非正規社員がついに4割超え

一昨日に厚労省より発表された調査結果より、非正規雇用者がついに総労働人口の4割を超えたそうです。

安倍政権としては、規制緩和や派遣法改正により、非正規雇用を増やす政策を推進していますので、この数字はある意味当然だと思います。

一応、名目上は「多様な働き方ができるようにする」というのが、就業者にとっての非正規雇用のメリットであることになっています。
しかし、雇用する企業側からするとそんなことはどうでも良く、社員を非正規に切り替えていくのはあくまで「人件費節約」が目的です。

企業の利益構造を改善していくには、「固定費の変動費化」が重要なテーマの一つとなります。
例えば、自社の特定の業務を外部委託(アウトソーシング)することで、その業務に従事していた正社員をリストラすることも、固定費の変動費化になり得ます。
そして、正社員として雇用する人数を抑制し、代わりに派遣社員や契約社員でその分を補うことも、やはり固定費を抑える効果があります。

正社員として雇用する場合、一人を雇うだけでも企業にとっては多大な投資となりますが、それよりも一番の縛りはやはり「簡単には解雇できない」社員を抱えることになる、という点でしょう。

日本では、正社員を解雇する場合の解雇要件は非常に厳しく定められており、「能力が低い」や「不真面目」といった程度では解雇できません。
また、下手をすると不当解雇として訴えられる可能性もあります。
解雇以外の手段としては「希望退職を募る」という方法がありますが、以前の記事でも書いた通り、有能で会社に残ってほしい人から希望退職に応募してきてしまうリスクがあります。

従って、企業の業績や経営方針に応じて気軽に人員数を増減できる非正規雇用者は、企業にとってはまさにうってつけなのです。
また、正社員への給与と比較して、派遣会社などに支払う金額が低いことも、企業にとってはウレシイところです。

スポンサーリンク


一方で、就業者にとってのメリットは、厚労省のアンケートから、
 ・自分に都合の良い時間に働ける(37・9%)
 ・家計の補助、学費等を得たい(30・6%)
が多かったようです。

まさに多様な働き方と言えますが、このような働き方ができる人は、基本的に夫などのメインの世帯収入源がある上で、家計を補助するためにパートタイマーで働く人が多いように思えます。
しかし、非正規雇用者の中には、自分自身の収入=世帯収入だという人も多いはずです。
契約更新の度に職を失う不安を抱えている人達の中で、上記のような前向きなアンケート回答をした人は少ないのではないでしょうか。

これまでは、一度非正規雇用になってしまうと中々正社員になれない、というのが通説でした。
ただ、現在は日本全体としては人手不足の状態で、かつ東京オリンピックが終わるまでは恐らくこの状態が続くと思われます。
なので、今現在非正規雇用として働いており、かつ同じ職場で働く正社員とほぼ変わらない経験・能力を持っている人達にとっては、もしかするとこれから2~3年以内が、正社員になれるラストチャンスかもしれません。。。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

私が選ぶレトロゲー10選!!

ちょっと前に買ったファミ通(1400号)で、「ファミ通編集者42人が選ぶ大好きなゲーム10本」という特集がありました。

ハードは、初代ファミコンから始まり、現在のスマホゲームまで何でもありです。
で、彼らが選んだ10本を見てみると、レトロゲームが大部分を占めています。

恐らく思い出補正もあるでしょうが、昔のゲームは少ない容量の中で、様々な点が工夫されていてプレイヤーに飽きさせないものが多かったように思います。
(もちろん、クソゲーも量産されていた時代でもありますが)

私も見ていて懐かしくなり、転職してから時間も取れるようになったので、SFCのゲームなんかを10年~15年ぶりぐらいにやるようになりました。
ちなみに、私が大好きなゲーム10本を選ぶとしたら、こんな感じになります。
※DQ・FFシリーズはメジャーすぎるので除外しました。


【SFC】天地創造 (旧エニックス)
【SFC】ライブ・ア・ライブ (旧スクウェア)
【SFC】ブレスオブファイアⅡ (カプコン)
【SFC】ゼルダの伝説 ~神々のトライフォース~ (任天堂)
【SFC】ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 (任天堂)
【GBA】ファイアーエムブレム 烈火の剣 (任天堂)
【FC】三国志 (旧コーエー)
【FC】MOTHER (任天堂)
【PS2】零 ~紅い蝶~ (テクモ)
【PS2】ICO (SCE)


やってみると、意外と難しい・・・
一応、「今プレイしても面白い」と思われるソフトを基準に10個絞り込んでみました。

いやね、ほんとはもっといっぱい推したいソフトがあるんですよ。(泣)

ただ、こうして選んだ10本を見てみると、傾向としては泣けるゲームが多いですね。
歳をとって涙腺が弱くなったせいでしょうか。
(ゼルダ・三国志以外は、全て号泣しました)

ちなみに、この10本を選ぶにあたって、最初の「天地創造」と「ライブ・ア・ライブ」はすぐに浮かびました。
この2本、エニックスとスクウェアというRPG2大巨頭から発売されたにも関わらず、あまり売れませんでした。
はっきり言って、これだけの秀逸な2本がなぜあまり売れなかったのか、理解に苦しみます。
(マーケティングのやり方に問題があったのでしょうか・・・)
今では、ほとんど知る人ぞ知るゲームでしかありませんが、DQ・FFシリーズを凌ぐソフトだと個人的には思います。

まず、天地創造から。
スタート直後、地裏フィールドの音楽に鳥肌が立ちました。(いかにも地裏っぽい)
武器・防具などの種類は少ないですが、そんなこと毛ほどにも感じないぐらいの壮大なストーリーとやり込み度。
そして、まさかのラスボスと、エンディングの切なさは今思い出しても目から汗がこぼれます

次に、ライブ・ア・ライブ。
実は、FFシリーズ全盛期の頃にスクウェアから発売されたという理由だけで買いました。
内容はそれまでのRPGの概念を根本的に覆すもので、恐らく今でもライブ・ア・ライブほど変化球のRPGはないと思います。
最初は「原始編」から始めて割と楽しいストーリーばかりだったのですが・・・年代が進むにつれて切ないストーリーばかりになってきます。(とても1本のゲームとは思えません)
そして、これもまさかのラスボスと、歴代ボスによる主人公達の蹂躙という予想外の展開。
音楽も、「届かぬ翼」は見事に世界観と彼の絶望感を表わした名曲だと思います。

ブレスオブファイアシリーズの中からはⅡを選択しました。
歩くスピードがやたら遅いこととエンカウントが多すぎることに対してちょっとストレスが溜まりますが、やはりストーリーは逸品。

ゼルダシリーズもかなり悩みましたが、何度も楽しめるという点で神々のトライフォースを選びました。
ゼルダも今や3D視点が当たり前になっていますが、2Dでもこれだけ面白いものが作れるのであれば、あえて操作性の悪い3Dで開発しなくてもいいんじゃね?と思ってしまいます。
(メトロイドなんかもそうですけどね)

ファイアーエムブレムシリーズは1本に絞りきれず、2本をチョイス。
2本を選ぶのにもかなり苦悩しましたが。(トラキアや紋章も入れたかった・・・)
泣ける度合いと何回でもやりたくなる度の総合評価で、聖戦と烈火の2本に軍配が上がりました。
(カップリングシステムもやり込み甲斐があるし)
聖戦の系譜で唯一残念だったことは、セリスの影が薄すぎることですかね。(笑)
烈火は「とぉちゃ・・・ ・・・いっちゃ・・・や」のところで号泣したのを、今でも鮮明に覚えています。

三国志シリーズは、雰囲気と顔グラの渋さを基準に選びましたが、正直Ⅵとどちらにするか悩みました。
ただ、シリーズの中ではⅠの顔つきが最もいかつく、三国志の世界観が最も出てるのではないかと思います。(音楽も荘厳)
※最近の三国志は、なんか武将がナヨっちくてイマイチです。(女性ウケを狙ってるのかな?)
龐徳が軍師系だったり郭図が将軍系だったりと、パラメーターはツッコミどころがありますが・・・
また、火計一発で武将が焼け死ぬというのも賛否両論ありますが、私はリアリティがあっていいと思います。
(ただ、戦闘がとにかく長い・・・)

MOTHERは小学生の頃に初めてプレイしましたが、実はあまり面白さは感じませんでした。
しかし、大人になってからやってみると・・・もう全てがすばらしい!
音楽も大好きで、「ポリアンナ」や「エイトメロディーズ」なんかは、今でも入浴中に鼻歌を歌ってしまうほどです。
小学生の頃はフライングマンを犠牲にしまくりましたが、大人になってからは罪悪感が押し寄せるようになり、フライングマンを連れていかなくなりました。(苦笑)
(子供ってときに残酷ですよね・・・)

零シリーズも一通りやりましたが、紅い蝶が最高かと思います。
刺青の聲とも悩みましたが、エンディング分岐が多彩でやり込み甲斐があるという点で、紅い蝶に軍配。
シリーズ通して言えることですが、霊の出現場所が分かっていても怖い理由は、私がチキン野郎ってだけじゃないはずです。
(演出の仕方が絶妙だと言いたい)
しかし、フィクションとは言え、本当に不憫な霊ばかりで気が滅入ってしまいますね。

ICOは何だかよく分からないけど、とりあえず買ってみたって感じでした。
最初の頃、あまり感情移入できなかったのですが、ストーリーが進むにつれてどっぷりとハマリました。(笑)
クリアしても色々と謎なことも多いので、ネットで色んな人の考察を見たりして、あーでもないこーでもないと想像するのも楽しいです。
エンディング曲の「You were there」は、今も語り継がれる屈指の名曲です。


スポンサーリンク


以上、10本のレトロゲーについて語ってみましたが、全然足りないです。(笑)
それだけ、昔のゲームは内容が濃かったということなんでしょう。

最近、通勤電車の中などで、スマホのパズルゲームをやっている人をよく見かけます。
あれはあれで暇つぶしにはなるのでしょうが・・・「よく飽きねぇな」と思います。
色んなゲームが出てはいますが、基本的にシステムをちょっと変えて、カードやモンスターのグラフィックを変えただけのものだと思っていますので。
まぁ開発側からすると楽に作れるゲームでしょうから、リスクは少ないでしょうけどね。

最近の映像ばかりキレイにすることにこだわっているソフトに飽き飽きした方は、一度名作レトロゲームでお口直しをしてみてはいかがでしょうか。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

三国志から学ぶことは多い

中国出張での恐怖体験から、私は中国はあまり好きではありません。(苦笑)
が、中国の戦記ものは大好きです。

これまで、小学生の頃に読んだ三国志に始まり、水滸伝・史記といったものを読んできました。
とっかかりは、横山光輝の三国志(マンガ)で、兄弟でお金を出し合ってあっという間に全60巻を買い揃えたのを、今でも覚えています。
また、大人になった現在でも、数年に1回ぐらいのペースで1巻から読み直すほどハマっています。
(既にセリフも結構覚えてしまっていますが・・・)

こうして中国の歴史を見てみると、史記の頃から政治腐敗⇒革命⇒政権奪取⇒政治腐敗⇒革命・・・を繰り返しているのが良く分かります。
もちろん、これは日本の歴史にも言えることですが、腐敗のスケール・革命のスケールが段違いですので、見ていて面白いです。

三国志についても、後漢の政治腐敗に始まり、それを正すことを名目として内戦が起こり、魏・呉・蜀がそれぞれ建国されました。
しかし、ここから中国全土が統一されるまでの間ですら、魏・呉・蜀それぞれで政治腐敗が起こりました。

結局、腐敗が早かった蜀から滅亡し、その後は呉が腐敗して滅亡、魏も腐敗して曹氏が帝位を追われ、結局最後は司馬炎が中国全土を統一するに至りました。

パターンとしては、建国した皇帝の後を継いだ皇帝(息子)が無能かつ酒色に溺れて政治を疎かにするケースが圧倒的に多く、史記の時代の秦もこれが原因で滅亡しました。

最近では、大韓航空の「ナッツリターン事件」なんかは記憶に新しいですが、やはり苦労を知らずに育った人に後を継がせるというのは、歴史的に見ても大変リスクがあることだということが分かります。

また、政治腐敗が起こると有能な人材が自国に流入しずらくなり、かつ国外にどんどん流出していくため、残るのは無能で媚びへつらうことだけに長ける人だけになります。これが最終的に国の滅亡につながるわけです。

これは会社にも言えることで、例えば創業者一族の力が強く、かつ世襲で無能な2世・3世が会社を継いでいくと、いずれはそのやり方に賛同できない有能な人材が流出し、会社自体を維持していくことすら難しくなります。
(もちろん、2世・3世でも優秀な経営者はいますが、割合的には少ないように思います。)

他には、三国志でよく大敗するパターンとしては、総大将が驕りや油断から周りの部下の意見に耳を貸さなかったために、敵の罠にかかってボロ負けするケースが多いです。
ただ、周りの意見に惑わされすぎると今度は優柔不断な状態となり、疑り深くなって結局負けることもあります。

つまり、これはリーダーとしてどうあるべきか、というのを教えてくれているとも言えます。
自分のチームを目標に向かって導くために、自分の中に一本の芯を通しつつも、皆の意見も尊重しながら柔軟に対応していく、ということが求められているのではないかと思います。

スポンサーリンク


まだまだ言いたいことは沢山ありますが、、、また機会があれば触れていこうと思います。
三国志は実話をもとにしたフィクションで、矛盾した話もチョコチョコありますが、それを加味しても広大なスケールと緻密な駆け引き、武将達の人間模様など、とても惹きつけられるものがあります。

ちなみに最近は、Youtubeで中国ドラマの「三国演技」に専らハマっています。
15年以上前に一度見たことがあるのですが、実写ではやはりこのドラマに敵うものはありません
興味のある人は、一回見てみるといいでしょう。
※Youtubeで「三国演技」で検索すると出てきます。

レッドクリフも前編・後編ともに映画館で見ましたが、正直コレジャナイ感がかなりありました
※たぶん、三国志ファンの人は皆そう思ったのではないでしょうか?
まぁ、あれはあれで三国志を良く知らない人にとっては、演出も派手でとっかかりにはなったかもしれませんがね・・・

実践版三国志 [ 鈴木博毅 ]
価格:1620円(税込、送料無料)



まんがで身につく孫子の兵法 [ 長尾一洋 ]
価格:1296円(税込、送料無料)




還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク