立ち止まって地盤固めをする勇気

ここのところ、NHK・民放のドキュメンタリー番組で、ヤマト運輸の配送担当者に関する過酷な労働実態が何度か取り上げられました。

何でも、ヤマト運輸は、Amazonの荷物配送の大口契約を、それまで契約していた佐川急便から鞍替えさせたそうです。
企業としては売上競争に勝ち抜いていかなければなりませんから、ある意味自然な戦略だと言えます。
しかし、当然のことながらこれによって配送数は急増し、配送トラックドライバーが悲鳴をあげる結果となりました。
Amazonとの契約はボリュームディスカウントで1個あたりの単価を安く抑えられてしまっているため、コスト抑制の観点から、恐らく人員は殆ど増強されなかったのだと推測されます。

さらに、これに輪をかけているのが「時間指定」「不在時再配達」です。

「時間指定」は、午前中にかなり集中しているそうです。
確かに、私も午前中を指定することが多いです。
そうすれば、午後に出かけることができますからね。
どうやら、みんな考えることは同じようです。

しかし、限られた配送担当で時間内に全てのお宅に届けるのは、やはりかなり無理があったようですね。
と言いつつ、私も荷物が時間内に来なかった、またはギリギリになって来たときなんかは、「遅っせーな、ったく」なんて思ったことも1度や2度ではありません。
実情を知らなかったとは言え、自分も過酷労働を経験した身なのに配送ドライバーの方々を慮ることができなかったことを、深く反省しています。

「不在時再配達」は、今や全配送量の2割にも上るのだとか。
つまり、100個トラックに積み込んだら、20個は翌日以降にもう一回配送しなければならないということですね。
しかも、単価設定は「配送完了ごとにいくら」という方式のため、不在時はヤマトの収益にならず、完全に骨折り損です。

これも自己嫌悪に陥ってしまいます。。。
かなり余裕を持って事前に注文した荷物なんかは、ついつい日時を忘れたりすることも何度かありました。
さすがに、再配達の日時を逃すことは今までありませんでしたが、どうやら再配達時・再々配達時にも不在というツワモノが相当数いるらしい・・・(呆)

いくらなんでも、それはヒドすぎるんじゃない?
人のことを犬かなんかだとでも思っているのでしょうか、、、
せめて、事前に連絡ぐらいしてあげたら?って思います。

ともかく、整理するとヤマト運輸の配送現場がアップアップになってしまった要因は、「Amazonからの大量の荷物を、指定時間を守りつつ届けたのに、やたら不在の人が多い。」って感じでしょうか。

ここまで苦労してAmazonの荷物に対応しているのに、何とヤマト運輸の業績は悪いんだとか。
確かに大量受注できて売上はアップしたんでしょうが、ボリュームディスカウントのせいで単価を値切りに値切られ、利益率がやたらと低い荷物を捌いているのが原因です。

まさに踏んだり蹴ったり。

給料は当然上がりませんから、ドライバーの退職希望者も多いようです。

スポンサーリンク


ここまで見ると、単なるクソみたいなブラック企業ってことになりますが、ヤマト運輸の対応はここからが素晴らしい。

まず、消費者に利便性を少し犠牲にすることを求めました。
指定できる時間帯を一部廃止したり、駅のロッカーから消費者が自分で持って帰る仕組みを導入したり・・・
まぁ正直、時間指定なんて別に2時間ごとじゃなくてもいいですし、仕事で指定時間までに帰宅できないリスクを考えたら、遅い時間でも受け取れる駅のロッカー方式の方がかえって有り難い気もします。

あれ、むしろ便利になってない?
しかも、ドライバーの人は個々の家を回らなくても、駅のロッカーに入れればいいだけになるし。

あとは、Amazonとの料金交渉も行うんだとか。
できれば問題が知れ渡る前にやっておきたかったとこでしょうが、まぁ今からでも遅くないと思います。
何よりネット通販会社なんて、配送してくれる業者がいなくなったら一巻の終わりですから、交渉の余地はあるでしょう。
(「注文から~時間以内に配送します!」なんてアピールは絵に描いた餅になっちゃいます。)

最後に、今日公開されたニュースの「ヤマト、巨額の未払い残業代 7.6万人調べ支給へ」です。

どこも一緒でしょうけど、運送会社なんて山ほどサービス残業が横行してそうなイメージがあります。
この度、日本中に過酷労働の実態が知れ渡って大幅にイメージダウンしてしまったのですが、この機に膿を出し切って一気に清算してしまおうというのですから、これは思い切った改革です。

目先の業績に目がくらんだ経営者だと、まず出てこない発想です。
普通に考えれば、この問題をこのまま放置し続ければ、恐らくヤマト運輸のドライバーは次から次へと辞めていき、かつイメージダウンにより補充の人員が集まらず、業務が成り立たなくなることが想像できます。

このため、先を見据えれば、たとえここで巨額の出費をしようとも、今いるドライバー達をつなぎとめ、かつドライバー募集に人が集まるように、真剣に改革に取り組んでいる姿勢を内外に示さなければなりません。
しかし、株主にばかり目がいく経営者だと、現場社員がどんな目に遭っていようがおかまいなし。
とにかく業績が最優先ですから、この先ジリ貧になると頭では分かっていても、巨額の出費で利益を圧迫するような施策にはなかなか踏み切れません。

今回の問題で、ヤマト運輸はイメージ的にも出費的にも大ダメージを負うことになります。
しかし、これをやり切った場合、企業イメージは逆に競合他社に比べてずば抜けて良い印象を内外に植え付けることができます。
何せ、配送業界はどこもブラックですから、相対評価として「何て社員のことを考えてくれている会社なんだろう」と心理的に感じるものですから。

ここで、当ブログでも何度か登場している言葉を。

うちの会社の経営者も見習って欲しいなあ。。。(泣)
一旦成長を足踏みさせてでも社員満足度の改善に取り組まないと、近い将来足もとから瓦解していくよ?

※関連記事はコチラ。
  うちの会社の離職率が恐ろしいことになってる
  冬のボーナスカットの余波


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

他業界と比べないとIT業界の異常さには気付けない

私がベンダーSEだった頃、担当していたシステムでトラブルがあると、深夜だろうが早朝だろうが休日だろうがお構いなしに電話がかかってきて、急いで着替えて出勤し、1分1秒を争ってリカバリしたものでした。

稼働直後は特にトラブルが多いため、朦朧としながら出勤していたこともありました。
幸い、地方とは違って自分で車を運転して出勤ってことは無いので、居眠り運転で他人を巻き込んでしまうなんていう心配はありませんでしたが。
(自爆して自分だけが死ぬ分にはまだいいんですけどね)

また、夜間バッチにその日のトランザクションデータ間の整合性チェックツールなんかを組み込んだシステムもありました。
そのツールでは、データ間に異常と思われる傾向があると自動的に携帯にメールを送信する仕組みでしたが、夜間バッチなので深夜にメールが来ることもしばしば。
しかも、すぐに出勤してデータを調査してみると、実は誤検知だったなんてことも・・・(泣)
(単なるツールの考慮もれだったとか。)

それなのに、せっかくSIerの人が申し出てくれたリモート端末の貸与も、「情報漏えいや端末紛失の際の責任が持てないから」とかいう理由でそのときの上司が断る始末。
それを受け入れてくれてれば、せめて自宅から遠隔操作でリカバリや調査ができたものを。。。(怒)

そんなこんなで、ベンダーSEだった11年半は、嫁といさかいが絶えませんでした。
そりゃそうです。

夜は安心して眠れないし、休日は休みであって休みでないようなものですから。
どんなに楽しい会話をしていても、電話が鳴っただけで2人とも笑顔から一転顔が引きつり、場が凍りついたものでした。。。

せめて、夫婦が別々の部屋で寝てれば、深夜の呼び出しはまだマシだった可能性もありますが・・・
それはそれで、夫婦関係が冷え切りそうですね。

そして、ケンカの際に嫁から決まって出る文句が、「あんたの会社は異常やってことが、何で分からんの!!」でした。
それに対する私の反論。
「いや、他の人もそうだし、他の会社の人もみんなそうだから。分かってないのはあんたの方。」

完全に感覚が麻痺してたんだなと、今なら思えます。
スポンサーリンク


私の反論は、決してウソは言っていません。

私が勤めていた会社の他の社員はもちろん、大手SIerのSEや下請の会社のSEもみんな、私と似たような環境で仕事をしていたのです。
つまり、みんな生活をふんだんに犠牲にし、馬車馬のように働かされるのが当たり前で、それが異常でもなんでもなく普通だったのです。

そう、IT業界では。

一方、嫁は違います。
IT業界に限った話などしていません。
あくまで、他業界も含めた世間一般的に見て、異常だと言っていたのです。
そういう意味では、その頃の私よりも嫁の方が遥かに視野が広かったと思います。

私は大学院を修了してから、中小ITベンダーである前の会社に就職しました。
なので、ぶっちゃけIT業界の中でしか他社と相対評価する物差しが無く、夜間の呼び出しや休日の呼び出しも仕方が無いことだと思っていました。

しかし、あるときふと気付いたのです。
ユーザーのシステム部門の人達は楽そうなのに、なぜ我々だけがこんなに苦しい思いをしてシステムを運用しなければならないのか、と。
(いやまぁ、実際やってみると楽なことばかりではないんですけどね)

それに比べ、中小ベンダーの兵隊にすぎない自分達はともかく、大手SIerの、それも部長・課長クラスですら、稼働前後の時期にはロクに帰宅できず、プロジェクトルームやビジネスホテルに泊まりこんで火消しする光景もよく見られました。
要するに、IT業界で働くかぎり、どんなに頑張って管理スキルを身に付けて出世したとしても、過酷労働からは定年まで抜け出せないということを、初めて異常な状態だと気付いたのです。

そして、そこからはIT業界で働き続けることに対して、疑問を持ちながら仕事をするようになりました。
その数年後、前の会社、引いてはIT業界に将来性が見出せなくなったことと、もっと人間らしい生活をしたいという気持ちが強くなり、社内SEへの転職を決意しました。
経営者はイマイチですが、仕事は遥かに楽になって、精神的にも肉体的にも充実しているので、同じSEという呼称でありながらも社内SEとしてなら、定年まで全然続けられそうです。
(クビにならなければ)

前回の記事で触れた運送業界の話では、「時間指定」と「再配達」が現場社員を苦しめていると書きました。
同様に、IT業界では、「24時間365日稼働」「速攻リカバリ体制」「無理な短納期」「バカな客」が多くのSEを苦しめています。

今現在、かつての私と同様に、IT業界で味わっている苦しみを普通だと感じている方は、他の業界にも目を向けて比較をしてみてください。
IT業界の異常さに気付き、生き方を変えるきっかけになるかもしれませんので。

※日経ITProの記事もご参考までに。
  「過労による精神疾患でワースト1、IT業界が変われない理由」
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/022400787/


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

社内SEですが表彰されました

まったくの想定外です。(汗)

当社では、当期に関して業績に著しく貢献した社員に対し、期末に表彰を行う制度があります。

ただ、「業績に著しい貢献した」という観点ですから、やはり営業が飛び抜けて目立ち易く、また評価もし易いわけです。
なので、これまでは表彰されるのは営業系部門の人ばかりで、コスト部門の社員が表彰されたことは無かったそうです。
先日行われた当期の表彰式についても、私を含めて管理系の人たちは「どうせ営業しか関係無いんだから、営業部だけでやりゃあいいのに」とグチっていました。

そして式が始まり、案の定、営業部門の人たちが次々と呼ばれ、登壇していきました。

あーダリ~な。さっさと終われよボケ。
※その光景を見ていたときの感想。

そして最後の一名。

『情報システム部 たみおとさん』

・・・ん?
え゛っ??
マジで?!

一瞬体が凍りつきました。(汗)
あまり状況が飲み込めないまま、とりあえず促されるまま登壇。
だって、コスト部門な上に、これまで散々経営陣から虐げられてきたシステム部の一員ですよ?

ちなみに受賞理由は、「新基幹システムの効率的な運用に尽力したから」だとか。

いや、あんたら稼働直後のときはボロカス言ってたよね。(苦笑)
人件費が下がるはずだったのに逆に人件費が増えたとかで、システム部長を追い込みまくってたはずなんだが。。。

ところが、稼働して約1年、各部門で使い方をだいぶ習熟してきて、業務フローやマニュアルの整備・改善がようやく進むようになってきました。
それに伴い、人件費は下がりつつあり、さらに旧システムから比べてミスの発生率もかなり抑制されています。

この過程で私がやってきたことと言えば、、、

①業務フローを各部門と一緒に検討
  ⇒ と言うより、勝手に打ち合わせに呼ばれて意見を聞かれる。(汗)

②BIツール+Excelマクロによるデータ抽出・加工を積極的に提案し、業務効率を飛躍的に向上
  ⇒ これは各部門の人からも大変喜ばれています。

③データパッチしまくりで、画面から1件1件入力・修正する手間を省略
  ⇒ 未だにパッチしまくってんのか(笑)

別に、経営陣に評価されようと思ってやってきたわけではないんですがね。
社内SEなんて評価されない日陰の仕事ですし、うちの会社だと特にそれが顕著でしたし。

ただ、基幹システムも安定稼働している状況では、仕事を自分で見つけないと毎日暇でしょうがないので、少なくとも定時時間内はもらった給料の分は働いてあげようと思ってるだけなんですよ。

しかしまさか、その成果が経営陣まで話が行くとは予想もしていませんでした。
私はもちろんのこと、システム部長からも成果をアピールすることなんてしていませんから、他部門の部長さん達が話をしてくれたのかも知れません。

スポンサーリンク


今回表彰されたのは私を含めて10人。
他9人は、全てバリバリの営業マンです。
そんな中、コスト部門の人間が登壇してきたとき、他9人は拍手をしながらも怪訝そうな表情で私を見ていました。

なんせ、営業マンは基幹システムを殆ど使ってませんからね。(苦笑)
なぜコスト部門の人間が、表彰されるほど業績に貢献できたのかなんて、想像もつかないことでしょう。
私もそうです。
評価され易いはずのベンダーSEだった頃ですら、一度も表彰されたこと無かったですし。
(まぁ、前の会社は長時間労働するほと高評価されるような会社でしたが)

そんなこんなで、(私だけ)若干の混乱はあったものの、無事表彰式は終了。
帰り支度をしていたとき、色んな部門の人が「たみおとさん、おめでとうございます!」「たみおとさん、すごいですね!」などと声をかけてくれました。
(嫌味や皮肉ではなく、本心だと信じたい。。。)

でも、社員表彰は良いことばかりでもなく、余計な妬みを買ったり、アピールするために仕事をしているような印象を与えることもあります。
なので、あくまでこれまでとスタンスは変えず、あくまで無欲に仕事に取り組むように意識しなければなりません。
(ヤラシイ部分が垣間見えると、人は離れていきますので)

ま、堅苦しい話はこれぐらいにして・・・
表彰のときにもらった金一封は、いったいいくら入ってるのかなっと。(嬉)

どれどれ・・・
・・・・・・
えーっと、諭吉が一人・・・かな?

この野郎、ぶち殺す!!(怒)
たかが一万ごときで大層な表彰式なんかやりやがって、、、
こんな表彰をするぐらいなら、減らされた冬のボーナス返せ!!(泣)


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク