元ITコンサル次長の末路

先日、後日談をご紹介した元ITコンサル次長ですが、今回は末路になります。

※過去記事はコチラ。
  まさかコイツも元ITコンサルか・・・?
  彼の前職が判明
  コンサルタントではなくなったことを自覚できない人達2
  元ITコンサル次長のその後

末路という言葉から既にお気付きかと思いますが、彼は先月末に退職してしまいました。
元ITコンサル組の双璧を成していた元ITコンサル部長が7月に退職したのに続き、ついに最後の巨星も地に堕ちたということになります。

すごくカッコイイ表現を使いましたが、まぁ2人とも自業自得なんですけどね・・・(苦笑)

2人とも鳴り物入りで入社してきたわけですが、結局1年ももたずに退職となりました。

ちなみに、今回退職した元ITコンサル次長は、新基幹システムが稼働し始めた4月頃からふさぎこみがちになり、その後6月半ばあたりから急に会社に来なくなりました。
もう辞めちゃったのかな?と思っていたのですが、その後も社員名簿には次長のまま籍が残っており、座席表にも席がちゃんと確保されていたので、なんか不思議な感じでした。

そして、そんな状態が約1ヶ月半続き、そのまま9月1日付の人事通達にて、8月31日に退職したことが公表されたわけです。

有給はギリギリ10日付与されていたはずですが、8月末に退職するまでの期間を全て休むには到底足りませんので、恐らく休職という形をとっていたのではないかと推測されます。

確かに、傍目から見てもかなり精神的にまいっている状態でしたし。

スポンサーリンク


7月に退職した元ITコンサル部長にしてもそうですが、もう50歳近い人が転職して1年もたずにまた転職となると、かなり転職先は限られてくるでしょう。

そんな事情もあってか、できるだけ退職を回避しようとしたのかもしれません。
しかし、復職できるほど回復しなかったのか、あるいは当社の上層部から退職を暗に迫られたのか、、、

転職して自分の実力を誇張してアピールしたことが、部長や次長などのポストを与えられて一時的にはプラスに働いたかもしれませんが、結局は2人とも自分自身の首を絞めることになりました。

私は前の会社で辛酸を舐めたことで、実力を誇張することの愚かさを学びました。
そのおかげで、今の会社では初めから自分をさらけ出し、誰に対しても分からないことは分からないと正直に言うことで、逆に信頼を得てきました。

※過去記事はコチラ。
  「知ったかぶり」の代償から得た教訓

コンサルタントという花形職業にいた人が、正直に他人に教えを請えるほどプライドをかなぐり捨てられるかと言うと、なかなか難しいのかも知れません。
しかし、プライドを保っても、それが精神疾患の引き金になってしまうようでは何の意味も無いプライドではないかと思います。

私とは少なからず因縁もあった2人ですが、新天地では同じ失敗を繰り返さずに、自分の実力に見合った仕事ができていればいいなと、今は願うばかりです。


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

クローラーが来なくなったと思ったのは勘違い?!

FC2アクセス解析にて、7月29日に「crawl-XX-XXX-XX-XXX.googlebot.com」のアクセスが0件になって以降、9月2日現在においても回復する兆しすらありません。

※過去記事はコチラ。
  Googleクローラーが突然来なくなった!?
  Googleクローラーの不安定な動きに右往左往
  またもやクローラーゼロの日々に突入

この間、Google先生からの評価を回復するために、試しにSearch Consoleの「短いメタデータ(descriptions)」の件数を減らす対策を実施したりもしました。

一応、やった対策は、テンプレートのdescriptionの箇所を、下記のように書き換えてdescriptionsが短くない文言になるように調整しました。

 <!--index_area--><meta name="description" content="<%introduction>" /><!--/index_area-->
 <!--not_index_area--><meta name="description" content="SEの転職・ベンダーSE・社内SEに関する日々のつぶやき記事:「<%sub_title>」" /><!--/not_index_area-->

これによって、対策前は「短いメタデータ(descriptions)」が70件を超えていましたが、現在では3件にまで削減できています。

事象は改善していないので、だからどうしたと言われればそれまでなんですが・・・(汗)

とりあえず、検索順位の向上には寄与するかもしれないので、淡い期待を抱きつつ。。。

スポンサーリンク


さて、問題のクローラーですが、FC2アクセス解析上は確かにずっと0件です。
しかし、最近になって、何かおかしいことに気付きました。

クローラーが全く来ていないのに、Search Consoleの「クロールの統計情報」で見ると、0件になった日は1日もありません。
また、検索順位にしても、以前クローラーが来なくなったときのように露骨に順位が下がっていくわけでもありません。

そして何より、クローラーが0件になって以降に新しくUPした記事が、Googleで検索するとキッチリとヒットしましたので、ちゃんとインデックスもされているようです。

これはもしかして・・・騙された?!

「FC2アクセス解析が突如としてクローラーをカウントしなくなった」疑惑の浮上です。

しかし、除外IPアドレスにも、除外ホスト名にも当然設定していません。
なので、FC2アクセス解析自体の仕様が急に変わったのでしょうか。

私としては、別にクローラーのアクセスをカウントしようがしまいがどっちでもいいことです。
しかし、仕様を変えるならせめて事前に周知はしてほしいものです。(呆)

1ヶ月経過しても事象が回復しないもんだから、もう殆ど諦めちゃってましたよ。。。
とりあえず、今後はSearch Console上の情報だけを信用するようにします。


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

「貧困」という言葉の定義について

最近、「貧困」という表現について、方々で物議を醸しているようです。

発端は8月18日放送の『NHKニュース7』で貧困女子高生を扱った特集を放送したことなんですが、この放送を見た人が「別に貧困でも何でもない!」「捏造・ヤラセはやめろ!」などとNHK批判が相次いでいます。

私はその放送は見ていませんが、放送の中ではどうやら、
 ①アパートに冷房が無いこと
 ②パソコンが買えずキーボードだけを買って練習したこと

といった「貧乏」アピールがなされ、支援を受けたいという内容だったようです。

一方で、その女子高生が普段Twitterで投稿している内容が暴露され、
 ①ランチに1000円もかけている
 ②映画館に映画を見に行ったこと

といったおよそ「貧乏」とは思えないことが次々に明らかになりました。

一応、NHKの報道目的としては、「貧乏」な人ではなく、社会平均から見た「相対的な」貧困家庭を取り上げたとのことですが、相対的だとしてもこれはちょっと疑問です。

もともと貧困とは「貧しくて困っている人」で、必ずしも貧乏人を指しているわけではありません。
しかし、これは言葉のお遊びに過ぎず、一般的に世間の人が認識している「貧困」とは、イコール「貧乏」なわけです。
それを無視して、「相対的な貧困だからヤラセではない」と主張されても、中々世間は納得しないのではないかと思います。

ちなみに、私見としては「相対的な貧困家庭だから支援が必要だ」という主張も少し無理があるように思います。
「完全な貧乏」すなわち「絶対的な貧困」ではなく、単に相対的に貧困なだけであれば、倹約して支出を抑える工夫をすればいいだけです。
例えば、お昼は弁当を持参するか500円以内に抑える、好きな映画は回数を減らす、等です。

どの家庭も無限にお金があるわけではないので、収入の範囲内でやりくりして、好きなことをしたり、好きなものを買ったりしているのです。
収入に見合わない生活をすればお金が無くなるのは当然のことで、これは貧乏なのではなく計画性が無いというだけの話です。

実際、年収が800万円以上あるような高収入な世帯でも、周囲に見栄を張ったりするのが目的で身の丈に合わない生活をした結果、毎月赤字になったり貯金ができないといった貧困パターンもあるようです。

こういった人達に対して仮に税金から現金支給したとしても、きっと散財してしまっていつまでも相対的貧困からは抜け出せないでしょう。
例えば、片付けが苦手で自宅をゴミ屋敷にしてしまった人に対して、税金でゴミを撤去して家をきれいにしたとしても、しばらくするとまたゴミ屋敷化が始まるでしょう。
本人の意識を改善しない限り、このような支援は一時的なものにしか過ぎません。

支援により根本的な改善を狙うなら、「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える」ということをしなければなりません。
従って、公的に支援を行うというのであれば、「計画的なお金の使い方を指導する」という支援方法を私は提案します。

スポンサーリンク


ちなみに、私は年収600万円ほどですが、9月末に富山に旅行するにあたり、そのお金は当然他の支出を削って捻出しています。

新入社員の頃から昼食はずっと弁当持参ですし、携帯電話も5・6年前に全額ポイントで購入したガラケーです。
自宅は駅から離れたボロアパートですし、車・バイクを持たず、唯一の移動手段である自転車は12年前に中古で5000円で買ったものです。
趣味はスーパーファミコンとか昔のゲームなんで、かかっているお金は電気代ぐらいです。

結局、富豪でもない限り、1つ贅沢をしようとしたら他の2つ・3つぐらいを節約する必要があるのです。
それを理解せず、あれもこれも欲求を満たそうとして行き詰るのは、別に貧困でも何でもありません。

もちろん、貧乏な家庭は別です。
貧乏な家庭は、そもそもやりくり自体が不可能で、全てを節約しても1つの贅沢もできないような状態だと認識しています。
このため、食べていくのがやっと、または満足に食べられないような人達に対しては、すぐにでも現物支給をしなければならないと思います。


還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク