恐怖の中国出張(前編)

システムを開発するにあたり、多くの場合、開発を請け負ったベンダーは、コストの安い中国へオフショア開発として製造工程を発注します。

また、近年では、円安の影響や人件費の高騰により中国でのコストメリットがあまり無くなって来たので、地方のソフトハウスに製造を発注する「国内オフショア」も盛んになってきました。

前の会社でも、一部の地方への発注を除き、製造の大部分を中国へ発注していました。

なので、仕様説明や状況視察などで現地に出張することもあり、社員は皆いつ指令がかかるか戦々恐々といった感じでした。
ちなみに、私が初めて中国に出張したのは、約5年ほど前のことです。
(単身赴任ではなく、3人で行きました)

それまでは、「パスポートを持っていないので行けません!」の一点張りだったのですが、ついにその言い訳も通用しなくなり、二泊三日の中国出張のお達しを受けることになりました。

そもそも私はそれまで海外に行ったことが無かったので、本当にパスポートを持っていませんでした。
ということで、まずはパスポートを作る手続きをすることから始まったのですが・・・
以前も書きましたが、前の会社は社命だろうとなんだろうとパスポート代は自己負担です。

私が中国出張の話を受ける3ヶ月ほど前までは支給されてたらしいのですが、残念ながら経費削減の対象になってしまったようです。
いや、いくらなんでもそれは必要経費だろうが(怒)

しかも、ちょうどその頃はパチスロで負けがこんでおり、貯金が世帯で2万円しかありませんでした。
なので、嫁と猛烈なケンカ・・・というより一方的に怒られ続けました。

そんなことを経て、パスポートを無事(?)ゲットできましたが、当然お小遣いなどありませんでした。
ただ、何かあるとマズイので、とりあえず200元(約3000円)だけ両替して持っていくことにしました。

スポンサーリンク


で、飛行機に揺られて中国に到着 -

まー北京首都国際空港のムダにでかいこと(苦笑)
おかげで、出口までずいぶんと歩かされました。

初めての入国審査は特に問題無く通過でき、その後は発注先の社員の車でホテルまで送ってもらうことに。
その道中。色々と興味深いことがありました。
行き交う車が高級外車ばかりだったり、都市部と郊外で貧富の差が凄かったり、高層マンションが無人だったり・・・
割とテレビとかで紹介されてる通りでした。

ホテル到着後は、発注先の会社まで歩いて向かいました。(歩いて5分ぐらいだったので)

しかし、この約5分は中々密度の濃い5分でした。

まず、決死の覚悟でないと、道を渡ることすらできません。

都市部なので交通量が多い上に信号が少なく、信号が無いところで渡ろうとすると、100%車は止まってくれません。
(減速すらしようとせず、クラクションを連発されます)

ご存知の方も多いと思いますが、中国では車優先ですので。
※歩行者優先ではありません。

ということで、歩行者を轢き殺すことに微塵の躊躇もなく突っ込んできますので、集中を切らさないように往来を渡る必要があります。

ま、まぁ、日本とは文化が違いますし、大阪あたりでも似たような感じですからね。
(ここまで酷くないですが)

往来を無事渡った後一息ついて空を見上げると、鳥が一羽も飛んでいないことに気づきました
(東京ですらカラスがいるというのに、中国では滞在3日間で一羽も見ていません)

確かに、空はスモッグと思われる灰色のもやで覆われており、晴れていても常に曇っている感じです。
そりゃ、こんな空を飛んでたら、鳥でも肺がやられるでしょうね。
私も、外ではできるだけマスクを装着するようにしました。

他には、何やらクレープみたいなものを売っている屋台が何件かありました。
せっかく中国に来たことですし、試しに一つ食べてみようかなと屋台に向かおうとしたその時・・・他の2人に真顔で制止されました。

何でも、そこらの屋台で売っている料理を日本人が食べると、激しい腹痛に襲われるとのこと。(汗)

なるほど、つまり衛生面が最悪だということですね。
いやー、中国通の人が同行してくれてて良かった良かった。

っていうか、そこら中トラップだらけじゃねぇか。(怖)
(中国人の内臓が強靭なのか?日本人の内臓か脆弱なのか?)

※次回に続く

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

恐怖の中国出張(中編)

前編はコチラ

前回の続きで、とりあえず私達3人は、北京市内にある製造発注先の会社に到着しました。

一見するとボロい作りの5階建てのビルでしたが、近づいてよく見ると、窓も床もとにかく砂っぽい。
たぶん、黄砂のせいなんでしょうが、この砂まみれのおかげでボロく見えてしまったんでしょうね。

さて、中に入ると副社長がお出迎え。
名刺交換した後、開発プロジェクト室の状況を見学することに。

皆、黙々とコーディングしていました。
もちろん、デスマーチでしたので納期が迫っているというのもありましたが、やはり中国人の集中力は素直に凄いと思いました。

で、会社に着いたのはもう夕方でしたので、見学もそこそこに副社長に連れられて高級中華料理屋で接待されました。
いやー、店員のチャイナドレスの映えること。
やっぱり、中国人が着るチャイナドレスは一味違いますな。

ウキウキして色々な料理を口に運びましたが・・・正直なところ味はいまひとつ。
いや、マズくはないんですがね。
やはり本場の中華料理ということで、私の中で少々ハードルを上げていた感は否めません。

ちなみに、料理で印象に残っているのは2つ。
 ①ニワトリの爪のところ ※三又に分かれている部分です
  ・コラーゲンたっぷり(らしい)
  ・基本的に味はしない
 ②カエルのスープ
  ・カエルの四肢が入っている
  ・ささみっぽくて見た目ほどマズくない

スポンサーリンク


一通り会食が終わった後、副社長の車に乗せられ、何やら暗がりの町に連れて行かれました。
そこで入った店の名前は・・・「歌舞伎町」です。(笑)

キャバクラとカラオケが一体化したような店で、中国での日本人接待では割とポピュラーだそうで。

それにしても、ずいぶんと露骨な店名にしたもんです。

さて、店の中に入ると、カラオケボックスのように10人ぐらいが座れる個室がいくつかありました。
そのうちの一室に入ってソファーに座ると、まさにキャバ嬢のような女の子達が20人ぐらいぞろぞろと入ってきました。
(全員中国人です。)

この中から客が1人ずつ好みの子を指名して、横に付いてもらうシステムです。
また、オーナーっぽい男性がカタコトの日本語で「オモチカエリハ200元ネ」と言ってました。

200元しかお小遣いのない私に、全財産をはたいてお持帰りしろというのか。(泣)

まぁ、こっちの懐事情など知る由もないでしょうがね。

お持帰りは置いといて、とりあえず好みっぽい女の子を1人指名し、隣に座ってもらいました。
ただ、隣で顔をよく見ると、そんなに好みじゃない・・・(泣)
※部屋が薄暗かったので、指名したときは顔がよく見えませんでした。

後は、作ってもらった水割りを飲みつつ、皆でカラオケで盛り上がりました・・・表向きは。
店に着いた時点で夜の10時だったので、本音としては早くホテルで寝たかったんですが。

表面上は楽しんでいるフリをして何曲か歌い、12時頃にお開きとなりました。
そこからホテルに車で送ってもらいましたが、結局ホテルに着いたのは夜の1時過ぎでした。

朝早く起きて、飛行機で成田から北京に来て、なおかつ深夜までの接待と・・・
初日から疲労はピークに達しました。

あー、疲れた。さっさと部屋に付いてるシャワー浴びて寝るか。
シャワールームがガラス張りで丸見えなのはとりあえず置いといて。
※もうそんなことにツッコむ余裕もありません。

素っ裸になってシャワーの蛇口をひねったところ・・・冷水の洗礼が。(焦)
あれ、ひねる方向を間違えた・・・?いや、そんなことはない、合ってる。
というか、どっちにひねっても冷水しか出ないんだが。(汗)

時は2月。中国はまだまだ真冬の寒さです。
にも関わらず、ホテルのシャワーが冷水しか出ないとは・・・
※ちなみに、中国では結構高めのホテルです。

仕方がないので、冷水に耐えながら、とりあえず髪と体を大急ぎで洗いました。
そして、速攻で服を着て、ベッドにもぐりこんで暖をとりました。

なんかもう、色んなことでストレスが溜まりすぎて、あまり寝付けませんでした。

翌朝 ―

ホテル前で3人で集合したとき、シャワーの話題が真っ先に出ました。
やはり、3人とも同じ状況だったみたいで、散々な目に遭ったとのこと。
ちなみに、一番年長(50歳)の人は風邪を引いていました。(苦笑)

会社に行った後に副社長に聞いたのですが、北京のホテルでは24時を超えると温水シャワーが出なくなるシステムだそうな。

いや、それはシステムとは言わんだろ。(呆)

※次回に続く

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録

恐怖の中国出張(中編2)

前編はコチラ


2日目は開発現場の視察と、成果物の品質チェックをメインに行いました。

お昼は副社長のオゴリで、これまた高級中華料理店に行き、点心系をたらふく食べました。
やはりこれも、日本の餃子やシューマイには及ばず・・・

会社に戻ってきた後、3時ごろになって、同じビルに入っている喫茶店に3人で行きました。
結構広くて、100人ぐらいは入れそうな店でしたが、時間が悪かったのか客は我々3人だけでした。

メニューを見ても良く分からなかったので、とりあえずラテを3つ注文。
5分ほどして、パセリとニンジンの刻んだものが上にのったコーヒーが運ばれてきました。

すっかりパクリ国家のレッテルが貼られていますが、時折見せる中国人の独創性には本当に驚かされます。

ま、コーヒーと野菜が合うわけもないので、3人ともパセリとニンジンは早々に除去して、通常のラテとして楽しみましたが。(味はふつう)

そしてお会計。ラテ3杯で99元(約1500円)でした。
中国は物価が安いイメージでしたが、1杯500円ぐらいっていうと日本の喫茶店で飲むのとあまり変わらないような・・・

ともかく、一番年長の方がごちそうしてくれることになり、100元札を座席で店員に手渡してお支払い。
で、店員は一旦レジの方に向かいましたが、その後10分ぐらい待っても店員は帰ってきません。

あれ、中国ではこちらから催促しないとお釣りを返してもらえないの?
※自動的にチップ的な扱いになっちゃうってこと?

結局、お釣りの1元は諦めて開発ルームに戻りました。

スポンサーリンク


その後夕方まで引き続き品質チェックを行い、また副社長に連れられて夕食を食べにいきました。
ここも、一目で高級店とわかる佇まい。

席について副社長が色々注文していましたが、その途中で店員が、アロワナみたいな魚をスーパーのビニール袋に入れて我々に見せにきました。
川魚だそうですが、この魚を調理しますよってことか。

高級店なのに、スーパーの袋に入れてくるあたり、中国人のガサツさを物語っています。
料理が出てくるまでの間、ビールで乾杯。
あれ、待てよ。1日目もそうでしたが、なぜか中国で飲むビールってあんまりウマくない・・・
銘柄の問題?いや違う。もっと根本的な問題なような気がする。

そうか、常温だからだ!

そうです。中国では飲み物を冷やす習慣がありません。
このため、料理屋で出てくるビールも、全て人肌の温度です。

まぁ、タダ酒なんで贅沢は言えませんけどね。

そうこうしているうちに、料理がわんさか運ばれてきました。
その中には、先程見せられたアロワナもどきもありました。

果たしてどんな料理なのかな・・・えっ?まさかの蒸しただけ
でも、副社長はウマいウマいってニコニコしながら喰ってたので、私も一口食べてみることにしました。

泥臭くって、とても喰えたもんじゃありません。(死)

そりゃそうです。日本の清流で泳いでいる魚ならまだしも、中国の濁った川で釣った魚ですから、元々泥臭さがハンパじゃありません。
その魚を、臭みをとることもなく単に蒸しただけですから、こうなるのは当たり前です。

せめて焼けよ。

とは言え、副社長の好意をムダにするわけにもいかないので、おいしいですと言いながら、頑張って5口ぐらい食べました。

夕食後、またもホテルには帰してもらえず、副社長に拉致されました。

車で向かった先は、マッサージ店です。
いや、いやらしい方ではなく、足ツボなんかをほぐす本当の意味でのマッサージ店です。

大体2時間ぐらいかけてじっくりマッサージしてもらいましたが、いやーこれの気持ちいいこと。
これまで疲労困憊でしたから、余計に気持ちよく感じたのかもしれません。

さて、すっかり体の疲れが取れたところで、車でホテルに送ってもらいました。
このとき、時間は1時前。
ということは・・・そうです。またも温水シャワーはタイムアップの時間に帰ってきちゃいました。(泣)

1日目に続き、極寒の中冷水による行水。
マッサージで体の疲れは取れたものの、途方も無いやるせなさ感が押し寄せてきて、ストレスは溜まる一方でした。

※次回に続く。

還元率の高いポイントサイトで、ハイペースでポイントが貯まります ポイントサイトのポイントインカム

獲得ポイントの高いアンケートサイトで、効率的にポイントが貯められます infoQ新規会員登録
プロフィール

Author:たみおと
36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

検索フォーム
ブログランキング
よろしければ、ポチっと一押しお願いします。m(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
よく読まれている記事
最新記事
おすすめ書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? [ 細川義洋 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵で見てわかる RPAの仕組み (絵で見てわかる) [ 西村 泰洋 ]
価格:2786円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)



月別アーカイブ
リンク