年俸制といっても悪いことばかりではない

前の会社では月給制で残業代は全額青天井で支給されましたが、現在の会社に転職してからは年俸制となり、残業代は45時間を超過した分からのみ青天井で支給される契約になりました。

一見すると、前の会社の方が年収面では有利なように見えますが、実際のところは年収は殆ど変わっていません。

ただ、前の会社では基本給が低く、残業を全くしない場合の手取り額は22万円ぐらいでしたから、生活残業は欠かせませんでした。
それでも、プロジェクトの谷間で暇な月なんかは、せいぜい10時間程度残業するのが限界でしたので、そのような月は24万円程度しか給料が無く、細々とした生活を強いられたものでした。

現在は、残業をしてもしなくても手取り額は30万円ぐらいですから、かなり安定していると言えます。
また、前の会社で30万円を稼ぐためには残業を40~50時間やる必要がありましたが、現在はその必要もありません。
そのため、だらだら仕事をすることが無くなり、「早く帰るために早く仕事を終わらせる」という意識が強くなりました。

新基幹システムの本稼働前後はさすがに多忙で、残業が50~60時間程度になることもありましたが、安定稼働するにつれて仕事の計画が立ち易くなり、ここ3ヶ月ぐらいは10~20時間程度で済んでいます。
この先も、基幹システムの再構築のような大プロジェクトが立ち上がらない限りはこの程度の残業時間で済みそうですので、今の会社に転職して時間リッチになるとともに生活基盤がかなり安定してきました。

スポンサーリンク


もちろん、年俸制だからといって良い事ばかりではありません。

前の会社では課長代理以上が年俸制に移行させられましたが、残業代は一切出ない契約でした。
なので、管理職になって責任が大幅に増大する一方で、年俸制になると必ず年収が大幅ダウンするというブラックな現象が発生していました。
しかも、中小システムベンダーで管理職ということは、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーを必然的に任される立場ですから、残業時間が10~20時間なんかで済むはずもなく、70~100時間は当たり前の状態でした。

このため、残業をやればやるほど時給換算の給料がどんどん下がっていく状況になるのが分かっていながら、早く帰ることもできないジレンマを皆が抱えていたものでした。

これが、私が今勤めている会社のように、「45時間超は残業代が出る」という契約ならまだ気が楽だったのでしょうが・・・

今の会社に転職する際に受けた面接で雇用条件の説明がありましたが、前の会社の年俸制のイメージがあったため、やはり一抹の不安は感じました。
残業代は出ないのに、馬車馬のように働かされるのかと・・・

しかし、実際にはそのようなことはなく、同じ年俸制でも契約内容と残業時間によってはメリットもあるということが分かりました。

年俸制を会社側が悪用すれば、
 「残業代が丸々カットできた、バンザーイ\(^o^)/」
というムカつく制度になり得ます。

しかし、過酷な残業を強いられるような職場でなければ、年俸制によって不要な残業をしなくて済み、疲労を蓄積しにくい働き方ができると思います。
また、給料が毎月同額入ってくるので貯蓄計画やローンの返済計画なんかも見通しが立ちやすいのがメリットとなります。

システムベンダーの場合、大手・中小に限らず残業時間が多い傾向にありますので、ベンダー勤めで年俸制に移行されるのは不利な面が目立ってしまうでしょう。
一方、社内SEとしてならば、1年を通しても多忙な時期というのは限られてきますので、月給制よりも年俸制の方が有利かもしれません。

もし社内SEに転職する際は、採用後の雇用条件を確認するとともに、残業時間の大小についてもセットで探りを入れておいた方が良いでしょう。
(あまり露骨にならない程度に)


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

手段と目的の違いが分からない経営者に辟易

ある日、我が情報システム部長が社長から呼び出され、しばらくして呆れ顔で戻ってきました。

課長と2人で、「会議で何か言われたんですか?」と聞くと、部長は脱力感満載にこう答えました。

「社長から、AIで何かできないか提案してほしい、と言われた。」

しばし呆然。
AIで何かやれ、と言われても。。。

課長: 「何かやるためにAIを使いたい、ではなくてAIありきですか?!」
部長: 「そう。何をやりたいかはノープランなのに、なぜかAIという言葉が出てきた。
     もはや反論する気も起こらなかったよ。」(苦笑)
課長: 「とりあえず世間で流行ってそうだから、知ったかぶりしてみたかったんですかねぇ。」(笑)

ITオンチ経営者だとは分かっていましたが、まさかここまで重症だとは。(呆)
専務ぐらいジジイならまだしも、うちの会社の社長ってまだ若いんですよ?
私より5・6歳しか変わらないですし。

今回分かったことは、脳ミソって年齢に関係無くウジが湧くもんなんですね。(笑)
AIは手段の1つでしかないのに、、、目的と手段が入れ替わってしまっています。

スポンサーリンク


うちの会社の社長はバリバリの営業マン出身で、若くして社長にまでなった人ですからやり手であることは間違いありません。

ただ・・・1年働いてみてひしひしと感じるのは、経営者としてはイマイチということです。
もちろん、営業関係の経営方針を打ち出す際は、内容に具体性もあり、抜群のリーダーシップも発揮します。
しかし、管理部関係については未だに実務が良く分かってないらしく、ホワワンとした薄っぺらい方針しか打ち出すことができないでいます。

営業部長・営業本部長あたりなら何も文句のつけどころはないのですが、今や経営者なわけですから、いい加減に営業以外のことも勉強してほしいものなんですが・・・
(こんなようなことを、よく管理部の人達からも耳にします)

んで、情報システムに関することはというと、何やらカッコイイ感じのIT用語を使いたがる傾向にありますが、ここもやはり具体性に乏しいです。
ただ、ドヤ顔で使うそれらのIT用語について、誰も間違いを正さないため、それがかえって調子に乗らせてしまったのかもしれません。
その極め付けが、今回のAI事件というわけです。

しかし・・・
脱力感に襲われたとは言え、部長は反論せずに持ち帰ってきてしまったので、何かしら提案をしないとこちらが攻撃される可能性があります。
社長はデータ分析がお好きなようなので、ここは「機械学習」によるデータ分析により、新たな知見が得られるかも・・・といった提案で適当にあしらった方が得策です。
(厳密には機械学習と人工知能は別物ですが、どうせ違いなんて分かりっこないし)

あとは、Pepper君を受付に置いとく案でも出しときましょうかね。(笑)

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

ケチな経営者は尊敬できない

前回からの流れで、今回も社長の話をしようと思います。

あれは今年の4月ごろー

新基幹システム稼働直後の大混乱の時期で、取引件数の増加と慣れない操作・移行データ不備などが重なり、業務部門、とりわけ管理部の担当者は毎日深夜まで業務を行っていました。
また、休日出勤も当たり前のように発生し、彼らの疲労はピークに達していました。

そんな状況を見かねてか、社長は何度か彼らに労いの言葉をかけるとともに、コンビニで差し入れを買ってきて応援をしていました。
差し入れ品は、栄養ドリンクや袋菓子といったものでしたが、社長直々の差し入れとあって若干士気が回復したようにも見えました。

そして月日は流れー

最近、経理部門の仕訳業務を効率化するため、私はそのマクロの開発を担当することになりました。
そんな折、マクロの入力データとしてExcelの現金出納帳を経理から受領しましたが、その内容にざっと目を通していたとき、思わず二度見してしまった費用が記載されていました。

申請者:XX XX(社長の名前)
日付:2016/4/7
出金額:2,764円
摘要:
管理部差し入れ代

あの野郎・・・
差し入れを経費で落としてやがった。

差し入れって、普通は自腹切るもんなんじゃないの?
しかも、さも「差し入れ買ってきてやったぞ」的なドヤ顔満載だったのに。
(ちなみに、差し入れ代は3回ぐらい経費で落ちていて、どれも3,000円弱。)

あれって、社長からの差し入れかと皆思っていましたが、実は会社からの差し入れだったんですね。(苦笑)

稼働の1ヶ月ぐらい前に2回ほど休日出勤したことがありますが、ちょうどその日に会長も出社しており、休日出勤していた社員全員に会長から差し入れがありました。
差し入れは、かなり高級そうなスイーツで1個1,000円はしそうなロールケーキ。
そして、休日出勤していたのは30人ぐらいいましたから、私が出勤した2日間だけで約6万の出費です。
現金出納帳を確認しましたが、そこはやはり会長。
当然、経費で落とすなんて野暮なことはしていませんでした。

会長と社長で役職は1コしか違わないのに、器の大きさは天地ほどもありそうです。(笑)

スポンサーリンク


話を社長に戻して・・・

現金出納帳を血眼になってチェックしていると、差し入れ代とは別に「管理部慰労会」なる名目でも経費が落とされているのを見つけました。

へー、慰労会なんて開催してたんだ。
ま、みんな大変だったからな。
ちなみに金額は・・・15,000円?!
管理部って10人以上はいるのに15,000円で済むって、一体どこで慰労したのよ。
しかも、それすらも自腹を切らずに経費で落とすとは・・・

社長なんだから、せめて5万まではオゴるぐらいの器量を見せてほしいなぁ。

また、社長は全国の支店や得意先を訪問するためにちょくちょく出張しているのですが、その際の出張日当1,500円もちゃっかり会社に請求していました。
確かに、チリも積もれば何とやらなんですが、同じぐらい出張している会長は当然請求していません。

お金に厳しくちゃっかりしている人、と言えば聞こえは良いんですが、、、
豪胆そうな外見とは裏腹にぶっちゃけセコイ野郎です。(笑)

別に、無駄遣いをすればいいというわけではないんですが、せめて自腹を切るべきところはキッチリ切る姿勢を見せてもらわないと、いくら差し入れしてもらったり慰労会を開いてもらっても、有り難味は半減です。

経営者は仕事ができるできないだけでなく、器の大きさという面でも社員から品定めされているということを意識してほしいものです。


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク