羽根はついてません。
水餃子は、スープの中に緑色の餃子が入ってました。

料理を運んでくれた店員さんが、水餃子の食べ方を説明してくれました。
超早口で。
狭い店内がガヤガヤしていたこともあり、あまり聞き取れず。(汗)
ただ、水餃子のスープに、醤油・酢・ラー油を入れて食べるっぽい。

スポンサーリンク


とりあえず、まずは無難に焼餃子から。
モグモグモグ・・・・・・・・

うん!!
可もなく不可もなし!!!(笑)

嫁はと言うと・・・全く同じ感想。
好みの問題なのかなぁ。。。
餃子はパリパリしてる方が好きなんですよねぇ。

この餃子なら、日高屋餃子の方が好きだな。(苦笑)

ちなみに、この餃子、マヨネーズをつけて食べる方法もあり、席の前にはコンビニのサラダコーナーに置いてある1回使い切り用のマヨネーズ小袋が沢山置かれていました。
他では見ない、珍しい食べ方ですね。
もしかして、これが本来の食べ方だったのか?

ためしに、1個にマヨネーズをつけて食べてみる。
モグモグモグ・・・

ふむふむ。
全っ然合わねぇな、こりゃ。

そりゃ、他の店で見ないはずだわ。
そもそも、味に自信があるなら、マヨネーズなんていう味が濃い調味料を勧めるわけないか。

安パイなはずの焼餃子でまさかの肩透かしを食らいましたが、そうは言っても食べログ1位の店。
水餃子で華麗に挽回してくれるはずです。

断片的に聞こえた説明の通り、スープに調味料を入れてレンゲで軽く混ぜ混ぜし、一口すすってみる。

ズズズ・・・
うわっ、まっず!!!(泣)
一言で言うと、お湯の味と調味料の味。

実は、調味料を入れているときに、嫌な予感はしていたんですよね。
だって、ラー油とかスープに混ざらず、完全に分離してるんだもん。
まさに、水と油は混ざらないってやつです。

スープも何かの出汁が出てるかというとそうでもなく、お湯にほのかに味がついている程度。
スープがその状態なので、当然本体の水餃子も旨くない・・・

もしかして、こっちにマヨネーズを入れるべきか?
いや、いくらなんでもそんなわけ。。。
恐る恐る、マヨネーズを投入してみる。
ものの見事にマヨネーズは分離し、マズさ倍増。(泣)

嫁と顔を見合わせ、「もしかして、食べ方を間違えているのでは?」という仮説が浮上。
ちょうど、私達の席の隣には、直後に入店してきた若いサラリーマン男女が着席しており、その2人も水餃子を注文していました。
なので、この彼らの席に水餃子が運ばれてきたときに、店員の早口説明をもう一度よく聞いてみて、この仮説を検証してみることに。

焼餃子をつまみながら時間を稼いでいると、、、やってきました、隣の客の水餃子が。
今度こそ、耳をさらにして店員の説明に集中。

「このスープに醤油と酢とラー油を入れて、お召し上がり下さい。」

合っとるやん。(汗)
できれば、聞き間違いであってほしかった。。。
だって、この食べ方で合ってるってことは、この糞マズい状態で完成形ってことですから。(泣)

隣の男性も、我々のように説明を聞き逃してしまったのでしょうか。
半信半疑な様子で、スープに調味料を入れて、そのスープを一口すする。
そして、首をかしげる2人。(笑)

そうだよね、そうなるよね!
あーよかった、決して好みの問題や味覚の問題ではなく、この餃子の味がおかしいということが証明されて。

というわけで、その後は特に感想を言うわけでもなく、私も嫁も処理するように黙々と餃子を食べ続け、キムチの活躍もあってとりあえず完食はできました。

しっかし、これが食べログ1位???
食べログも全然アテになんねぇな、こりゃ。

まぁ、我々も隣の男女も、水餃子に関しては正しい食べ方ではなかった可能性は否定できません。
ただ調味料を入れればいいのではなく、他にも何かエッセンスが必要だったとか。

だとしたら、超繁忙な中で店員に都度説明させるのではなく、食べ方の説明書きを席に置いておけば済む話なんですがね。
そもそもが珍しい食べ方なんですから、初見殺しみたいなことしなくても・・・

終わってみれば、餃子専門店なのにキムチが一番おいしかったというまさかの結果に。
今回食べたアレが、宇都宮餃子の真髄ではないと思いたいところです。


次回に続く

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク